とん平のヘイ・ユウ・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とん平のヘイ・ユウ・ブルース
Tompei's Hey You Blues
左とん平シングル
A面 とん平のヘイ・ユウ・ブルース
B面 東京っていい街だな
リリース
規格 7インチシングル
録音 1973年 日本の旗 日本
ジャンル ブルースヒップホップ
ニュー・ソウル
時間 <time datetime="13分 CDマキシ">13分 CDマキシ
レーベル トリオレコード / 3A-118
アルファレコード / ALCA-5028
作詞・作曲 郷伍郎 作詞
望月良道 作曲
プロデュース ミッキー・カーチス
チャート最高順位
左とん平 シングル 年表
- とん平のヘイ・ユウ・ブルース
1973年
とん平の酒びたり人生
1974年
テンプレートを表示

とん平のヘイ・ユウ・ブルース』(-ぺい-、Tompei's Hey You Blues)は、1973年(昭和48年)11月21日にリリースされた日本のシングルである。日本の俳優左とん平の歌手デビューシングルであり、1990年(平成2年)にスチャダラパーが再評価・サンプリングしたことで再度注目を浴び、1995年(平成7年)1月25日に、アナログ盤およびCDマキシシングルで再発売されたことで知られる楽曲である。

概要[編集]

純然たる俳優として、テレビ映画非情のライセンス』(1973年 - 1977年 / 1980年)等に出演していた左とん平が、ミッキー・カーチスのプロデュースの元にレコーディングし、歌手としてシングルデビューを果たした。翌1974年(昭和49年)6月1日には、同じくカーチスのプロデュースで、セカンドシングル『とん平の酒びたり人生』(トリオレコード、3A-124)がリリースされている。

「歌手デビュー」は、正確には、NHK人形劇ひょっこりひょうたん島』の「グッバイジョウシリーズ」(第689回 - 第751回、1966年 - 1967年)で、グッバイジョウを演じ、『グッバイジョウのテーマ』を歌っており、これが歌手デビューである。

作詞の郷伍郎は、1969年(昭和44年)の新谷のり子のヒット曲『フランシーヌの場合』の作曲者であり、同年のベッツィ&クリスのヒット曲『白い色は恋人の色』のシングルカップリング曲『パピルスの船に乗って』や、のちに「カルト歌謡」として知られた、1970年(昭和45年)の大城晋資本論のブルース』の作詞作曲者である。

1995年、同シングルのCD再発売にあたって、セカンドシングルのAB面2曲、『とん平の酒びたり人生』(作詞・作曲大野真澄)、『続・東京っていい街だな』(作詞里吉しげみ、作曲深町純)も収録された。現在は、iTMSでもデジタル音源が発売されている[1]。また、のちに大槻ケンヂ(1995年)、カンニング2004年)らがカヴァーしている。また、カップリングの『東京っていい街だな』はECDが同名異曲(1993年)でサンプリングしている。

またレコードのリリースから約半年後、「非情のライセンス」の一部スタッフも製作に参加している「特別機動捜査隊」のエピソードの一つである「噂の女」(第649回、1974年4月10日放送)の劇中歌として本曲が採用された。

収録曲[編集]

Side A[編集]

  1. とん平のヘイ・ユウ・ブルース

Side B[編集]

  1. 東京っていい街だな
    • 作詞郷伍郎、作曲村岡健、 編曲深町純

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ #外部リンク内のYahoo! ミュージック「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」リンク先の記述を参照。

外部リンク[編集]