プリズン・ブレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリズン・ブレイク
Prison Break logo.png
ジャンル アクションスリラードラマ
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 FOX
監督 ポール・シェアリング
出演者 ウェントワース・ミラー
音声 サラウンド
PRISON BREAK Season1
放送時間 月曜日20:00 - 21:00(ET)(43分)
放送期間 2005年8月29日 - 2006年5月15日(22回)
外部リンク 20世紀フォックス オフィシャルサイト
PRISON BREAK Season2
放送時間 月曜日20:00 - 21:00(ET)(43分)
放送期間 2006年8月21日 - 2007年4月2日(22回)
外部リンク 20世紀フォックス オフィシャルサイト
PRISON BREAK Season3
放送時間 月曜日20:00 - 21:00(ET)(43分)
放送期間 2007年9月17日 - 2008年2月18日(13回)
外部リンク 20世紀フォックス オフィシャルサイト
PRISON BREAK The Final Season
放送時間 月曜日21:00 - 22:00(ET)(43分)
放送期間 2008年9月1日 - 2009年5月15日(22回)
外部リンク 20世紀フォックス オフィシャルサイト
PRISON BREAK The Final Break
放送期間 2009年5月24日
外部リンク 20世紀フォックス オフィシャルサイト
テンプレートを表示

プリズン・ブレイク』(Prison Break)は、アメリカFOX製作で、世界各国で放映されているサスペンスドラマ海外ドラマ)である。アメリカでの本放送は2005年8月29日に開始し以降シーズン4まで放送[1]、さらに2009年5月24日に放送されたファイナル・ブレイクで完結した[2]

2017年初旬に9話構成の新シリーズが放送予定[3][4]

作品解説[編集]

最初にプリズン・ブレイクがFOXテレビで企画に上がったのは2003年大脱走パピヨンショーシャンクの空にのような脱獄ものをドラマでやりたいと希望したが[誰?]、FOXテレビがこの長期化しそうなシリーズに不安を感じ、棚上げとなった。その後、全10話程度の短い期間のシリーズドラマとしてスティーヴン・スピルバーグブルース・ウィリス等が興味を示したが、実現されなかった。

進展があったのは2004年。『24 -TWENTY FOUR-』や『LOST』のような、いわゆる「連ドラ」形式のテレビドラマシリーズが大好評を得たことでFOXネットワークは方向転換し、製作に入った。

FOXは、アメリカ国内で大規模な広告キャンペーンを展開し、初回プレミア放送で1,050万の視聴者を獲得した。初日は第1話と第2話連続で放映し、その週のニールセン調査ではアメリカにおいて7番目の視聴率だった。毎週平均1,000万人の視聴者を集めていて、2005年秋のアメリカ新番組をリードした。夏期月曜枠ドラマでは『メルローズ・プレイス』や『アリー my Love』等の人気作品以来のヒット作品で、1998年9月以来の成功作となった。また、日本では『24 -TWENTY FOUR-』や『LOST』と並び『三大海外ドラマ』のひとつとして人気を博している[5]

当初は13のエピソードのみ計画されたが、その人気により9つのエピソードが追加された。アメリカでは最初の13のエピソードは2005年8月から同年11月まで放映し、残り9つは2006年3月から同年5月まで放映された。ただその為か、ストーリーに一部辻褄の合わない箇所が発生した。

物語はさらに続き、シーズン7まで製作される予定だった。しかし、若者のテレビ離れが加速したことと、脚本の無理な引き延ばしをしたことによって、視聴者数はシーズン1から減り続けており、2007年-2008年全米脚本家組合ストライキ[6]以降のシーズン4の平均視聴者数は500万人とシーズン1(1210万人)の半分以下を記録、2009年1月13日FOXはシーズン4での打ち切りを発表した[7]

シーズン1の撮影はイリノイ州ジョリエット刑務所でのロケがメインで行われている。

オーストラリアでは、民放テレビ局であるSeven Networkでも大きな宣伝活動を背景に2006年2月1日に放映された。209万人の視聴者をピークに平均194万人視聴者を獲得している。

