松島トモ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつしま ともこ
松島 トモ子
松島 トモ子
浅草寺・浅草観音文化芸能人節分会にて(2016年2月3日)
本名 松島 奉子
生年月日 (1945-07-10) 1945年7月10日(75歳)
出生地 満州国の旗 満州国
国籍 日本の旗 日本
職業 女優歌手タレント
活動期間 1949年 -
テンプレートを表示

松島 トモ子(まつしま ともこ、本名;松島 奉子[1](ともこ)、1945年7月10日 - )は、日本女優歌手タレント[2]日本芸術専門学校特別講師。現在、毒蝮三太夫が所属する、まむしプロダクションと業務提携をしている。

満州国奉天生まれ。東京都目黒区育ち。目黒区立東根小学校を経て大東学園高等学校卒業。現在も東京都在住。

略歴[編集]

生後まもなく満州国からの引き揚げを体験。本名の奉子とは生誕地の奉天に帰する。3歳から石井漠舞踊研究所に入門、バレエを始める。

映画館の劇場ニュースにて、石井漠門下の子どもたちが「小さな豆バレリーナ」としてとりあげられたところ、そこに映っていた松島トモ子を阪東妻三郎がスカウト。1949年に芸能界デビューし、東横映画「獅子の罠」に出演。その後も、嵐寛寿郎主演の時代劇「鞍馬天狗」(杉作)、三益愛子との「丹下左膳」(ちょび安)、江利チエミとの「サザエさん」(ワカメ)など多くの映画に出演、80本の映画で主演を務めた[2]

童謡歌手としても、米山正夫門下となり、1953年、コロムビアより「村の駅長さん/風にゆれるレイの花」でデビュー。その後も、「三匹の子豚」(ディズニーの「狼なんか怖くない」のカバー)、「雨に唄えば」などを吹き込み、「杉作太鼓」、「悦ちゃん」、「ワカメちゃん」、「怪傑黒頭巾」、「赤いカンナの花咲けば」など映画主題歌や挿入歌を吹き込んだことでも知られる。少女雑誌『少女』では、表紙を10年間一人で務め[2]、芸能雑誌『平凡』でもグラビアモデルを務めた。

大東学園高等学校卒業後は、ミュージカルを勉強するため渡米。ザ・マスターズ・ハイスクールに2年間留学し、マーサ・グラハムのダンス・スクールから奨学金をもらい研修し、帰国。帰国後は、ミュージカルを中心に、ラジオ、テレビのパーソナリティ、石垣食品ミネラル麦茶のCM、「ひょっこりひょうたん島」の声優など活躍を見せた。マネージャーは3歳でデビューしてから母親が務めている[3]

エピソード[編集]

巣鴨プリズン慰問[編集]

1950年11月19日舞踏家石井漠らと共に巣鴨プリズン所長・鈴木英三郎に、刑務所近くにある米軍専用の劇場に招かれた。司会者は、三井物産のタイのハジャイ出張所所長であった松島の父・高橋健が満州奉天で召集をうけたのちシベリアに抑留され生死も不明で、松島は母と二人でかろうじて帰国したと紹介し、会場は静まり返った(その後父はナホトカ郊外の収容所で1945年10月29日に死亡していたことが判明)。続いて法被姿に鉢巻をしめ大きな目をした5歳の松島が現れ、洋舞「かわいい魚屋さん」を踊った。並んだ約1千名の戦犯らは涙を流して深く感動し、何度もアンコールし、彼女もそれに応えた。

2度の猛獣襲撃事故[編集]

1986年には日本テレビTIME21』の撮影でケニアを訪れて、10日の間にライオンとヒョウに立て続けに2度襲われ、帰国後にギブス姿で記者会見して話題になった[4]1月28日にジョイ・アダムソン(『野生のエルザ』の作者)の夫であるジョージ・アダムソンと共にナイロビのコラ動物保護区でエルザの子孫でジョージによりラクダの肉で餌付けされ人に慣れた雌ばかり7頭のライオンの群れと接触し子ライオンと戯れていたところ、ジョージがキャンプとの無線で松島とライオン達から目を離した隙にその子ライオンの母親に襲われ、松島は宙に飛び10メートルほど引きずられサファリスーツはズタズタ、首や太腿に全治10日の怪我を負う[5](目を離していたジョージは耳が遠く助けに行くのが遅れた)。その際にジョージにより松島は助けられた。このとき周りには複数のライオンがいたが、攻撃を加えたのは一頭のみである。

