里吉しげみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとよし しげみ
里吉 しげみ
本名 里吉 重實[1]
生年月日 2月18日
出生地 日本の旗 日本東京都新宿区
国籍 日本
職業 戯曲家演出家作家作詞家
ジャンル 舞台戯曲文学
配偶者 水森亜土
事務所 劇団未来劇場
公式サイト 「劇団未来劇場」
主な作品

ラジオ番組
深夜版ラジオマンガ
舞台
『サンタ・マリアの不倫な関係』
『猿』
『因縁屋夢六 玉の井徒花心中』
『五人囃子』
『泪と接吻』 等
作詞

『オー・チン・チン』
テンプレートを表示

里吉 しげみ(さとよし しげみ、2月18日 - 2019年以前[2])は、日本劇作家演出家作家作詞家である。劇団未来劇場主宰。妻は、同劇団所属である水森亜土(1965年結婚[3])。立教大学社会学部卒業[1]。本名は里吉重實[4]

劇団未来劇場[編集]

吉武みどりが1958年に主宰として創立し、当初は推理劇専門劇団だった[5]。里吉しげみは1959年に入団。2年後の春、喜劇「ネコが好き」を書き、演出し、喜劇に魅せられる。吉武のバックアップで以後6年間に渡り6本の作品の作・演出をするが、吉武から強引に劇団を押しつけられ、渋々引き継ぎ今日に至る。その時、現在の未来劇場のスタイルともなる、ミュージカル風・喜劇を目指すことを考え、作曲家の小林亜星の参加を得て、以後数十年間に渡り、自ら脚本を書き、演出してきた。

演劇の他に、レビュー、ジャズ・コンサートなどにも情熱を注ぎ、レビュー・ダンスアタック、オール・ジャズバッシュなど、1984年から現在に至るまで約30年間に渡って公演活動を続ける。

オー・チン・チン」は、元々は劇団未来劇場の1968年6月公演「愛すること」のために書かれた楽曲だった[6]

受賞[7][編集]

  • 1977:紀伊国屋演劇賞団体賞=「サンタ・マリアの不倫な関係」(1977年公演)「猿」(77年公演)
  • 1984:文化庁芸術祭優秀賞=「因縁屋夢六玉の井徒花心中」(84年公演)
  • 1994:第6回池袋演劇祭大賞=「泪と接吻」(劇団未来劇場第63回公演)
  • 1995:第7回池袋演劇祭大賞=「因縁屋夢六玉の井徒花心中」(劇団未来劇場第65回公演)
  • 1998:第10回池袋演劇祭大賞=「女房の骨つき肋肉 ローズマリー風味」(劇団未来劇場第71回公演)
  • 2003/10:第15回池袋演劇祭大賞=「ぺぺの甘い犯罪」(劇団未来劇場第81回公演)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.544
  2. ^ イケメン漬物屋をチラ見に 水森亜土さんが好きな吉祥寺」朝日新聞デジタル2019年12月5日
  3. ^ 読売人物データベース
  4. ^ 読売人物データベース
  5. ^ 読売人物データベース
  6. ^ 「お好みインタビュー 小林亜星 CMの作曲、さわやかな朝に」『読売新聞』1969年9月8日付朝刊、8頁。
  7. ^ 読売人物データベース

関連項目[編集]