アライブ がん専門医のカルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アライブ
がん専門医のカルテ
ジャンル 連続ドラマ
脚本 倉光泰子
演出 髙野舞
出演者 松下奈緒
木村佳乃
清原翔
岡崎紗絵
古川崇寛
小川紗良
中村俊介
三浦翔平
田辺誠一
藤井隆
木下ほうか
高畑淳子
北大路欣也
音楽 眞鍋昭大
オープニング 須田景凪『はるどなり』
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデュース 太田大
有賀聡
製作 フジテレビ
放送
放送チャンネル フジテレビ系
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年1月9日 - (予定)
放送時間 木曜 22:00 - 22:54
放送枠 木曜劇場
放送分 54分
公式サイト
テンプレートを表示

アライブ がん専門医のカルテ』(アライブ がんせんもんいのカルテ)は、フジテレビ系「木曜劇場」で2020年1月9日から放送されているテレビドラマ[1]倉光泰子のオリジナル作品で、主演は松下奈緒[1]

“がんのスペシャリスト”と呼ばれる腫瘍内科の女医が外科の女医とバディを組み、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に繰り広げられるがんのスペシャリストの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー[1]。なお、「木曜劇場」枠で医療ドラマが放送されるのは、2018年夏クール「グッド・ドクター」以来1年半ぶり。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

恩田心(おんだ こころ)
演 - 松下奈緒
主人公。神奈川県横浜市横浜みなと総合病院の腫瘍内科医。周囲からは名前を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。
医学部卒業後は放射線科に進むが、より多くのがん患者を救いたいという強い思いから、腫瘍学を学んだのち腫瘍内科への転科を決める。
梶山薫(かじやま かおる)
演 - 木村佳乃[1]
横浜みなと総合病院の消化器外科医。
“サイレントキラー”と称される膵臓がんの手術におけるスペシャリスト。それ故にがんに関する知識は豊富である。しかし、バディを組むことになる心にも話せない隠された秘密を抱えている。

横浜みなと総合病院[編集]

腫瘍内科[編集]

結城涼(ゆうき りょう)
演 - 清原翔[2]
横浜みなと総合病院の研修医。
物事をはっきりと言う性格のため、周りから誤解されることがある。冷静沈着でありながら、素直になれない不器用な性格である。家系が外科医であるため、本能的に外科医を目指している節がある。
夏樹奈海(なつき なみ)
演 - 岡崎紗絵[2]
横浜みなと総合病院の研修医で結城とは同期。
真面目で努力家だが、時折羽目を外してしまうきらいがある。ある理由から小児科医を目指している。
森本圭(もりもと けい)
演 - 古川崇寛[2]
横浜みなと総合病院の最下部生で腫瘍内科医で光野の教え子。
オペの集いで集中している中、森本自身には匠を亡くし、白衣のまま着ていた。光野からは後輩に渡した結婚指輪を届いていた。
光野守男(みつの もりお)
演 - 藤井隆[2]
横浜みなと総合病院の腫瘍内科医で心の同僚。
元は麻酔科に所属していたが、5番目の子供ができたこともあり、勤務時間が安定している腫瘍内科に異動した。腫瘍内科医としてのキャリアは浅いが、大変明るく朗らかな性格のため、医師や患者たちからの信頼度は厚い。
阿久津晃(あくつ あきら)
演 - 木下ほうか[2]
横浜みなと総合病院の腫瘍内科の部長。病院内に腫瘍内科を創設した人物。
基本的に診療は心に任せているが、心をはじめとする部下たちに対しては極めて寛容。開放的で明るい性格。

消化器外科医[編集]

安城マリ(あんじょう マリ)
演 - 池間夏海
最下部生。
部長からは発言しながらベタに言い出すが、気になってるはずだが変化を感じている。
加賀司(かが つかさ)
演 - 杉野遥亮
最下部生。
基本的に賑わいながらもの申し、もの全て美山と薫を守っていた彼だが努力を持たし、追い風を期待をするはずだった。
加護ゆり菜(かご ゆりな)
演 - 籠谷さくら
最下部生。
命知らずにも向けているが考えきれてもいない。隣り合わせで会うが、恋をしていないが匠を亡くし、守りきれなかった。
君島智(きみしま さとし)
演 - 佐野岳
最下部生。
自分を持たし期待が高まるが調整に気がつく訳で薫の事を対したが、痛恨で紛れている。
冴島一茂(さえしま かずしげ)
演 - 新田真剣佑
最下部生。
自分自身を持たないが、自信がない。少しずつの体力を合わし、現状維持でもたらす。
坂口裕太(さかぐち ゆうた)
演 - 神尾楓珠
最下部生の部長。病院内に最下部生を創設された人物。
かつては、女性患者と飲み会に行った最中に限界を超えている。心は『坂口くん』と呼ばれているが子供に言われたこともない。
末永大耕(すえなが だいこう)
演 - 須賀健太
最下部生。
結婚を決め、宣言されるが、森本には関わってもいいが、泣きそう目を睨んでいる。
惣村美優(そうむら みゆう)
演 - 市川美織
最下部生。