10日の入院予定だったが3日で退院して仕事を再開[5]、再び別の動物保護区を訪れ、万全の態勢でロケに挑むが、10日後の2月7日に保護区のスタッフで責任者のトニー・フィッツジョンと共にこの保護区で飼育されている雌ヒョウの「コムンユ」を見に、周りを高い柵で囲われた施設に行った。施設の外に出たところ、そのヒョウが夜陰に乗じて柵を跳び越えて待ち伏せており、迂闊にも目を合わせてしまった松島に体当たりで襲いかかった。奇襲を受けて地に倒された松島はそのまま首を噛み付かれ、なおかつ持ち上げられた。このとき骨がガリガリと囓られる音が聞こえ[5]、「死んだ」と思ったという。これは、松島の隣にいたこのヒョウの飼い主のトニーが、松島と親しくしているように見えたためヒョウが嫉妬したと考えられている。また、松島の目が大きいのも襲われる理由だと後で言われた[5]

この後、松島は救助隊に救急ヘリを要求したが、夜間の飛行は危険であるとして拒否されてしまう。結局、朝まで止血しながら耐える羽目になり、その後、朝になり救急ヘリが到着し、ようやく病院に運ばれ、第四頚椎粉砕骨折[注釈 1]という診断を受けたが、ヒョウの噛む位置があと1ミリずれていたら松島は間違いなく死んでいただろうとされる[5]。第四頚椎粉砕骨折は後遺症も無く生還するのが奇跡と言われており(高確率で死亡。良くても首から下が動かなくなる程の後遺症が残る)、松島の症例はニューヨークの学会で発表されたほどである[5][注釈 2]

ヒョウに襲われた後も撮影を続けて、2月17日に帰国、コルセットをつけて記者会見に臨み「それでも動物が好き」とコメントした[6]。このときに撮影された映像は3月31日に「それでも私はライオンが好き」と題して『TIME21』で放送された[7]

この事故に遭った1986年元日にアナウンサーの伊藤勉へ届いた年賀状には、仕事でアフリカに行く予定であることが触れられているが「ライオンに食べられないように祈って下さいませ。またお目にかかれますように」とも書かれており、後年、年賀状の意味がなかったのか問われた際には「いいえ、ありましたよ。あれを書いていなかったら命があったかどうか。皆さんの祈りが通じて噛まれただけですんだんだと思います」と発言している[5]

主な出演[編集]

映画[編集]

『鞍馬天狗 御用盗異変』(1956) 左は嵐寛寿郎

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

バラエティー[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

テレビアニメ[編集]

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

著書[編集]

  • 車椅子でシャル・ウイ・ダンス
  • ニューヨークひとりぼっち(自身の渡米を綴ったもので、上記の学会とは全く関係ない)
  • 母と娘の旅路
  • ホームレスさん こんにちは
  • ともだちの詩
  • 老老介護の幸せ 母と娘の最後の旅路