日本では、2006年5月11日より発売・レンタルが開始され、同年10月より日本テレビ系列24局(放送時間は各局別)で放送開始となった。

スピンオフの『ブレイクアウト・キング』が放送された。

あらすじ[編集]

シーズン1[編集]

副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けたリンカーン・バローズ。主人公マイケル・スコフィールドは兄リンカーンの無実を信じ、刑執行から救い出すために綿密な計画を備え、自身の体に刑務所の設計図を模したタトゥーをいれる。

銀行強盗を犯し、目論見通り実刑が確定したマイケルは、リンカーンが収容され、また自身が改修工事の際に携わった重警備のフォックスリバー刑務所への収監を希望。兄弟での脱獄を企てる。

シーズン2[編集]

フォックスリバー刑務所から8人の囚人が脱獄した。「フォックスリバー8」と呼ばれる彼らはそれぞれ愛する者のため、また己の欲のため、逃亡を続ける。

その一方ではFBIが動き出していた。アレクサンダー・マホーン捜査官はその天才的な頭脳を駆使し、着実に逃亡者たちを追い詰めていく。更に彼の裏でマイケルら兄弟を始末すべく、組織が暗躍する。

シーズン3[編集]

パナマのSONA刑務所に収監されたマイケル。そこには一年前の暴動以来看守が存在しておらず、軍がその周囲を包囲しているだけの荒廃した刑務所だった。極悪人のはびこるその刑務所から生きて出られたものは誰一人とて存在していない。入ったら最後、生きて出ることは不可能と言われていた。

収監されたマイケルはカンパニーに「ジェームズ・ウィスラー」なる囚人を連れて脱獄するよう命令を受ける。期間は一週間。それまでに脱獄しなければ人質の身とされたLJとサラを殺すと脅されてしまう。

シーズン4(ファイナル・シーズン)[編集]

物語の前半では、ホームランドセキュリティのエージェント、ドンセルフの指示の下、マイケルらは、カンパニーから「スキュラ(Scylla)」と呼ばれるデータカードを奪うため、カンパニー幹部メンバーが持つデータカードをひとつずつ盗んでいく。スキュラの獲得成功後、ドンセルフが、スキュラを売るためにマイケル達を利用していたことが判明。スキュラを失ったカンパニーは、脳の病気を患っていたマイケルを治療する代わりに、リンカーン達にスキュラの奪還を命じた。スキュラを巡る争いには、以前カンパニーのメンバーだったマイケル達の母親がカンパニーの敵として登場。争いの中、スキュラは、再生可能なエネルギー技術のデータであることが分かる。最後にマイケル達は、スキュラの奪還に成功し、カンパニーや母親に渡すことなく、全員無罪放免となることとなる。4年後、死去したマイケルの墓を仲間たちが訪れたところで物語は幕を閉じる。

ファイナル・ブレイク[編集]

ファイナル・シーズンのラストシーンでの空白の4年間を描く。スキュラ奪還計画が終了し、自由を得たマイケル達。そこでマイケルとサラが結婚式を挙げる。みんなで宴を楽しんでいる最中、突然警察によってサラがクリスティーナを殺害した容疑で拘束されてしまう。女子刑務所内でサラが命を狙われていると知ったマイケルは命がけでサラを救出する為の最後の脱獄計画を練るが、マイケルもまた病魔に侵されていた。

シーズン5[編集]

物語は、ファイナル・ブレイクのラストシーンで、マイケルが亡くなった7年後から始まる。

ある日、フォックスリバー刑務所からティーバッグが出所する。その際、看守から手渡された封筒には、マイケルの写真が入れられていた。リンカーンはティーバッグから写真を入手し、シーノートの協力を得て、マイケルがイエメンの『オギュギア刑務所』に収監されていることを知る。一方ティーバッグは謎の人物"オウティス"から電子義手の手術を受ける。リンカーンは事実を確かめるため、シーノートと共にイエメンに向かう。そこは過激派組織によるテロが頻発する、内戦で崩壊寸前の国だった。中東を舞台に新たな脱獄が始まる。

