早崎文司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はやさき ぶんじ
早崎 文司
生年月日 (1929-02-13) 1929年2月13日
没年月日 (1996-03-28) 1996年3月28日(67歳没)
出生地 日本の旗 日本・広島県
職業 俳優

早崎 文司(はやさき ぶんじ、1929年2月13日[1] - 1996年3月28日)は、広島県出身の俳優

人物[編集]

大阪経済大学卒業[1]後、1954年に宝塚新芸座に入り[1]、映画界入り。星野事務所所属。1950年代から関西の映画、舞台、テレビ数多くに出演していた。

3年B組金八先生』の野村教頭役で有名になる。遺作となった第4シリーズでは校長に昇進したが、設定上、病気がちということになっていた。 実際に体調を崩しており、まさに命がけで撮影に臨んだ。シリーズ終了を見守るように、第4シリーズ最終回放送当日に死去する。

映画[編集]

  • 東海道篭抜け珍道中(1960)
  • 七人の敵あり(1961)
  • 河内風土記 続おいろけ説法(1961)
  • 雲の上団五郎一座(1962)
  • これが青春だ!(1966)
  • 坊っちゃん社員 青春でつっ走れ!(1967)
  • 坊っちゃん社員 青春は俺のものだ!(1967)
  • 河内フーテン族(1968)
  • 港町紳士録(1979)

ドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1980年7月18日号 p.48