黒土三男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒土三男(くろつち みつお、1947年昭和22年)3月3日 - )は、日本脚本家映画監督熊本県熊本市出身。

経歴[編集]

熊本県立熊本高等学校立教大学法学部を卒業後、木下惠介プロダクションの助監督となる。2年間の勤務を経てフリーの脚本家となる。1978年(昭和53年)TBS系で放送された『コメットさん』でTV脚本家としてデビューした。1988年「とんぼ」「うさぎの休日」で第7回向田邦子賞受賞。1989年平成元年)『オルゴール』で映画監督デビュー。自身がメガホンを取った作品は全て自らが脚本を手がけている。

山田洋次監督作品映画『幸福の黄色いハンカチ』で脚本家の一人として参加し、以来、木下惠介とともに山田洋次を師として仰ぐ。

脚本、監督作品とも長渕剛を主演として起用したものが多い(長渕剛の「浦安の黒ちゃん」は黒土三男を元に書かれた曲である)が、映画『英二』の演出を巡り対立したため現在二人の間に交流はない。

2006年5月、映画『蝉しぐれ』の撮影時に出会った庄内平野のお米を応援する「庄内米ファンクラブ」の初代会長に就任した。

2011年7月より放送の水戸黄門第43部では、脚本として参加している。

2011年3月の東日本大震災以降、愛知県豊田市に移住。2016年から映画「星めぐりの町」(仮)(2017年の今春より愛知県豊田市にて撮影予定(監督・脚本/黒土三男 出演/小林稔侍 高島礼子 壇蜜)を企画及び制作中。[1][2]

作品[編集]

テレビドラマ脚本[編集]

映画監督・脚本[編集]

舞台脚本[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]