佐々木邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

佐々木 邦(ささき くに、1883年明治16年)5月4日 - 1964年昭和39年)9月22日) は日本の作家英文学者。弟・順三は立教大学総長。

静岡県駿東郡清水村(現清水町 (静岡県))生。 6歳のとき父 (佐々木林蔵) の仕事(明治政府建築技師)で上京、青山学院中等部卒、慶應義塾大学予科より明治学院に進み卒業。卒業後、釜山の商業学校教諭、第六高等学校岡山)教授、慶應義塾大学教授、明治学院高等学部講師(一時離職後、戦後、明治学院大学教授として復職)を歴任、英語と英文学を教えた。1936年辰野九紫らとともにユーモア作家倶楽部を結成、1937年11月より機関誌「ユーモアクラブ」を創刊しユーモア文学の発展に尽力する。国際マーク・トウェイン協会名誉会員。1961年児童文芸功労賞。1962年紫綬褒章。81歳の時、心筋梗塞のために死去。

日本のユーモア小説の先駆けにして第一人者。学生時代より、夏目漱石マーク・トウェインジェローム・K・ジェローム等の欧米のユーモア作家に影響され、多数執筆。その作風は、良識に裏打ちされたユーモアに富み、昭和初期のサラリーマン階級を舞台に、家庭的な笑いに焦点を当てている。そのうち18作品は映画化されている。1974年に講談社から15巻の佐々木邦全集が出版された。

會田雄次は彼を評して、「佐々木邦氏は、もし日本語という言葉の障壁がなかったら、世界でもっとも知られたユーモア作家の一人になっていただろう。」と書いている[1]

作品[編集]

  • 『おてんば娘日記』内外出版協会 1909
  • 『当世細君気質』内外出版協会 1910
  • 『二人やんちゃん』女子文壇社 1911
  • 『英語の基礎 重要語句文例』丁未出版社 1917
  • 『英語の精髄 重要語句解説文例』丁未出版社 1918
  • 『珍太郎日記』弘学館 1921 のち春陽文庫
  • 『ぐうたら道中記』弘学館 1923
  • 『ノラクラ倶楽部』主婦之友社 1925
  • 『文化住宅』京文社 1925
  • 『夫婦者と独身者』主婦之友社 1925
  • 『好人物』京文社 1925
  • 『文化村の喜劇』京文社 1926
  • 『娘の婿たち 諧謔小説』京文社 1926
  • 『笑の王国』京文社 1926 のち春陽文庫
  • 『親鳥子鳥』大日本雄弁会 1926
  • 『世間相人間相』大日本雄弁会講談社 1927
  • 『主権妻権』大日本雄弁会講談社 1928
  • 『次男坊 諧謔小説』大日本雄弁会講談社 1928 のち春陽文庫
  • 『明るい人生 佐々木邦集』1928(現代ユウモア全集)
  • 『愚弟賢兄 諧謔小説』大日本雄弁会講談社 1929 のち春陽文庫
  • 『脱線息子』大日本雄弁会講談社 1929
  • 『笑の天地』現代ユウモア全集刊行会 1929
  • 『夫婦百面相 諧謔小説』弘文社 1929
  • 『新家庭双六』大日本雄弁会講談社 1930
  • 『苦心の学友』大日本雄弁会講談社 1930 のち少年倶楽部文庫
  • 佐々木邦全集』全10巻 大日本雄弁会講談社 1930-1931
  • 『全權先生』大日本雄辯會講談社 1932
  • 『少女百面相』大日本雄弁会講談社 1933
  • 『村の少年団』講談社 1933 のち少年倶楽部文庫
  • 『大番頭小番頭』大日本雄弁会講談社 1933 のち春陽文庫
  • 『地に爪跡を殘すもの』大日本雄辯會講談社 1934 のち春陽文庫
  • 『人生初年兵』大日本雄弁会講談社 1935 のち春陽文庫
  • 『勝ち運負け運』昭和長篇小説全集 新潮社 1935
  • 『トム君・サム君』講談社 1935 のち少年倶楽部文庫
  • 『世路第一歩・求婚時代』現代ユーモア小説全集 アトリヱ社 1935
  • 『人生の年輪』春陽堂 1938
  • 『青春豪華版』ユーモア小説傑作全集 春陽堂 1938
  • 『出世倶樂部』大日本雄辯會講談社 1938 のち少年倶楽部文庫
  • 『家庭三代記』春陽堂 1938
  • 『紅白うそ合戦』大日本雄弁会講談社 1939
  • 『明朗人生』鱒書房 1940
  • 『兄弟行進曲』偕成社 1940
  • 『嫁とりアルバム』東成社 1940
  • 『お隣の英雄』大日本雄辯會講談社 1940
  • 『曇のち晴』偕成社 1940
  • 『級の人達』偕成社 1941
  • 『強情二人男』東成社(ユーモア文庫)1941
  • 『小学出と大学出』東成社(ユーモア文庫)1941
  • 『変人伝』長隆舎書店 1941
  • 『王将聯盟』博文館 1941
  • 『豊分居雑筆』春陽堂 1941
  • 『村一番早慶戦』東成社 1941
  • 『奇人群像』春陽堂 1941
  • 『お互の青春』大都書房 1942
  • 『負けない男』大白書房 1942
  • 『女性は強し』輝文堂書房 1942
  • 『嫁とり婿とり』文松堂 1942
  • 『ほがらか道中記』文松堂、1942
  • 『ロマンスの発育』東成社、1942
  • 『明暗街道』大白書房 1942
  • 『文化村綺談』長隆舎書店 1942
  • 『青春夢』博文館文庫 1942
  • 『凡人大悟』輝文堂書房 1942
  • 『正会員生活』大都書房 1943
  • 『世間と人間』白林書房 1943
  • 『友情の歯車』輝文堂書房 1944
  • 『素顔の時代』国民文庫刊行会、1944
  • 『海兵』輝文堂書房 1945
  • 『明朗人生』コバルト社 1946
  • 『求婚時代』リンゴ書院 1946
  • 『ロマンスの憧れ』北光書房 1946
  • 『友情行進曲』アルス(ユーモア文学選書)1946
  • 『百万円合戦』中央社(ユーモア文庫)1946
  • 『凡人傳』大日本雄辯會講談社 1946
  • 『人生縮図』文学社、1946
  • 『豊分居閑談』開明社 1947
  • 『美人自叙伝』北光書房 1947
  • 『兄弟行進曲』偕成社、1947
  • 『画塾のロマンス』有楽社、1947
  • 『ガラマサどん』太白書房 1948 のち春陽文庫、大衆文学館(文庫)
  • 『友情の扉』光文社 1949
  • 『仲よし問答』朝日新聞社 1949
  • 『心の歴史』大日本雄辯會講談社 1949
  • 『僕らの世界』光文社 1949
  • 佐々木邦傑作選集』全12巻 太平洋出版社 1950-1952
  • 『大ものクラブ』ポプラ社 1952
  • 『妻の秘密筥』東成社(ユーモア小説全集)1952
  • 『求婚三銃士』春陽文庫 1952
  • 『あこがれの都』ポプラ社、1952
  • わんぱく少年』大日本雄弁会講談社 1952年
  • 『冠婚葬祭博士』春陽堂書店(現代ユーモア文学選)1953
  • 『奇物変物』大日本雄弁会講談社 1953
  • 『明治學院生活 1953年版』(編)現代思潮社(大学生活シリーズ)1953
  • 『恐妻病者』東方社 1954
  • 『人生は七〇%』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『恋愛早慶戦』東方社 1954
  • 『青春三羽烏』東京文芸社 1954
  • 『親友アルバム』ポプラ社 1955
  • 『人生明朗曲』東京文芸社 1955
  • 『おばこワルツ』東方社 1955 のち春陽文庫
  • 『人生若旦那』東京文芸社 1955
  • 『新家庭双六』東方社 1955
  • 『喧嘩人生』東京文芸社 1955
  • 『御婦人閣下』東方社 1955
  • 『花嫁三国一』東京文芸社 1956 のち春陽文庫
  • 『ロマンス時代』東方社 1956
  • 『アパートの哲学者』東方社 1956
  • 『無軌道青春』東方社 1956
  • 『恋愛心理学』東方社 1956 のち春陽文庫
  • 『新夫婦日記』東方社 1957
  • 『青春文化運動』東方社 1957
  • 『赤ちゃん』中央公論社 1958
  • 『ユーモア百話』研究社出版 1958
  • 『ガラマサ社長』春陽文庫 1962
  • 『英米小ばなし』研究社 1962
  • 『人生エンマ帳』東都書房 1963
  • 『佐々木邦の手紙』山蔦正躬篇 みちのく豆本 1971
  • 『大衆文学大系22 佐々木邦、獅子文六』講談社 1973
  • 佐々木邦全集』全10巻補巻5 講談社 1974-1975
  • 『いたずら小僧日記・他一編』新学社文庫 1975
  • 『少年小説大系 第21巻 佐々木邦、サトウ・ハチロー集』三一書房 1996
  • 『佐々木邦心の歴史』みすず書房(大人の本棚)2002

