ばってん荒川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ばってん あらかわ
ばってん 荒川
ばってん 荒川
「お米ばあさん」に扮するばってん荒川(中央の人物)
本名 米嵜 一馬(よねざき かずま)
別名義 肥後ばってん(旧芸名)
お米ばあさん
生年月日 (1937-02-08) 1937年2月8日
没年月日 (2006-10-22) 2006年10月22日(満69歳没)
出生地 日本の旗 日本熊本県熊本市
死没地 日本の旗 日本・熊本県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 俳優ローカルタレント演歌歌手
ジャンル 舞台テレビ番組
活動内容 1955年:ばってん組入団
1970年:レコードデビュー
配偶者 あり(1975年 - 死去)
著名な家族 イサオ(次男・タレント)

ばってん 荒川(ばってん あらかわ、1937年昭和12年)2月8日2006年平成18年)10月22日)は、熊本県福岡県長崎県を中心に九州地方で長年に渡り活躍した肥後にわか役者、ローカルタレント演歌歌手舞台役者である。本名は米嵜一馬(よねざき かずま)または、米崎一馬。熊本県熊本市出身。

戦後、存続が危ぶまれた肥後にわかを復活させ、支えたことから「肥後にわかの巨匠」と評され、九州では佐賀の筑紫美主子と並ぶ「にわか芸の大家」として知られた。

人物[編集]

芸歴[編集]

  • 実父漫才師荒川九州男(あらかわ くすお)で、身ごもった母を置いて東京へ出奔。その後に二度目の“父”ができ、養父との確執から少年院に入るなど荒れた少年時代だった。中学卒業後は様々な職を転々とした後に実父と同じ芸能界へ入ることを決意。1955年(昭和30年)、熊本県の郷土芸能「肥後にわか」の劇団「ばってん組」に入団。翌年に「お米ばあさん」(本人曰く、お米は本名が米崎だからつけた)のキャラクターで活躍するようになり、肥後ばってんから、ばってん荒川に改名した。「ばってん劇団」の団長で、“がね政”ことばってん太郎(本名・西村良吉)とコンビを組んでいた。芸名が当初肥後ばってんであった理由は、父から『一人前になるまで荒川の名を芸名に入れるのは許さぬ』というお達しがあったため。尚「ばってん劇団」出身のばってん城次は荒川の遺志を受け継ぎ肥後俄師・タレントとして活動している。
  • 主に和服姿の扮装と、軽妙な熊本弁でのしゃべりで、「肥後にわか」の中心的人物として人気を集めた。老女の役は18歳の頃から始めたという。
  • ラジオ熊本(現・熊本放送〔RKK〕)のラジオ番組名店会アワー 肥後にわか」で放送メディアでデビューする。そのときの台詞は「あー」の一言だけだった。
  • 1968年、熊本市上通町に演芸酒場「お米」を開店し、オーナーとなる。1975年、「お米」の事務員の女性と結婚し、3人の子供を育てる。
  • 過去に何度か自殺未遂騒動を起こしたこともあった。
  • 1970年(昭和45年)に「火の国一代」でレコードデビュー。これがきっかけで活動の場を福岡県にも広げる。福岡、熊本のテレビラジオを中心にマルチタレントとして活躍し、ドキュメンタリー番組のナレータを務めることもあった。全国ネットでも活躍しており、地方で活躍しているが、全国区でも知られる珍しいローカルタレントであった。ビートたけしなど大物芸人から東京を拠点とした活動を勧められたが「余計な仕事はしたくない」と断り、あくまで自身の原点である舞台に拘り続けた。そのため、滅多なことが無い限り東京で仕事することはなかった。そのたけしとは浅草演芸場時代に縁があるらしく、たけしがを下げて挨拶をする数少ない芸人の内の一人と言われた。
  • テレビ・ラジオにお米ばあさんとして出演の際はほぼ女装していたが、レコードやCDのジャケットなど歌に関しては男装で演じていた。そのため、かつてはお米ばあさんの扮装が女装だと知らなかった人も多く、ファンである壮年男性からプロポーズされたこともあった。

闘病から死去前後[編集]