登場人物(キャスト)[編集]

マイケル・スコフィールド
演:ウェントワース・ミラー、吹替:東地宏樹
元建築技師。死刑執行を待つ無実の兄を助けるため、全身に刑務所の地図を模したタトゥーを入れている。銀行強盗をして捕まり刑務所内へ潜入。脱獄、国外逃亡までの緻密な計画を立てる。刑期は5年。『潜在制止の機能障害』(low-latent inhibition)という脳の先天障害と200近いIQが組み合わさったことで生まれた天才。またその副作用として自分のことより他人の幸せを第一に考えるパーソナリティが育まれている。
リンカーン・バローズ
演:ドミニク・パーセル、吹替:江川央生
マイケルの兄。喧嘩っぱやく直情的だが弟や息子との絆を大切にしている。副大統領の弟ステッドマン殺害を命じられ、思いとどまるも、カンパニーの工作により逮捕。殺人容疑で死刑を言い渡される。親しい人からはリンカーンの愛称「リンク」で呼ばれ、刑務所内では「リンク・ザ・シンク」("キッチンのシンク以外は何でも武器にする程凶暴な男"の意)の通り名で一目置かれている。
サラ・タンクレディ
演:サラ・ウェイン・キャリーズ[8][9][10]、吹替:本田貴子
州知事の愛娘で、フォックスリバー刑務所の女性医師。友人の少ない、孤独を好む女性。元薬物中毒者という過去を持つも、医師という仕事に誇りを持ち、相手が囚人だろうと決して軽んじることなく勤勉に仕事をこなす。マイケルの診察を担当、やがて互いに惹かれあうようになる。ベリックに誘われてフォックスリバーに来た。
フェルナンド・スクレ
演:アマウリー・ノラスコ[11][12]、吹替:西凜太朗
気のいいプエルトリコ人。刑期は5年。マイケルの同房者であり、かつ親友。酒屋に強盗に入ったところを現行犯逮捕。当初はマイケルの脱獄計画を迷惑だと思い関わりを拒むも、自分の子を妊娠している恋人の心変わりを恐れ、16ヶ月後の仮釈放が待ちきれずに参加する。
ベンジャミン・マイルズ・フランクリン 通称“シーノート”
演:ロックモンド・ダンバー[13][12]、吹替:武虎
通称“シーノート”。"C-note" とはベンジャミン・フランクリンが描かれた『100ドル紙幣』を意味するスラング。
刑務所内でさまざまな物を調達する黒人集団の一人。入所前はイラク駐留陸軍の軍人だったが、その際米軍による捕虜虐待を目の当たりにし、公表しようとした。しかし、その強い正義感が災いし不名誉除隊処分に。やむなく違法行為に手を染め、盗品所持の罪で逮捕されてしまう。刑期は8年。家族にはまだイラクに駐留していると嘘をつき続けている。マイケルから調達を頼まれていくうちに脱獄計画に気づいて無理やり参加した。
セオドア・バッグウェル 通称“ティーバッグ”
演:ロバート・ネッパー[14][13][12]、吹替:若本規夫
"T-bag" は "Theodore Bagwell" の略なのだが、ある種の性行為を意味するスラングでもある。
幼女と少年6人をレイプし殺害して終身刑となり服役。殺害後にレイプした事もあるという。サディスティックな両性愛者で、目的の為にはどんな犠牲も厭わぬ危険な性格。何度となく危機に陥るが、持ち前の狡猾さと悪運で生き延びる。
なお、ブレイクアウト・キングという別のドラマにも脱獄囚として登場する。
ブラッド・ベリック
演:ウェイド・ウィリアムズ、吹替:林一夫
フォックスリバー刑務所刑務長で、所内の実質的な管理者。マフィアから賄賂を受けたり囚人に対し虐待を行うなど陰で違法行為をしている。マイケルに対し、入所当時から目を光らせている。独身で母親と二人暮らし。
ポール・ケラーマン
演:ポール・アデルスタイン[15]、吹替:内田聡明
レイノルズ副大統領の専属として15年付き従う、シークレットサービスのエージェント。実直に彼女に仕え、命令を受けてベロニカたちの命を狙うも失敗続きの為、その地位が危ぶまれている。又、本職はアメリカ合衆国シークレットサービスだが、表向きの顔としてオーウェン・クラベッキという偽名を使っており、裏職では干し肉(バッファロー)の加工食品の地方販売部長だと名乗っている。10歳年下の妹がいる。
アレクサンダー・マホーン
演:ウィリアム・フィクナー、吹替:横島亘
脱獄犯「フォックスリバー8」追跡捜査の指揮を執るFBIの敏腕捜査官。マイケルに比肩する天才。十分な裏付けをとらずに捜査の方向性を決定する性格を問題視されるが、その判断は鋭く間違いがない。オスカー・シェールズを殺害してから幻覚に悩まされて、バラトリールといわれる精神安定剤を常用している。

