英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
英二
監督 黒土三男
脚本 黒土三男
原案 長渕剛
原作 黒土三男
製作 服部詔男
佐々木哲雄
出演者 長渕剛
イ・ナヨン
哀川翔
音楽 長渕剛
笛吹利明
瀬尾一三
主題歌とんぼ
長渕剛
撮影 戸澤潤一
編集 新居晃
製作会社 東映
フジテレビジョン
オフィスレン
東映ビデオ
配給 東映
公開 日本の旗 1999年5月1日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2.5億円[1]
テンプレートを表示

英二』(えいじ)は、1999年に公開された日本ヤクザ映画

黒土三男監督の3作目の作品で、長渕剛の主演映画第3弾である。

フジテレビ制作・東映配給。

1988年TBS系列で放送されたテレビドラマ『とんぼ』及び1997年にフジテレビで放送された『英二ふたたび』のその後のストーリーを描いた作品。

あらすじ[編集]

小川英二は8年の刑期を勤めて出所後、八田興業を壊滅させるが、舎弟の常吉は組長・湯沢を射殺して服役中であった。身寄りも仲間もいない英二は、西にいることしか分かっていない10年前に姿を消した妹のあずさを捜すため、単身九州を訪れ熊本にたどり着く。

かつて世話になった松のところに身を寄せ、熊本の組織である村川組に世話になるが、松はそのことに反対する。熊本で日本語を喋ることもできない若く美しい中国人女性・梅花(メイホウ)と出会う。英二の部屋から帰ろうとしない梅花を追い払おうとするが、やがて魅かれ合う。

しかし、梅花は日本に密入国した身であること、村川組に騙され、売春婦をさせられていることを知り、梅花を村川組から救い出し中国に戻してやろうと、決意する。あずさが鹿児島にいることを知った英二。既に結婚していたあずさを訪ねて鹿児島に出向くが、あずさもかつて同じように村川組から酷い仕打ちを受けていたことを知る。英二は、あずさと無事再会を果たした。その頃、梅花には村川組の魔の手が迫っていた。

英二はあずさ、梅花の復讐のため、単独で村川組にアサルトライフルで武装し、乗り込む。

キャスト[編集]

製作[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:黒土三男
  • 音楽:長渕剛、笛吹利明、瀬尾一三
  • 原案:長渕剛
  • 撮影:戸澤潤一
  • 照明:吉角荘介
  • 美術:今村力、赤塚訓
  • 編集:新居晃
  • 録音:柴山申広
  • スクリプター:松澤一美
  • スチル:大川奨一郎、阿部昌弘
  • 監督補:武藤浩之
  • 製作担当:大塚泰之
  • 音響効果:柴崎憲治
  • 特殊メイク:江川悦子、神田文裕、寺田まゆみ
  • ビジュアルエフェクト:ビッグエックス(松本肇
  • 操演:スプリームエフェクト(羽鳥博幸)
  • スタントコーディネーター:釼持誠
  • カースタント:TA・KA
  • ガンエフェクト:BIGSHOT
  • MA:東京テレビセンター
  • 現像:東映化学
  • スタジオ:日活撮影所
  • ロケ協力:熊本市熊本市交通局桜島町観光課、岩国市商工観光課 ほか
  • プロデューサー補: 和井内貞宣、出目宏、目澤哲、佐々木啓雄
  • プロデューサー: 服部紹男、佐々木啓雄
  • 企画:黒澤満
  • 製作協力:セントラルアーツ、ケイセブン
  • 製作:東映、フジテレビジョン、オフィスレン、東映ビデオ
  • 配給:東映

主題歌[編集]

  • 主題歌「とんぼ」(作詞・作曲:長渕剛/歌:長渕剛)

ビデオ・DVDリリース[編集]

  • 1999年11月21日 、VHS、東映ビデオ
  • 2003年2月21日、DVD、東映ビデオ、『長渕剛BOX THE MOVIE』収録
  • 2005年9月21日、DVD、東映ビデオ
  • 2009年6月1日、DVD、東映ビデオ、廉価版

作品の評価[編集]

  • オリジナルであるドラマ『とんぼ』であずさを演じた仙道敦子は出演しておらず、あずさ役は若林しほとなっている。同じく松役の植木等も出演しておらず、松村達雄が演じている。その他、『とんぼ』では鉄役で出演していた石倉三郎も、鉄はすでに死亡しているため今作では別の役となっている(ただし役柄はほぼ鉄と同じ)。
  • この映画での演出を巡って、監督の黒土と主演の長渕は対立。現在は両者の間に交友関係はない。

脚注[編集]

  1. ^ 「1999年日本映画配給収入」『キネマ旬報2000年平成12年)2月下旬号、キネマ旬報社、2000年、 154頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]