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

コロムビア
A面 B面 発売年月 規格品番 備考
村の駅長さん 風にゆれるレイの花 1953年 C-197 デビュー曲
雨に唄えば(Singin' in the Rain) 三匹の子豚(Who's Afraid of the Big Bad Wolf?) 1953年 JL-58
たん子たん吉珍道中
(with吉利公男
たん子の馬子唄 1954年 C-270
ママの思い出 芝刈りローラの歌 1954年3月 A-1907 『花祭底抜け千一夜』主題歌 
グッド・モーニング青い空 レモンと卵 1954年6月 C-256
母恋人形 母の呼ぶ声
(with小島秀人
1954年7月 A-2057 『母恋人形』主題歌
赤いカンナの花咲けば
(with小畑やすし
トモ子の花売娘 1955年5月 A-2289 『赤いカンナの花咲けば』主題歌
ビルマに眠るお父さま 仔馬の誕生日 C-311
魔法つかいのお母さん わたしの好きなママ
(初代コロムビア・ローズ
1956年5月 A-2549
潮来の兄妹
(with青木光一
あやめ月夜
島倉千代子
1956年6月 A-2527
ご存知鞍馬天狗
中島孝
杉作太鼓
(with中島孝)
1956年6月 A-2568 『鞍馬天狗』主題歌
サザエさん
泉友子
ワカメちゃん 1956年9月 A-2612
お誕生日の歌(ハッピー・バース・デイ・トゥ・ユー) 私の誕生日 1956年12月 CP-21
こけし子守唄
君和田民枝
夕焼けがらす 1957年3月 A-2726 『こけし子守唄』主題歌 
悦ちゃん ママ 1957年4月 A-2718
船頭姉妹
(君和田民枝)
潮来船 1957年5月 A-2781 『船頭姉妹』主題歌
ジングル・ベル 1957年10月 C-473
こだまの山 アルプスのふもと 1958年 SC-1 『アルプスの少女』主題歌
パパ・ママ・ソング 赤い風船 1958年 C-479
怪傑黒頭巾 父恋い角兵衛獅子
伊丹章子
1958年8月 A-3073 『怪傑黒頭巾』主題歌 
ピンク・シュー・レーセス(Pink Shoe Laces) スイート・ピーの嘆き 1960年9月 SA-451
夢のナポレターナ(Luna Napoletana) パイナップル・プリンセス英語版(Pineapple Princess) 1960年12月 SA-507
赤い帽子白い帽子 かもめの水兵さん
久保木幸子
1960年 SC-28
15本のキャンドル 1961年 SA-544
月影のマジョリカ
スリー・グレイセス
汽車ポッポのタンゴ 1961年4月 SA-601
谷間の灯ともし頃(When It's Lamp Lightin' Time In The Valley) 峠の我が家(Home on The Range) 1961年11月 SA-741
シンデレラ(Cinderella) つめたい言葉(We Had Words) 1961年12月 SA-762
カッコーの森(Cuckoo Time) 1962年4月 SA-853
おもちゃのチャチャチャ チューリップ畠のベンチ 1962年 BK-3001
旅のハミング
井上ひろし
若い風の歌 1962年5月 SA-894
丘にのぼろう 帽子とそよ風
トミー藤山
1962年 SA-913
眠りの森の物語 七人のボーイフレンド 1962年11月 SA-999
幸せをつかもう
飯田久彦
あしたの幸福 1963年 SAS-92
ティーンエイジ・ウエディング(Teenage Wedding) 夢のイタリア(Zwei Kleine Italiener) 1963年5月
シオジャケの歌 春風はもういない
真理ヨシコ
1963年 BK-3004 NHKホームソング
それだけがおねがいなのママ ほんとかしら 1964年 BK-3039
ニューヨークひとりぼっち(Wonderful New York) 恋の太陽(Love In The Sun) 1965年8月 JPS-17
チム・チム・チェリー(Chim Chim Cheree) 2ペンスを鳩に(Feed The Birds) 1965年11月 JPS-28
遥かなお父さま 真珠 1966年 JPS-33
ひとりで恋して 別れられなくなっちゃった 1967年12月 SAS-1004
東宝レコード
A面 B面 発売年月 規格品番 備考
コーヒーと仔犬 独占(ひとりじめ) 1971年2月 AS-1041
白い色が好きな娘 バラひと枝と友だち二人 1971年9月 AS-1088
こどもの眼 明日の午後ならいいわ 1972年3月 AS-1125
ポリドール
A面 B面 発売年月 規格品番 備考
ふるさとの四季 なんだべ坂の七ふしぎ 1976年 DQ-1006 『まんが・ふるさと昔話』主題歌
テイチク
A面 B面 発売年月 規格品番 備考
ホアンホアンとカンカン パンダのマーチ RS-3001

アルバム[編集]

  • トモ子ちゃんの童謡集(1958年、コロムビア、KK-53)
    靴が鳴る」「汽車ぽっぽ」「七つの子」「お猿のかごや」「はとぽっぽ」「私の人形」の6曲を収録。
  • 家をでるとき(1976年、ポリドール、MR-3018)
    荒井由実(「過ぎたことだから」収録)らが楽曲を提供した。
  • 心に残るうたの贈りもの(1985年、東芝EMI、TP-80203)
    「峠の我が家」、「ディズニーメドレー」など収録
  • 決定盤 松島トモ子大全集(2014年5月21日、日本コロムビア、COCP-38509〜10)
    2枚組ベスト・アルバム

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 日本童謡名曲集 その一 かもめの水兵さん(1960年、コロムビア、AL-3015)
    「かもめの水兵さん」を松島トモ子が歌唱。

注釈[編集]

  1. ^ 正式には「第四頚椎棘突起及び椎弓粉砕骨折」である。出典:松島トモ子著「母と娘の旅路」239頁
  2. ^ 日本では主治医の林良彦(昭和大学病院整形外科)による症例報告が行われた。「咬創による頚椎椎弓粉砕骨折の1例」関東整形災害外科学会雑誌 17巻5号掲載(1986年10月発行)。

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、268頁、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c 松島トモ子とはコトバンク
  3. ^ 徹子の部屋
  4. ^ 「芸能・ゴシップ」『噂の真相』1986年4月号、p.96
  5. ^ a b c d e f g フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 6』講談社、2004年。
  6. ^ ナンシー関『何の因果で』角川文庫、1999年、p.139
  7. ^ 松島トモ子プロフィール 講演依頼.com|講演会の講師紹介
  8. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  9. ^ 松島トモ子の「ライオン事件」 本当の本当の真相とは!?”. TBSラジオ (2017年10月19日). 2017年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]