エピソード一覧[編集]

シーズン一覧[編集]

シーズン エピソード 米国での放送日
初回 最終回
1 22 2005年8月29日 (2005-08-29) 2006年5月15日 (2006-5-15)
2 22 2006年8月21日 (2006-08-21) 2007年4月2日 (2007-4-2)
3 13 2007年9月17日 (2007-09-17) 2008年2月18日 (2008-2-18)
4 24 2008年9月1日 (2008-09-01) 2009年5月15日 (2009-5-15)
5 9[16] 2017年4月4日 (2017-04-04) 2017年5月30日 (2017-5-30)[16]

シーズン1 (2005年 - 2006年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 1 マイケル Pilot ブレット・ラトナー 2005年8月29日 (2005-08-29) 1,051[17]
2 2 アレン Allen Michael W. Watkins
3 3 セルテスト Cell Test Brad Turner 2005年9月5日 (2005-09-05) 849[18]
4 4 腐食 Cute Poison Matt Earl Beesley 2005年9月12日 (2005-09-12) 915[19]
5 5 イングリッシュ、フィッツ、パーシー English, Fitz or Percy Randall Zisk 2005年9月19日 (2005-09-19) 796[20]
6 6 悪魔の孔(あな): Part 1 Riots, Drills and the Devil: Part 1 ロバート・マンデル 2005年9月26日 (2005-09-26) 855[21]
7 7 悪魔の孔(あな): Part 2 Riots, Drills and the Devil: Part 2 Vern Gillum 2005年10月3日 (2005-10-03) 948[22]
8 8 ルート66 The Old Head ジェイス・アレクサンダー 2005年10月24日 (2005-10-24) 1,012[23]
9 9 トゥイーナー Tweener Matt Earl Beesley 2005年10月31日 (2005-10-31) 901[24]
10 10 策士 Sleight of Hand ドワイト・H・リトル 2005年11月7日 (2005-11-07) 806[25]
11 11 7人の壁 And Then There Were 7 Jesús Salvador Treviño 2005年11月14日 (2005-11-14) 958[26]
12 12 邪魔者は殺せ Odd Man Out ボビー・ロス 2005年11月21日 (2005-11-21) 1,008[27]
13 13 決行! End of the Tunnel Sanford Bookstaver 2005年11月28日 (2005-11-28) 1,218[28]
14 14 密告者 The Rat ケヴィン・フックス 2006年3月20日 (2006-03-20) 928[29]
15 15 計画変更 By the Skin and the Teeth Fred Gerber 2006年3月27日 (2006-03-27) 1,007[30]
16 16 フォックスリバーへの道 Brother's Keeper グレッグ・ヤイタネス 2006年4月3日 (2006-04-03) 810[31]
17 17 J-CAT J-Cat ガイ・ファーランド 2006年4月10日 (2006-04-10) 812[32]
18 18 ブラフ Bluff ジェイス・アレクサンダー 2006年4月17日 (2006-04-17) 818[33]
19 19 The Key セルジオ・ミミカ=ゲッザン 2006年4月24日 (2006-04-24) 863[34]
20 20 トゥナイト Tonight ボビー・ロス 2006年5月1日 (2006-05-01) 854[35]
21 21 壁の向こうへ… Go Dean White 2006年5月8日 (2006-05-08) 913[36]
22 22 脱出! Flight ケヴィン・フックス 2006年5月15日 (2006-05-15) 1,024[37]

