倉光泰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倉光 泰子
プロフィール
誕生日 1983年(33–34歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県
主な作品
テレビドラマ ラヴソング
受賞
第26回フジテレビヤングシナリオ大賞(『隣のレジの梅木さん』)

倉光 泰子(くらみつ やすこ、1983年[1] - )は、日本の脚本家埼玉県出身、東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域卒業[1][2]

略歴[編集]

幼いころより映画が好きで、高校生の時に見た中島丈博脚本の半自伝的映画『祭りの準備』などに影響を受けて脚本家を志すようになる[1]日本大学芸術学部映画学科監督コースを経て東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域にて脚本を学び、卒業後は映画製作会社に経理のパートとして勤務しつつ携帯ゲームのシナリオを執筆[3][4]

結婚、第1子出産を経て、子供が保育園に通うようになったことで思い立ち、2014年、31歳の時に初めてシナリオコンクールに応募した第26回フジテレビヤングシナリオ大賞において応募1,807作品の中から『隣のレジの梅木さん』にて大賞を受賞[1][5]。同作はテレビドラマ初主演となる馬場園梓の主演により映像化され同年12月に放送[6]、自身もちょうど第2子を妊娠中だったことから妊婦役としてエキストラ出演している[5]

2016年4月にはフジテレビ月9ドラマラヴソング』の脚本を担当。「ラブストーリーは女性の目線が非常に大事」「月曜9時の視聴者層に近い感覚を持った人の感性が必要」としてプロデューサーの鈴木吉弘に抜擢され、「人の心の中身を書くのがうまく、キャラクターのとらえ方が皮肉っぽい。意地悪な面とか、ちょっとした悪意とか、そういうのを凄くうまく拾う作家さんです。」と評されている[3]

人物[編集]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]