ビーロボカブタック クリスマス大決戦!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メタルヒーローシリーズ > ビーロボカブタック > ビーロボカブタック クリスマス大決戦!!

ビーロボカブタック クリスマス大決戦!!』(ビーロボカブタック クリスマスだいけっせん!!)は、1997年に発売された特撮ビデオ映画。特撮テレビ番組『ビーロボカブタック』の番外編作品である。

概要[編集]

本作以後、続く『テツワン探偵ロボタック』『燃えろ!!ロボコン』でも同様の作品が制作された。

「クリスマス大決戦!!」という文字は、OPタイトルではなく、サブタイトルとして表記されている。

VHSとLDは1998年3月21日に発売。『燃えろ!!ロボコンVSがんばれ!!ロボコン』と共に2009年12月11日DVDが発売。

ストーリー[編集]

譲はクリスマスイブと自分の誕生日が重なり、他のみんながクリスマスパーティーに夢中になり自分の誕生日を誰も祝ってくれないのでクリスマスが嫌いだった。しかしカブタックがそのことに対し「ご馳走が食べられればそれでいいじゃないかカブ」と言ったため、譲は怒って家を飛び出してしまう。

譲を元気づけようとカブタックはスターピースを捜し始める一方、譲の前に高円寺博士がAロボを連れて現れた。

カブタックチーム、コブランダーチーム、Aロボチームのスターピース争奪戦は、カブタックの勝利で終わるが、Aロボは譲を連れ去ってしまう。実はAロボを連れて現れた高円寺博士は彼をライバル視する津田沼博士の変装であり、譲に近づいたのは、スターピースを手に入れ、世界征服をするためだった。

津田沼の指定でスターピースと引き換えに譲の救出に単身赴くカブタックだが、クワジーロを初めとした仲間たちに加え、Aロボを倒すという目的の許、コブランダー一味も助っ人に駆けつけた。Aロボ軍団と戦うカブタック一行だが、スーパーモードになれないカブタックは苦戦。そんな彼の前に思わぬ2人の助っ人が現れた。

登場人物[編集]

サンタクロースの女性
譲と喧嘩して落ち込んでいたカブタックの前に現れたサンタクロースの姿をした女性。本作のキーキャラクター。その正体は本物のサンタで、エピローグではカブタックに「サンタクロースはおじいさんばかりじゃない」と教えた後、全ビーロボとデンデンローラー[1]、譲を初めとした子供たち、雪だるまに化けたトンボーグにプレゼントを配り去っていった[2]
スーパーサンタクロース人形
とある店で売っていたサンタクロースの人形が、スターピースの力で実体化した姿。厳密に言えば、このサンタはオーストラリア即ち南半球のものであり、日本が寒すぎたため、自分の環境にあった真夏に激変させてしまう(南半球と北半球は夏冬が正反対のため)。担いでいる袋から、火炎を放射する。ちなみにこのスターピース争奪の対戦内容は、1000mのスピードレース。
ブルービート、ビーファイターカブト
ブルービートは『重甲ビーファイター』の主人公で、BFカブトはその続編である『ビーファイターカブト』の主人公。Aロボ軍団の猛攻撃に苦戦するカブタックのためにキャプテントンボーグが用意したブルービートとBFカブトの人形に前述のサンタ人形のスターピースを憑依させて作り出した[3]。いずれも人間態を持たないが[4]、本人と同じ声で喋り性格も本編と同じものとなっている。
津田沼丑松(つだぬま うしまつ)
通称津田沼博士。本作の黒幕である悪の科学者。ロボット工学の権威であったが、常に自分の一歩上を進む寅彦に嫉妬しており、自分の作ったロボットでビーロボを倒し、世界征服をするという歪んだライバル心を抱くようになる。Aロボの開発に成功するが、A空間以外では力を維持できない為、世界中をA空間にすべく、スターピースを狙う。旧朝日トンネルにアジトが隠されている。
当初は寅彦に成り済まし、「ビーロボは失敗作である」と譲を騙して、彼とAロボを接触させる。譲を捕らえた後、スターピースの譲渡をカブタックに要求[5]した上、現れたカブタックにAロボ軍団を差し向ける。だが、ビーロボ連合とビーファイターの加勢に加え、別行動を取っていたシャークラーに譲の友情コマンダーを奪還され、カブタックのスーパーチェンジも許してしまう。Aロボが倒された後、最後の手段でアジトを自爆させて自殺しようとするが、ブルービートとビーファイターカブトに連れ出されて生存。その後、号泣しながら警察に逮捕されていった。
カブタック本編の主要人物が中央本線(中央線)の駅名を苗字に充てているのに対し、彼の苗字はその中央線と各駅停車で直通している総武本線(総武線)の津田沼駅からきている。
アースドラゴン
紺色の竜の姿をしたAロボ。エリート面した傲慢な性格のリーダーだが、それに見合うだけの力はある。手からミサイルを発射。胸部には、モニターが備わっている。
彼を初めとしたAロボは基本的にビーロボの性能を上回るスペックを持ち、A空間では10倍のパワーを発揮できるが、A空間以外では力を維持できないのが欠点。スカイハイとシーガイアとの共通能力として、空間移動を行える。
スターピース争奪戦においては、力を過信していたのが災いして、エネルギー切れで敗北してしまった。直後、津田沼の命により譲を拉致し、カブタックたちをAロボ空間で迎え撃つ。
合体アースドラゴン
アースドラゴンがスカイハイとシーガイアとアトミック合体した姿。両腕が武器となって背中に翼が現れ、超高速回転した分身体を敵にぶつけるアトリックハリケーンという技が使える。3大カブトヒーローに追い詰められた際にこの姿となるが、3大カブトヒーローの必殺技に倒された。
スカイハイ
黄色い猛禽類の姿をしたAロボ。口数は少なく、アースドラゴンの補佐を務めることが多い。ビーファイター参戦直後は、ビーファイターカブトと交戦。
シーガイア
白いイカの姿をした女性型Aロボ。好戦的で冷酷。伸縮する触手や剣で攻撃する。ビーファイター参戦直後は、ブルービートと交戦。
量産型Aロボ
ゴキブリの姿をした量産型Aロボ。蔵之助と小百合にも倒される程、戦闘能力は低いが、物量で補っている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スカイハイ、シーガイアは未クレジット。

スーツアクター[編集]

音楽[編集]

主題歌
オープニングテーマ「清く正しくカブタック」
作詞:八手三郎 / 作曲、編曲:石川恵樹 / 歌:草尾毅
エンディングテーマ「ビーロボはぼくらの仲間」
作詞:山田隆司 / 作曲、編曲:樫原伸彦 / 歌:草尾毅
挿入歌
「スーパーチェンジ! カブタック」
作詞:大賀玉之輔 / 作曲:渡辺宙明 / 歌:草尾毅 / 台詞:二見一樹
重甲ビーファイター
作詞:阿木燿子 / 作曲:宇崎竜童 / 編曲:石田勝範 / 歌:石原慎一

脚注[編集]

  1. ^ デンデンローラーはAロボとの決戦には参加しなかった。
  2. ^ この時、コブランダーにプレゼントされた金色のハリセンは後に本編でも使用されている。
  3. ^ カブタックは最初、トンボーグが助っ人と思っていたが、トンボーグは「私は審判ゆえに戦えない」と返答している。
  4. ^ 予告編のみ甲斐拓也や鳥羽甲平が出演する新撮シーンがある。
  5. ^ 譲渡に向かう前、カブタックは高円寺夫妻に譲が誘拐されたことは告げず、「蔵之助の家に泊まる」と秘密にしていた。

関連項目[編集]