親子ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
親子ゲーム
ジャンル ホームドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1986年6月7日 - 8月16日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 竹之下寛次吉田秋生柳井満
脚本 黒土三男
プロデューサー 柳井満
出演者 長渕剛
オープニング 長渕剛「SUPER STAR
テンプレートを表示

親子ゲーム』(おやこゲーム)は、1986年6月7日から同年8月16日まで、TBS系列で毎週土曜日21:00 - 21:54JST)に放送されていたホームドラマである。全11回。

概要[編集]

俳優としても活動しているシンガーソングライター長渕剛の主演テレビドラマ第3作。

親に見捨てられた弱虫な少年が、暴走族出身の男女が切り盛りするラーメン屋に引き取られて、様々な騒動の中心になる物語である。この擬似家庭の後見人的存在である高年警官は家族と相性が悪く、暴走族出身のラーメン屋の男女との交流の方が親密な人物である。このように、家族や世間から「仲間外れになった」少年や青年や高年が、血縁を持たないながらも同棲して、親密な一家のような関係を作り、喧嘩を繰り広げながらも心を開いていく過程を描いている。

放送批評懇談会主催の第24回ギャラクシー賞(1986年度)にて『選奨』を受賞している[1]

あらすじ[編集]

親子3人?即席家族。[2]

暴走族の青年、保とその恋人の加代の営む東京・下町のラーメン屋に、ある日父親と麻理男(マリオ)が店を訪れた。父親はタバコを買いに行くと言い出だし行ったきり戻らず、マリオは店から逃げようとするが捕まり、早川巡査に補導された。そして、早川巡査が暫くの間だけという事でこのラーメン屋に置いてもらえないかと保と加代に頼むが、2人は冗談じゃないと断ろうとする。しかし、保と加代は暴走族時代の事で早川巡査に弱みを握られており、結局は麻理男を引き取ることになった。

ところが、マリオは人間不信で人見知りが激しく、ほとんど言葉を発さない上にすぐに大暴れする対人恐怖症を抱えている少年であった。3人で暮らし、ラーメン屋の出前を頼んだりしているうちに保も加代もマリオと打ち解けていくが、このマリオを巡って様々な騒動が巻き起こる。

登場人物[編集]

九十番ラーメン関係者[編集]

矢板 保(やいた たもつ) - 長渕剛
元暴走族。29歳。東京の下町でラーメン屋「九十番ラーメン」を営んでいる。開き直った性格で、言動の端々に少々乱暴な所を持つが、根は人一倍心優しい人情家。ニックネームキクラゲ
三石 加代(みついし かよ) - 志穂美悦子
元暴走族。27歳。保と共にラーメン屋を営んでいる。気性が烈しく怒りっぽい保をそのつど上手くなだめる良き恋人。ラーメン屋の2階で保と同居している。後に保のプロポーズを受ける。
吉田 麻理男(よしだ まりお) - 柴田一幸
親から見捨てられた、人間嫌いの弱虫な少年。小学4年生。親は共に子供嫌いだが、世間体を取り繕う為に結婚していた[3]。無言・気難しさ・弱虫ぶりから保とたびたび衝突するが、その中で次第に人の暖かみを知っていく。名前は、本作放送の前年の1985年に大ヒットしたファミリーコンピュータ用のテレビゲーム、『スーパーマリオブラザーズ』の主人公から名づけられた[要出典]。呼び方に関しては、ゲームの方のマリオは「マ」に高いアクセントが来るのに対し、ドラマでは「リオ」に来る。
早川巡査 - 植木等
59歳。交番勤務の警官。保や加代に麻理男の面倒を見るように頼む。保と加代の後見人的存在で、頻繁に九十番ラーメンを訪れている。

その他[編集]

百合(ゆり) - 南果歩
信用金庫職員。保がデートに誘おうと何度もちょっかいを出す。
大塚巡査 - 石倉三郎
早川と同じ交番に勤務する警察官。正義感が強いが、早川巡査に根負けしている。
平野(ひらの) - 矢崎滋
加代の知人で、秋葉原で玩具メーカーをやっている営業マン。一時期、麻理男の家庭教師をしていた。早大出身のインテリであるが、酒を飲むと極端に性格が変わる。九十番ラーメンの常連で、あだ名はレバニラ
早崎文司
葬儀屋
三遊亭遊三
落語の師匠で、九十番ラーメンの常連。
沼田爆
麻理男の父。第1話で麻理男と共に九十番ラーメンに来店するが、「タバコを買いに行く」と言って麻理男を置いて失踪してしまう。
由加(ゆか) - 伊神さかえ
第4、6話に登場する保の昔馴染みの女で六本木のお店に勤めている。保は彼女に入れ込んでいたせいで加代と喧嘩になる。ナイスバディらしく、保や平野によく絡まれる。
中島 晃一(なかじま こういち) - 村田雄浩
保、加代の暴走族時代の友人。第9回にのみ登場。名古屋在住。
中島 美穂(なかじま みほ) - 土井千恵子
晃一の別れた妻の連れ子。第9回にのみ登場。
大原和彦
最初は麻理男に絡んでいたが、仲良くなる。
石川英明
石井寛之
山本耕史
第1話冒頭、保の出前先でスーパーマリオブラザーズで遊んでいる子供達の中の1人。
芳恵 - 野村真美
女子大生。第7 - 8話に登場。オープンカーに乗っている。彼女の車がガス欠になっているところを助けてくれてから保と親しくなった。落語の師匠は彼女にセクハラ紛いでちょっかいを出してくる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

放送日 サブタイトル
01 1986年6月7日 スーパーマリオになりたい
02 1986年6月14日 笑え! マリオ・怒れ! マリオ
03 1986年6月21日 スーパーマリオの逆襲
04 1986年6月28日 オトナは嘘ツキ!
05 1986年7月5日 オレのマリオ・私のマリオ
06 1986年7月12日 二人の危機・マリオの危機
07 1986年7月19日 マリオが消えた日
08 1986年7月26日 俺がマリオに残せるものは
09 1986年8月2日 一瞬マリオが恋をした
10 1986年8月9日 マリオの父が来る…
11 1986年8月16日 さよならマリオ
  • 平均視聴率18.1%(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ社調べ)

エピソード[編集]

  • 主演の長渕剛志穂美悦子は、本作で初めて共演し、同年1986年の映画『男はつらいよ 幸福の青い鳥』で再共演した後、1987年結婚している。長渕と志穂美の結婚が発表された際、ワイドショーでは、本作第10話のプロポーズのシーンが使用された。
  • 第6話の乱闘シーンの収録中に、志穂美が手の甲の骨を骨折し、全治4週間のケガを負った。以降の収録では、火傷をしたという設定で包帯を巻いたままで収録された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第24回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会 (2010年5月14日). 2016年9月29日閲覧。
  2. ^ 初回番組広告より。「朝日新聞」1986年6月7日付夕刊19頁に掲載。
  3. ^ マリオの両親は互いに無視するほど仲が悪く、父がマリオを見捨てる前に母は家出した。

関連項目[編集]

TBSテレビ 土曜21時枠
前番組 番組名 次番組
親子ゲーム