夏の恋人 (長渕剛の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夏の恋人
長渕剛シングル
初出アルバム『夏の恋人
B面 「クレイジー・ボーイ」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ポピュラー
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
作詞・作曲 長渕剛
藤岡孝章
山梨鐐平
チャート最高順位
長渕剛 シングル 年表
ヒロイン
1980年
夏の恋人
1981年
二人歩記
(1981年)
夏の恋人 収録曲
テンプレートを表示

夏の恋人」(なつのこいびと)は、日本のミュージシャンである長渕剛の7枚目のシングル曲である。

長渕の曲としては珍しく他人との共作となっている。オリジナルアルバムには収録されず、ベストアルバム『夏の恋人』(1981年)にて初収録された。

オリコンチャートでは最高位20位となった。

録音[編集]

作詞、作曲ともに長渕自身ではなく、他人との共作となっている。これは当時、山梨鐐平藤岡孝章板垣秀雄の3人で結成されていたバンド「Do!」に長渕が加わる形で結成されたバンド「チョコレッツ」としての活動があり、その延長線上で制作された曲だからである。そのため、この曲は長渕の曲というよりはむしろ、チョコレッツの曲として捉える方が正しいとも言える。

音楽性[編集]

夏の海での恋心を歌った曲。「潮の香り」や「サーフボード」など、爽やかな夏の海を思わせる言葉が歌詞に使用されている。

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「ミディアム・テンポのサマー・ポップ・ソング。夏の浜辺で見かけた女性に心をときめかせるが声をかけられないでいるという歌。間奏のギター・フレーズからAメロ、サビまで、一貫して似通った符割りの旋律が展開される」と表記されている[1]

リリース[編集]

1981年5月5日東芝EMIのエキスプレスレーベルよりリリースされた。

後にこの曲をメインとした、カーステレオ向けベストアルバム『夏の恋人』(1981年)がカセットテープでリリースされている。

B面曲の「クレイジー・ボーイ」は、思い通りにならない男女関係を歌った曲。初期の長渕のシングルではA、B面で相反する雰囲気の楽曲が収録されている事が多いが、この曲はA面曲に続く雰囲気を持った曲である。AB両面ともオリジナルアルバムには未収録となった。

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位20位、登場回数15回となり、売り上げ枚数は10.4万枚となった。

シングル収録曲[編集]

全編曲: 瀬尾一三
#タイトル作詞・作曲時間
1.夏の恋人長渕剛、藤岡孝章山梨鐐平
2.クレイジー・ボーイ長渕剛
合計時間:

収録アルバム[編集]

スタジオ音源
ライブ音源

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長渕剛 / シングルスvol.1(1978~1982) [2CD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2019年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]