シーズン2 (2006年 - 2007年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
23 1 逃亡者たち Manhunt ケヴィン・フックス 2006年8月21日 (2006-08-21) 937[38]
24 2 オーチス Otis ボビー・ロス 2006年8月28日 (2006-08-28) 944[39]
25 3 スキャン Scan ブライアン・スパイサー 2006年9月4日 (2006-09-04) 929[40]
26 4 罠の代償 First Down ボビー・ロス 2006年9月11日 (2006-09-11) 896[41]
27 5 ダブルK農場 Map 1213 Peter O'Fallon 2006年9月18日 (2006-09-18) 955[42]
28 6 再会 Subdivision Eric Laneuville 2006年9月25日 (2006-09-25) 841[43]
29 7 埋蔵金 Buried セルジオ・ミミカ=ゲッザン 2006年10月2日 (2006-10-02) 899[44]
30 8 デッド・フォール Dead Fall ヴィンセント・ミシアーノ 2006年10月23日 (2006-10-23) 853[45]
31 9 シークレット・ガーデン Unearthed ケヴィン・フックス 2006年10月30日 (2006-10-30) 894[46]
32 10 めぐり逢い Rendezvous ドワイト・H・リトル 2006年11月6日 (2006-11-06) 863[47]
33 11 ボリショイ・ブーズ Bolshoi Booze グレッグ・ヤイタネス 2006年11月13日 (2006-11-13) 921[48]
34 12 家族の肖像 Disconnect カレン・ガヴィオラ 2006年11月20日 (2006-11-20) 962[49]
35 13 反撃開始! The Killing Box ボビー・ロス 2006年11月27日 (2006-11-27) 962[50]
36 14 想定外 John Doe ケヴィン・フックス 2007年1月22日 (2007-01-22) 986[51]
37 15 メッセージ The Message ボビー・ロス 2007年1月29日 (2007-01-29) 990[52]
38 16 シカゴへ… Chicago ジェシー・ボチコー 2007年2月5日 (2007-02-05) 1,012[53]
39 17 血の輪廻 Bad Blood Nelson McCormick 2007年2月19日 (2007-02-19) 955[54]
40 18 帳消し Wash ボビー・ロス 2007年2月26日 (2007-02-26) 942[55]
41 19 女王蜂 Sweet Caroline ドワイト・H・リトル 2007年3月5日 (2007-03-05) 972[56]
42 20 パナマ Panama ヴィンセント・ミシアーノ 2007年3月19日 (2007-03-19) 840[57]
43 21 逆転 Fin Del Camino ボビー・ロス 2007年3月26日 (2007-03-26) 824[58]
44 22 SONA Sona ケヴィン・フックス 2007年4月2日 (2007-04-02) 812[59]

シーズン3 (2007年 - 2008年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
45 1 ようこそジャングルへ Orientación ケヴィン・フックス 2007年9月17日 (2007-09-17) 751[60]
46 2 第三の男 Fire/Water ボビー・ロス 2007年9月24日 (2007-09-24) 741[61]
47 3 望みなき者 Call Waiting Milan Cheylov 2007年10月1日 (2007-10-01) 729[62]
48 4 フェンス Good Fences Michael Switzer 2007年10月8日 (2007-10-08) 735[63]
49 5 作戦開始 Interference カレン・ガヴィオラ 2007年10月22日 (2007-10-22) 744[64]
50 6 3時13分 Photo Finish ケヴィン・フックス 2007年11月5日 (2007-11-05) 769[65]
51 7 オオカミ少年 Vamonos ヴィンセント・ミシアーノ 800[65]
52 8 強行突破 Bang & Burn ボビー・ロス 2007年11月12日 (2007-11-12) 718[66]
53 9 籠のトリ Boxed In Craig Ross, Jr. 2008年1月14日 (2008-01-14) 787[67]
54 10 裏切り者に死を Dirt Nap Michael Switzer 2008年1月21日 (2008-01-21) 781[68]
55 11 7人の夜 Under and Out グレッグ・ヤイタネス 2008年2月4日 (2008-02-04) 735[69]
56 12 天国と地獄 Hell or High Water ケヴィン・フックス 2008年2月11日 (2008-02-11) 784[70]
57 13 駆引きの行方 The Art of the Deal Nelson McCormick 2008年2月18日 (2008-02-18) 740[71]

