坊屋三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぼうや さぶろう
坊屋 三郎
本名 石川博
柴田俊英
生年月日 (1910-03-28) 1910年3月28日
没年月日 (2002-05-25) 2002年5月25日(満92歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道夕張市
職業 芸人俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1937年 - 2002年
著名な家族 芝利英(弟)

坊屋 三郎(ぼうや さぶろう、本名:柴田俊英、1910年3月28日 - 2002年5月25日)は、日本芸人俳優北海道夕張市出身。

来歴・人物[編集]

出生時の氏名は石川博、生後数ヶ月で寺へ養子に出され、柴田俊英と改名。北海道立夕張中学校を経て日本大学の当時あった宗教学部に進学するも、専門部の夜間の芸術学科(現在の日本大学藝術学部の前身)に転部して声楽を学ぶ。

吉本興業東京吉本)に入り、1937年に弟の芝利英川田義雄(第二期は山茶花究)・益田喜頓(北海中学の同級生)とボーイズ演芸あきれたぼういずを結成。1939年、東宝の「ロッパの大久保彦左衛門」で銀幕デビュー。あきれたぼういずの一員として戦前は一世を風靡する人気を得た。

あきれたぼういず時代(1950年・下)

戦後にグループを再結成するが1951年に解散し、以降は舞台・映画で活躍。日本映画黄金時代とされる1950年代にプログラムピクチャーとして多作された喜劇映画を中心に多数出演した。

1974年には松下電器(現:パナソニック)「クイントリックス」のテレビCMでの外国人との掛け合いセリフ「クィントリックス!!英語でやってごらんよ。あんた外人だろ、発音悪いね」が流行語になった。これがきっかけとなって、松下電器から家電製品一式がプレゼントされた。1980年代以降は、大林宣彦映画の常連としても知られた。後にボーイズ・バラエティ協会会長を務めた。晩年は長寿を逆手に取って「まだ生きてます。」という挨拶をツカミにしていた。

