西郷菊次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西郷菊次郎

西郷 菊次郎(さいごう きくじろう、1861年2月11日万延2年1月2日) - 1928年昭和3年)11月27日)は、日本政治家外交官

来歴[編集]

遠島の身分であった時代の西郷隆盛と愛子(愛加那)の長子として、1861年奄美大島の龍郷で生まれた。同父母妹に大山誠之助大山巌の弟)の妻となる菊子(菊草)がいる。異母弟に嫡弟の寅太郎午次郎酉三

8歳にして鹿児島の西郷本家に引き取られ、12歳にしてアメリカへの留学の途についた。2年6ヶ月に及ぶ留学生活を終え、帰国して3年後の17歳のとき、西南戦争に薩軍の一員として参戦。延岡和田越えの戦闘にて右足に銃弾を受け膝下を切断。和田越えの戦闘で多数の死傷者を出した薩軍は俵野に陣を移し、今後の動向について軍議をかさねた。

その結果、可愛嶽を越えて三田井に抜ける事を決意。戦闘にて重傷を負っていた菊次郎は、桐野利秋の計らいにて他の負傷兵と共に俵野に取り残した。その際に隆盛の老僕であった、永田熊吉をつけておいた。熊吉は、負傷した菊次郎を背負い、隆盛の弟である西郷従道のもとへ投降した。西郷従道は甥の投降を喜び、熊吉に礼を言ったとされる。

西南戦争後、外務省に入り、米国公使館や本省で勤務。日清戦争で日本が台湾を得た1895年(明治28年)、台湾に転じ、台北県支庁長、宜蘭庁長(4年半)に就任。日本に帰国後、京都市長(6年半)などの任にも就く。

年譜[編集]

  • 1890年(明治23年)10月24日 - 式部官、奏任官三等[1]
  • 1904年(明治37年)10月12日 - 京都市長

栄典[編集]

系図[編集]

 糸子
  ┃┃
 ┃┃
 ┃┣━┳寅太郎━━━┳隆幸
 ┃┃ ┣午次郎┳隆一┣隆輝  
  ┃┃ ┗酉三 ┣隆次┣吉之助━吉太郎
西郷隆盛     ┣正二┣隆永
  ┃┃     ┗芳子┣隆國
 ┃┃        ┣隆明┳隆晄
  ┃┣━┳菊次郎┳隆吉┣隆正┗隆廣
  ┃┃ ┗菊子 ┣隆治┗隆徳  
 ┃┃     ┣隆秀     
 愛子     ┣隆泰┳隆文
          ┣隆清┗等
         ┗準

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』 1890年10月24日
  2. ^ 『官報』第7415号「叙任及辞令」1908年3月18日。