  • 2006年(平成18年)3月から糖尿病治療のために芸能活動を休止。その後もレギュラーで出演していたKKTテレビタミン」とRKKラジオ「ばってん荒川 ぴら〜っと登場!」の2006年5月29日放送分に出演する[1]などして復帰が期待されたが、同年10月22日午前11時23分、熊本市内の病院で膀胱癌による心不全のため亡くなった。69歳だった。
    • ローカル局だけでなく、キー局のニュースでも取り上げられ、あまりにも急な死であったため、驚きの声が多数上った。
    • 奇しくもその日の午後のRKKテレビでは、ばってんが出演を予定していた、熊本城での「くまもと秋のお城祭り」のステージの様子が録画放送されていた(ばってんの代役は新沼謙治)。
  • 死去の翌日の2006年10月23日(月)は、上記「テレビタミン」の週第1日目、「ばってん荒川 ぴら〜っと登場!」の週1回の放送日に当たっており、両番組とも追悼特集を組んだ。
    • うち「テレビタミン」の追悼特別番組(上野聡行の司会で、番組MCの本橋馨村上美香、番組出演者で後輩芸人でもあるばってん城次が出演)では、「本人もしんき臭かとは好かっさんだったけん(しみったれたのはきらいだったから)」と、過去に放送された「爆笑映像」や故人の芸風や人柄をしのばせる思い出話を中心に、出演者一同つとめて明るく進行していたが、上記2006年5月29日同番組にサプライズ出演した際の映像が紹介された際、その明るい表情の裏での闘病生活を知っていたばってん城次は、映像を見ながら思わず「きつかったろなあ(辛かっただろうなあ)」と男泣きした。
  • 2006年10月24日に熊本市内の葬儀場で行われた葬儀告別式には、ビートたけし、たけし軍団北島三郎西川きよし市原悦子天童よしみら東京・関西の大物芸能人や水前寺清子八代亜紀石川さゆり原田悠里コロッケ井手らっきょら熊本県出身の有名芸能人から供花が贈られた。弔辞は、長年テレビ・ラジオで共演した熊本ローカルタレントの後輩・大田黒浩一が読み上げた。大田黒は、遺影に向かって「(逝くのが)早か」と絶叫した。そして、歌手としての代表曲「帰らんちゃよか」をカバーした熊本出身の演歌歌手・島津亜矢が遺影の前で「帰らんちゃよか」を熱唱した。
  • 熊本県の潮谷義子知事(当時)は、荒川の死去から1ヶ月を過ぎた2006年11月29日の会見で、荒川に「熊本県地域文化特別功労賞」を贈呈することを発表した。半世紀にわたってテレビ・ラジオなどのメディアで熊本弁を世間に広めたのと、「肥後にわか」の普及など地域文化の発展に貢献したのが賞を贈る理由となった。

エピソード[編集]

  • 完璧に老女になりきるため、お老女の動作や所作を研究していた。その研究の中には「女湯にいる老人を覗く」というものもあった。しかし覗きが見つかり注意されると「俺は勉強のためお婆さんだけを見ているんだ」と反論したらしいが、「お婆さんも女だ」とやり込められたらしい。
  • 博多華丸英太郎(熊本で活躍するものまねタレント)が、ものまね芸の代表的レパートリーとして演じていることでも知られる。
  • 江頭2:50(佐賀県出身)が芸人になったきっかけについて「ばってん荒川に憧れたから」と挙げている。
  • デビュー40周年の祝いに、ファンがパチンコ玉を持ってきた程、荒川のパチンコ好きは有名。「チマチマ打つな」「引き際が肝心」と口にしていたが、あまり勝ってはいなかったようである。
  • 世話好きとして知られ、後輩などをよく飲みに連れて行った。お金が足りない時のために、いつでも質屋に行けるよう、時計は常に高級なものを付けていた。
  • 番組中で自分のモノマネをしている博多華丸と共演。互いにネタを披露しあった。
  • 西原理恵子は自身のキャラクターである毎日かあさんの造型の際に意識したのが、ばってん荒川、青島幸男が演じたいじわるばあさんの二人だと発言している。
  • 菊池市(旧:菊池郡泗水町)にある公立菊池養生園診療所の名誉園長である竹熊宜孝が大学生の頃、送別会で芝居をするために当時劇団の団員だった荒川に演技指導をしてもらったことがある。

闘病中のエピソード[編集]

大田黒浩一は2006年2月位に一緒に仕事をした時、足はパンパンに腫れ上がり、「もう俺はダメばい、声が出らん‥」と荒川が弱音を吐く姿を初めて見たという。だがステージに立つと元気に跳ね回ったという。またテリー伊藤は「やせ細りカツラを被るとガタガタになっていたが、カメラが向くと笑顔を見せていた。」と「スッキリ!!」(日本テレビ系)で明かした。

代表曲[編集]

著書[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー出演[編集]

ゲスト出演(主なもの)[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

以下は最晩年に出演していたもの。これらが最後のCM出演とされる。

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村上美香アナウンサー”. 熊本県民テレビ (2006年10月17日). 2006年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月1日閲覧。 ※2006年5月31日更新の記事に、一時退院で出演した様子が記載されている。
  2. ^ お笑い芸人、ばってん荒川さん死去朝日新聞社、2006年10月22日

外部リンク[編集]