永田熊吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永田 熊吉(ながた くまきち、−明治33年12月25日)は、西郷隆盛に仕えた人物である。

来歴[編集]

父親の永田熊次郎が西郷隆盛に仕えていたこともあり、鹿児島市加治屋町に住んでいた。西郷に同行し、京都、江戸、鹿児島を往来した。明治維新後、西郷が明治政府に呼ばれた時には日本橋の西郷邸に住み、身の回りの世話から金銭管理までを任されていた。西郷が征韓論で下野し、東京から鹿児島に戻る際には日本橋の土地や家を売るのに尽力した。 西南戦争の際に延岡和田越えの戦闘にて右足に銃弾を受け膝下を切断する負傷をおった西郷菊次郎を背負い、隆盛の弟である西郷従道のもとへ投降したことで知られる。西郷従道は甥の投降を喜び、熊吉に礼を言ったとされる。西郷隆盛が亡くなった後にはしばらく鹿児島で西郷家に仕えていた。明治19年には西郷従道に呼ばれ、再上京し、以後、西郷従道に仕え、目黒の西郷邸に住み、庭師などをして、現在の西郷山公園の原形を作ったと言われる。墓は東京青山墓地にある。

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ “18年大河「西郷どん」盟友・大久保利通に瑛太、ヒロインは黒木華”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年3月27日). http://eiga.com/news/20170327/20/ 2017年3月27日閲覧。