西園悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西園 悟(にしぞの さとる、1962年4月28日[1] - )は、日本男性脚本家鹿児島県鹿児島市出身[1]。血液型はA型[1]

来歴[編集]

鹿児島県立甲南高等学校を経て早稲田大学法学部卒業[1]後、日本公文教育研究会勤務を経て脚本家となる。1989年にアニメ脚本家デビュー[1]。主にアニメ作品の脚本を執筆している。1996年9月にニフティサーブに関する書籍『NIFTY-Serveのはまり方』をNTT出版から出している(ISBN 978-4871884631)。

作品リスト[編集]

アニメ[編集]

1989年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
  • NEEDLESSシリーズ構成・脚本)
2010年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2020年

特撮[編集]

1997年
1998年
1999年
2000年
2001年

ゲーム[編集]

2004年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 自己紹介”. 西方楽園 (2003年9月14日). 2022年7月2日閲覧。
  2. ^ B型H系 : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月17日閲覧。
  3. ^ 「ガイストクラッシャー」 テレビ東京系6局10月放送開始、ゲームとマンガ連動大型企画”. アニメ!アニメ! (2013年8月2日). 2021年10月10日閲覧。
  4. ^ Dotism (2017年8月28日). “EBS 몬카트 스탭롤 및 예고”. ルリウェブ. 2020年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]