出世払い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

経済力の低い若年者などに、金銭的な援助をしたいのにもかかわらず、相手が遠慮をすることがある。そのようなときに、将来出世をした時に返してくれたら良いと言って、明確に期限を設けずにお金を貸すという行為におよぶことがある。このようなお金のやり取りを俗に出世払い(しゅっせばらい)と称することが多い。お金を貸した方が(経済的に没落するなどして)すみやかな返済を求めたときに、借りた方が相変わらず出世をしていない(返済能力がない)場合、泥沼化する恐れがある。

法的解釈[編集]

民法上解釈[編集]

法的に「出世払い」を条件期限のどちらに解釈するのかが論点になるが、大審院大正4年3月24日の判例は、期限(不確定期限)と解釈した。よって、法律上は出世払いであっても返済の義務があり、貸した方に「これ以上出世の見込みが無い」と見限られれば、その時点で全額返済の義務が生じる[1]

税法上解釈[編集]

税法上では贈与とみなされ、贈与税が課される。


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 期限(法律) - 出世払いの期限を判例は、不確定期限(将来来ることが確実であるが、いつ来るか不明な期限)としている。