傷まみれの青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
傷まみれの青春
長渕剛シングル
初出アルバム『家族
B面 「LICENSE(LIVE'95“いつかの少年”東京ドームより)」
リリース
規格 8センチCD
ジャンル ポピュラー
フォークソング
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
作詞・作曲 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 シングル 年表
友よ
1995年
傷まみれの青春
1996年
ひまわり
1997年
家族 収録曲
EANコード
EAN 4988006132900
テンプレートを表示

傷まみれの青春」(きずまみれのせいしゅん)は、日本シンガーソングライターである長渕剛の29枚目のシングルである。

アルバム『家族』(1996年)からのシングルカットであり、オリコンチャートでは最高位10位を獲得した。

フジテレビ系音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(1994年 - 2012年)のエンディングテーマとして使用された。

音楽性[編集]

歌詞の内容は、日常風景の中で上手くいかないこと、ままならないことを題材としている。サウンド面ではアコースティック・ギターをメインとし、マンドリンの音などを入れたミドルテンポのフォークソングとなっている。

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「ハートフルなオルガンで始まるミディアム・ロック・ナンバー。理屈ではない“あんちきしょう”という感情をテーマにした長渕剛らしい1曲」と表記されている[1]

リリース[編集]

1996年4月30日東芝EMIのエキスプレスレーベルよりリリースされた。

アルバム『家族』(1996年)からのシングルカットであり、東芝EMI在籍時にリリースされた最後のシングルとなった。

カップリング曲は、「LICENSE(LIVE'95“いつかの少年”東京ドームより)」 となっており、1995年12月26日東京ドーム公演から収録されている。

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[1]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「2番を弾き語り風にするなど、目立たないが秀逸なアレンジが施されている」と評されている[1]

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位10位を獲得し、登場回数は5回、売り上げ枚数は10.4万枚となった。

ライブ・パフォーマンス[編集]

本作はライブではほとんど演奏されておらず、1996年のツアー「TSUYOSHI NAGABUCHI LIVE'96 KAZOKU」、2004年7月26日、27日にZepp Tokyoにて行われた「桜島前夜祭」にて演奏されたのみとなっている[2]

メディアでの使用[編集]

フジテレビ系音楽番組HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(1994年 - 2012年)で1996年4月から6月にエンディングテーマとして使用された。その際に長渕のレコーディング風景や食事シーンなどの映像が使用された。

シングル収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.傷まみれの青春長渕剛長渕剛
2.LICENSE(LIVE'95“いつかの少年”東京ドームより)長渕剛長渕剛
3.傷まみれの青春(オリジナル・カラオケ)長渕剛長渕剛
合計時間:

収録作品[編集]

スタジオ音源

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 長渕剛 / シングルスVol.3(1988~1996) [2CD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2019年1月27日閲覧。
  2. ^ 傷まみれの青春/長渕剛の演奏されたライブ・コンサート”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2019年3月2日閲覧。

外部リンク[編集]