永田熊吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永田 熊吉(ながた くまきち、天保6年(1835年)?− 明治33年(1900年12月25日)は、西郷氏の家人。西郷隆盛に仕えた人物である。

来歴[編集]

父親の永田熊次郎が西郷隆盛に仕えていたこともあり、鹿児島市加治屋町に住んでいた。西郷に同行し、京都江戸鹿児島を往来した。

明治維新後、西郷が明治政府に呼ばれた時には日本橋の西郷邸に住み、身の回りの世話から金銭管理までを任されていた。西郷が征韓論で下野し、東京から鹿児島に戻る際には日本橋の土地や家を売るのに尽力した。

西南戦争の際に延岡和田越えの戦闘にて右足に銃弾を受け膝下を切断する負傷をおった西郷菊次郎を背負い、隆盛の弟である西郷従道のもとへ投降したことで知られる。西郷従道は甥の投降を喜び、熊吉に礼を言ったとされる。その時は熊吉も軽い怪我を負っていた。西郷隆盛が亡くなった後、しばらく鹿児島で西郷家に仕えていた。

明治19年(1886年)には西郷従道に呼ばれ、再上京し、以後、西郷従道に仕え、目黒の西郷邸に住み、庭師などをして、現在の西郷山公園や菅刈公園の原形を作ったと言われる。また御殿山にあった西郷邸でも働いていた。

墓は東京青山霊園にある。

エピソード[編集]

「西郷隆盛一代記」では戊辰戦争で西郷隆盛に同行したことが書かれている。長岡山の戦いでは撃たれた仲間を助けようとした際に左大腿部を貫通する銃撃を受けたという。

河村定靜の「西郷南州翁百話」によると、西郷隆盛とともに太政官から帰宅する途中、西郷の言動に腹を立て3日程、西郷の身の回りの世話をしなかったという。その後、西郷が熊吉に謝罪し、仲が戻ったことが書かれている。

西郷が西南の役で亡くなった翌年の明治11年(1878)3月、得能良介(従道の妻清子の父、大蔵省印刷局長)が人に託して香典700円を置いていったが、西郷イトは受け取ることを拒み、熊吉に東京まで返しに行かせたという。

従道は熊吉だけではなく、熊吉の家族も鹿児島から呼んで目黒の西郷邸に住まわせ、熊吉の孫には学費を与えて教育を受けさせた。

安田直の「西郷従道」によると、目黒の西郷邸では従道から「熊吉さん、爺様(じっさま)」と呼ばれ、家族同様に扱われていた。熊吉が明治33年に65歳で亡くなった時には従道が葬儀の主宰者となり、手厚く葬ったとされている。後日、従道は西郷邸を訪ねてきた人に「先日は兄を旅立せ残念なことをしました」と語ったそうで、「兄とは誰のことですか?」と聞かれ、涙ながらに「熊吉です」と答えたという。

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ “18年大河「西郷どん」盟友・大久保利通に瑛太、ヒロインは黒木華”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年3月27日). http://eiga.com/news/20170327/20/ 2017年3月27日閲覧。