家族会議 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家族会議
監督 島津保次郎
脚本 池田忠雄
原作 横光利一
出演者 佐分利信
高田浩吉
高杉早苗
音楽 早乙女光
撮影 桑原昴
水谷至宏
編集 桑原昴
水谷至宏
製作会社 松竹大船撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1936年4月3日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

家族会議』(かぞくかいぎ)は、1936年(昭和11年)4月3日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は島津保次郎、主演は佐分利信モノクロスタンダード、71分。

1935年(昭和10年)8月から12月にかけて新聞連載された横光利一の同名小説が原作。及川道子の最後の出演作であり[1]、及川は公開の2年後に病死した。第13回キネマ旬報ベスト・テン第6位。1954年(昭和29年)に中村登監督がリメイクした。また4回に渡ってテレビドラマ化された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

リメイク[編集]

家族会議
東京篇・大阪篇
監督 中村登
脚本 池田忠雄
原作 横光利一
製作 山口松三郎
出演者 高橋貞二
岸恵子
佐田啓二
音楽 黛敏郎
撮影 生方敏夫
製作会社 松竹大船撮影所
配給 松竹
公開 日本の旗 1954年1月15日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億2554万円[2]
テンプレートを表示

家族会議 東京篇・大阪篇』(かぞくかいぎ とうきょうへん・おおさかへん)は、1954年(昭和29年)1月15日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督は中村登モノクロスタンダード、118分。

スタッフ
キャスト

テレビドラマ[編集]

1961年版[編集]

1961年12月15日と同年12月22日の2回に渡って、TBS系列の『近鉄金曜劇場』で放送。

キャスト
スタッフ

1963年版[編集]

1963年1月3日NHK総合テレビで放送。放送時間は木曜21:00 - 22:00(JST)。

キャスト
スタッフ

1964年版[編集]

1964年11月16日から1965年2月13日まで日本テレビ系列で放送。全78回。丸善ミシン(現:ジャガーインターナショナルコーポレーション)一社提供。放送時間は月 - 土13:00 - 13:15(JST)。

キャスト
スタッフ

1972年版[編集]

1972年1月17日から同年1月28日まで、NHK総合テレビの『銀河ドラマ』(後の『銀河テレビ小説』)で放送。全10回。

キャスト
スタッフ
TBS系列 近鉄金曜劇場
前番組 番組名 次番組
鹿鳴館
【TBS制作】
家族会議(1961年版)
師走の女
ABC制作】
日本テレビ系列 月 - 土13:00 - 13:15枠
家族会議(1964年版)
NHK総合テレビ 銀河ドラマ
家族会議(1972年版)

脚注[編集]

  1. ^ 家族会議allcinema、2015年3月26日閲覧
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.104

外部リンク[編集]

リメイク版