シーズン4 (2008年 - 2009年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
58 1 スキュラ Scylla ケヴィン・フックス 2008年9月1日 (2008-09-01) 653[72]
59 2 オデュッセイア Breaking & Entering ボビー・ロス
60 3 シャットダウン Shut Down Milan Cheylov 2008年9月8日 (2008-09-08) 636[73]
61 4 ワシと天使 Eagles & Angels Michael Switzer 2008年9月15日 (2008-09-15) 579[74]
62 5 金庫破り Safe & Sound カレン・ガヴィオラ 2008年9月22日 (2008-09-22) 584[75]
63 6 チームプレー Blow Out ブライアン・スパイサー 2008年9月29日 (2008-09-29) 528[76]
64 7 ハードウェイ Five the Hard Way Garry A. Brown 2008年10月6日 (2008-10-06) 537[77]
65 8 代償 The Price ボビー・ロス 2008年10月20日 (2008-10-20) 545[78]
66 9 大いなる成就 Greatness Achieved ジェシー・ボチコー 2008年11月3日 (2008-11-03) 523[79]
67 10 レジェンド The Legend ドワイト・H・リトル 2008年11月10日 (2008-11-10) 538[80]
68 11 賽は投げられた Quiet Riot ケヴィン・フックス 2008年11月17日 (2008-11-17) 552[81]
69 12 セルフレス Selfless Michael Switzer 2008年11月24日 (2008-11-24) 525[82]
70 13 裏切りの応酬 Deal or No Deal ボビー・ロス 2008年12月1日 (2008-12-01) 584[83]
71 14 取引の極意 Just Business マーク・ヘルフリッチ 2008年12月8日 (2008-12-08) 540[84]
72 15 記憶の中で Going Under カレン・ガヴィオラ 2008年12月15日 (2008-12-15) 537[85]
73 16 マイアミ The Sunshine State ケヴィン・フックス 2008年12月22日 (2008-12-22) 498[86]
74 17 The Mother Lode Jonathan Glassner 2009年4月17日 (2009-04-17) 334[87]
75 18 VS VS. ドワイト・H・リトル 2009年4月24日 (2009-04-24) 306[88]
76 19 S.O.B. S.O.B. Garry A. Brown 2009年5月1日 (2009-05-01) 320[89]
77 20 攻防戦 Cowboys & Indians Milan Cheylov 2009年5月8日 (2009-05-08) 299[90]
78 21 究極の選択 Rate of Exchange ボビー・ロス 2009年5月15日 (2009-05-15) 332[91]
79 22 決着! Killing Your Number ケヴィン・フックス
80 23 ファイナル・ブレイク: 前編 The Old Ball and Chain Brad Turner 2009年5月27日 (2009-05-27) N/A
81 24 ファイナル・ブレイク: 後編 Free ケヴィン・フックス

シーズン5 (2017年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
82 1 死者からの手紙 Ogygia ネルソン・マコーミック 2017年4月4日 (2017-04-04) 383[92]
83 2 光の首長 Kaniel Outis マヤ・ヴルヴィロ 2017年4月11日 (2017-04-11) 318[93]
84 3 The Liar マヤ・ヴルヴィロ 2017年4月18日 (2017-04-18) 244[94]
85 4 囚人のジレンマ The Prisoner's Dilemma ガイ・ファーランド 2017年4月25日 (2017-04-25) 275[95]
86 5 迷走 Contingency ガイ・ファーランド 2017年5月2日 (2017-05-02) 235[96]
87 6 砂漠の果て Phaecia ケヴィン・タンチャローエン 2017年5月9日 (2017-05-09) 237[97]
88 7 再会 Wine Dark Sea ケヴィン・タンチャローエン 2017年5月16日 (2017-05-16) 241[98]
89 8 DNA Progeny[99] ネルソン・マコーミック 2017年5月23日 (2017-05-23) 190
90 9 瞳の奥 Behind the Eyes[100] ネルソン・マコーミック 2017年5月30日 (2017-05-30) 230