2002年5月24日に自宅近くのバス停で倒れ、救急車東京世田谷区の病院に運ばれたが、25日に心不全のため死去。享年92[1]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 淀川長治物語神戸篇 サイナラ(2000)
  • 麗猫伝説 劇場版(1998)
  • あした」(1995)
  • 女ざかり(1994)
  • 彼女が結婚しない理由(1992)
  • 日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群(1988)
  • 野ゆき山ゆき海べゆき(1986)
  • アニメちゃん(1984)
  • サチコの幸(1976)
  • 続 愛と誠(1975)
  • まむしと青大将(1975)
  • 襟裳岬(1975)
  • お姐ちゃんお手やわらかに(1975)
  • でっかいでっかい野郎(1969)
  • 大日本ハッタリ伝(1965)
  • コレラの城(1964)
  • 銀座の次郎長 天下の一大事(1963)
  • 裸体(1962)
  • ポンコツおやじ(1962)
  • 私は嘘は申しません(1961)
  • 底抜け三平 危険大歓迎(1961)
  • カミナリお転婆娘(1961)
  • 銀座ジャングル娘(1961)
  • 白い雲と少女(1961)
  • 天に代わりて不義を討つ(1961)
  • 人間の条件 完結篇(1961)
  • 凸凹珍道中(1960)
  • 若社長と爆発娘(1960)
  • 金語楼の海軍大将(1959)
  • おヤエの女中と幽霊(1959)
  • おヤエのもぐり医者(1959)
  • 大笑い江戸っ子祭(1959)
  • 金語楼の三等兵(1959)
  • おヤエの女中と幽霊(1959)
  • 阿波狸変化騒動(1958)
  • アンコール・ワット物語 美しき哀愁(1958)
  • 忠臣蔵(1958)
  • 新日本珍道中 (西日本の巻)(1958)
  • 坊ぼん罷り通る(1958)
  • 新日本珍道中 (東日本の巻)(1958)
  • 日米花嫁花婿入替取替合戦(1957)
  • ひばりの三役 競艶雪之丞変化 (前後篇)(1957)
  • 角帽と女子大三人娘(1957)
  • 修羅八荒(1957)
  • 新妻の実力行使(1957)
  • 坊ちゃんの特ダネ記者(1957)
  • 体当り殺人狂時代(1957)
  • 海の三等兵(1957)
  • ドライ夫人と亭主関白(1957)
  • 坊ちゃんの主将(1957)
  • 女大学野球狂時代(1956)
  • 妖雲里見快挙伝・前後篇(1956)
  • はりきり社長(1956)
  • 坊ちゃんの逆襲(1956)
  • 日輪太郎 (二部作)(1956)
  • 社長三等兵(1956)
  • 駈出し社員とチャッチャ娘(1956)
  • 夜間中学(1956)
  • 金語楼の天晴れ運転手物語(1956)
  • 鉄血の魂(1956)
  • のんき裁判(1955)
  • 若人のうたごえ(1955)
  • 血槍富士(1955)
  • 森繁の新入社員(1955)
  • 右門捕物帖 献上博多人形(1955)
  • 青竜街の狼(1955)
  • 石松と女石松(1955)
  • 森繁のデマカセ紳士(1955)
  • 恋天狗(1955)
  • ウッカリ夫人とチャッカリ夫人 やりくり算段の巻(1954)
  • お坊主天狗 前篇(1954)
  • 学生五人男シリーズ・第二部 迷探偵出動(1954)
  • 学生五人男シリーズ・第一部 幽霊軍隊(1954)
  • お坊主天狗 後篇(1954)
  • 血ざくら判官(1954)
  • 水戸黄門漫遊記(1954)
  • 殴り込み二十八人衆(1954)
  • 続南国太平記 薩南の嵐(1954)
  • 真田十勇士(1954)
  • 岩見重太郎 決戦天の橋立(1954)
  • 旗本退屈男 謎の怪人屋敷(1954)
  • べらんめえ獅子(1954)
  • 旗本退屈男 どくろ屋敷(1954)
  • とんち教室(1954)
  • 重盛君上京す(1954)
  • 続水戸黄門漫遊記 副将軍初上り(1954)
  • 鳴門秘帖 後篇(1954)
  • 鳴門秘帖 前篇(1954)
  • アチャコ青春手帳第四話 めでたく結婚の巻(1953)
  • 亭主の祭典(1953)
  • すっ飛び千両旅(1953)
  • 青空大名(1953)
  • 親馬鹿花合戦(1953)
  • 大菩薩峠 第三部(1953)
  • 忍術罷り通る(1953)
  • 風流活殺剣(1952)
  • 飛びっちょ判官(1952)
  • 喧嘩安兵衞(1952)
  • 恋の捕縄(1952)
  • 腰抜け巌流島(1952)
  • 清水港は鬼より怖い(1952)
  • 大当り黄金狂時代(1952)
  • 続・チャッカリ夫人とウッカリ夫人(1952)
  • エンタツ ちょび髭漫遊記(1952)
  • 花吹雪男祭り(1952)
  • ひよどり草紙(1952)
  • 風雲児(1951)
  • エノケンの石川五右衛門(1951)
  • 頓珍漢桃色騒動(1950)
  • エノケンの天一坊(1950)
  • オオ・細君三日天下(1950)
  • 結婚狂時代(1949)
  • お染久松(1949)
  • 歌うまぼろし御殿(1949)
  • 誰がために金はある(1948)
  • 唄まつり百万両(1948)
  • 親馬鹿大将(1948)
  • 社長と女店員(1948)
  • 聟入り豪華船(1947)
  • おスミの持参金(1947)
  • 見たり聞いたりためしたり(1947)
  • 満月城の歌合戦(1946)
  • 弥次喜多怪談道中(1940)
  • 弥次喜多 大陸道中(1939)
  • 珍版(ロッパの)大久保彦左衛門(1939)

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

  • 松下電器クイントリックス」・・・・・・・外国人との掛け合い。外国人が「クィントリックス」と発音するが、坊屋が「英語で言ってごらんよ。外人だろ?アンタ」と突っ込む。松下電器から掛け時計を贈られている。

音楽作品[編集]

「あきれたぼういず」名義を除く。全作品シングルレコードで発売。

  • おしっこしたくなっちゃった(1974年、日本コロムビア AA-92) - 作詞:坊屋三郎、作曲・編曲:竹田喬
    • B面:坊屋三郎の“秋田音頭”
  • マジメおやじのセレナーデ(1975年、フィリップス FS-1827)
    • B面:坊屋のかぞえ唄
  • もちもち音頭(1976年、テイチク RS-16) - 作詞・作曲:坊屋三郎、編曲:丸山雅仁
    • B面:オー!もちソング

脚注[編集]

  1. ^ 坊屋三郎氏死去 コメディアン47NEWS、2013年3月17日閲覧。

外部リンク[編集]