病院関係者[編集]

高坂民代 (こうさか たみよ)
演 ‐ 高畑淳子
長年通院している、全身がんの患者。そのため、病院内の事情に詳しい。
心が一貫して担当している。
佐倉莉子 (さくら りこ)
演 ‐ 小川紗良(第2話 - )
会社員。ある日乳がんが見つかり、心の診察を受ける。
全摘手術の話を心から聞かされ、現実を受け入れられなくなる。
恩田匠 (おんだ たくみ)
演 - 中村俊介
心の夫。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

村井恵子
演 - 石野真子[3]
原発不明のがんを患っている女性患者。
余命3ヶ月を宣告されているため医師からホスピスの入寮を勧められているが、本当に助からないのか否かを確かめるために、結婚を約束している山本忠司とともに心のもとを訪れる。
山本忠司
演 - 田口トモロヲ[3]
恵子の大学時代の同級生。恵子とは結婚を約束している。
原発不明のがんを患っている恵子とともに心のもとを訪れる。
殿山俊樹
演 - 石田明(NON STYLE)

第2話[編集]

日ノ原徹
演 - 寺脇康文[4]
男性乳がんを患っている患者。かつては妻と娘の3人暮らしだったが、離婚して現在は独り暮らし。
乳腺科で発症率が1%に満たない男性乳がんと診断され困惑する。

第3話[編集]

木内陽子
演 - 朝加真由美[5]
複数のがんを患っている患者。
抗がん剤治療による身体の負担を軽減させるために緩和治療を打診される。
田所歩美
演 - 三倉茉奈[5]
陽子の娘。
心から打診された母への緩和治療の方針を受け入れられず、抗がん剤治療の続行を望む。
木内修造
演 - 遠山俊也[5]
陽子の夫で歩美の父。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[7] 視聴率 取り上げられたがん・病名
第1話 1月09日 原発部位が不明のがん 8.4%[8] 原発不明がん
第2話 1月16日 知られざる、男性の乳がん 7.7%[9] 乳がん
第3話 1月23日 愛する家族との最期の時間 8.4%[10] 末期がん
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
モトカレマニア
(2019年10月17日 - 12月12日)
アライブ
がん専門医のカルテ
(2020年1月9日 - )
-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “松下奈緒:木村佳乃と15年ぶり共演 来年1月期の医療ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」で“バディー”に”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年11月6日). https://mantan-web.jp/article/20191105dog00m200067000c.html 2019年11月13日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “清原翔、岡崎紗絵、古川崇寛、木下ほうか、藤井隆が医師に、松下奈緒の主演ドラマ参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月22日). https://natalie.mu/eiga/news/356460 2019年11月22日閲覧。 
  3. ^ a b “石野真子&田口トモロヲが初共演!がんと闘う恋人役に「心から応援したいと思いました」<アライブ>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年12月28日). https://thetv.jp/news/detail/218166/ 2020年1月9日閲覧。 
  4. ^ “寺脇康文、松下奈緒主演『アライブ』に男性乳がん患者役でゲスト出演”. クランクイン!. (2020年1月9日). https://www.crank-in.net/news/72651/1 2020年1月9日閲覧。 
  5. ^ a b c “三倉茉奈、がん患者の家族を熱演「他人事ごとではない」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2153751/full/ 2020年1月23日閲覧。 
  6. ^ “須田景凪、松下奈緒主演の医療ドラマに主題歌「はるどなり」書き下ろし”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年12月17日). https://natalie.mu/music/news/359760 2019年12月17日閲覧。 
  7. ^ 番組表 - フジテレビ”. 2020年1月12日閲覧。
  8. ^ 松下奈緒主演の新ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」初回視聴率は8.4%” (日本語). スポーツ報知 (2020年1月10日). 2020年1月10日閲覧。
  9. ^ アライブ:松下奈緒主演の医療ドラマ 第2話は7.7% 寺脇康文が乳がん患者演じる” (日本語). まんたんウェブ (2020年1月17日). 2020年1月17日閲覧。
  10. ^ “アライブ:第3話視聴率8.4% “心”松下奈緒の夫が急変… “謎の男”三浦翔平が登場”. まんたんウェブ. (2020年1月24日). https://mantan-web.jp/article/20200124dog00m200002000c.html 2020年1月27日閲覧。 

外部リンク[編集]