翻訳・翻案[編集]

  • いたづら小僧日記(メッタ・V・F・ヴィクター)内外出版協会 1909 のち春陽文庫
  • ドン・キホーテ物語 セルバンテス 内外出版協会 1909
  • 法螺男爵旅土産 内外出版協会 1909
  • 当世良人気質 内外出版協会 1910
  • グッドボーイ日記 内外出版協会 1910
  • 簡易生活 シャルル・ワグネ 内外出版協会 1911
  • 独身者の独思案 イク・マーベル 内外出版協会 1912
  • 少年少女基督伝 ジャネー・ハーヴェー・ケルマン 内外出版協会 1913
  • 夢想生活 ドナルド・ジー・ミツチヱル 内外出版協会 1913
  • ピックウイック倶楽部物語 ヂツケンス 内外出版協会 1913
  • ドン・キホーテ 全訳 セルヴァンテス 東亜堂 1914
  • ユーモア十篇 マーク・トウエーン 丁未出版社 1916
  • 姑め采配記 風刺諧謔 George R.Sims 弘学館 1919
  • トム・ソウヤー物語 マーク・トウエーン 世界少年文学名作集 家庭読物刊行会 1919
  • あべこべ物語 アンスチイ 世界少年文学名作集 家庭読物刊行会 1920
  • ハツクルベリー物語 マーク・トウエーン 世界少年文学名作集 精華書院 1921
  • 七転び八起き物語 ラ・サージ 弘学館書店 1922
  • ミユンヒハウゼンほら物語 京文社 1926
  • 貴族病患者 マーク・トウエーン 東西出版社 1946
  • わんぱく少年 オールドリッチ 大日本雄弁会講談社 1952

脚注[編集]

  1. ^ 『いたずら小僧日記・他一編』( 新学社文庫48、1975) - 「すいせんのことば」

外部リンク[編集]