特別番組[編集]

Behind The Walls[編集]

アメリカでは、シーズン1第7話終了後の2005年10月11日に特別編"Behind The Walls"を放映した。

内容は、プリズン・ブレイク第7話までのストーリーの要約や特別のエピソード、主な出演者による解説であった。

ウェントワース・ミラーおよびドミニク・パーセルは「彼らの役であるマイケル・スコフィールドとリンカーン・バローズの関係」や「マイケルの計画に不可欠なタトゥーに」ついて語った。ロバート・ネッパー、ピーター・ストーメアおよびウェイド・ウィリアムズはそれぞれ「ティーバッグ、アブルッチおよびベリックの悪党としての役割」。アマウリー・ノラスコ、ステイシー・キーチおよびミューズ・ワトソンは「良き仲間としての役割」。ロビン・タニーおよびサラ・ウェイン・キャリーズは「ベロニカ・ドノバンおよびサラ・タンクレディーとしての役割」。マーシャル・オールマンは「LJおよび家族の愛」を語った。各キャストは実際に存在する刑務所で撮影する重要性を強調し、将来のエピソード上の予測を語った。

The Road to Freedom[編集]

これもアメリカでの話であるが、シーズン2第13話終了後の2007年1月8日に特別編"The Road to Freedom"を放映した。

内容は、シーズン2の第1話から第13話までのストーリーの要約や特別のエピソードである。今回も主な出演者のインタビューがあり、シーズン2で初登場のマホーン役であるウィリアム・フィクトナーや、人気急上昇のヘイワイヤー役であるサイラス・ウィアー・ミッチェルも登場している。

Access All Areas[編集]

アメリカでは、シーズン3第2話の放送前日、2007年9月23日に特別編"Access All Areas"を放映した。

演出[編集]

ロケ地[編集]

シーズン1で主なロケ地となったジョリエット刑務所

プリズン・ブレイクのシーズン1のほとんどはジョリエット刑務所の中で撮影された。外部の場面は、イリノイ州ジョリエットウッドストック及びシカゴ近郊地域で撮影された。他では、シカゴ・オヘア国際空港カナダオンタリオ州トロント等があった。

シーズン2の撮影は2006年6月15日テキサス州ダラスで再開した。

スタッフ[編集]

挿入曲の一覧[編集]

シーズン1[編集]

各話 邦題
2 アレン
  • "Willing To Die" by Black Toast Music
  • "This Is War" by Black Toast Music
5 イングリッシュ、フィッツ、パーシー
6
7
8
悪魔の孔part1
悪魔の孔part2
ルート66
11 七人の壁
  • "Sweet Emotion" by Aerosmith
  • "After Dark" by Tito and the Tarantulas
13 決行!
18 ブラフ
20 トゥナイト

シーズン2[編集]

各話 邦題
3 (25) スキャン
4 (26) 罠の代償
5 (27) ダブルK農場
6 (28) 再会
8 (30) デッド・フォール
10 (32) めぐり逢い
11 (33) ボリショイ・ブーズ
16 (38) シカゴへ…

シーズン3[編集]

各話 邦題
1 (45) ようこそジャングルへ
4 (48) フェンス
  • "Shocking Blue" by Venus
8 (52) 強行突破
10 (54) 裏切り者に死を
13 (57) 駆引きの行方

用語[編集]

フォックスリバー刑務所
マイケルが入っている刑務所。賄賂など腐敗している。マイケルは、改修工事の際ここの設計に携わった。
カンパニー
マイケルと敵対している組織。その規模は巨大で、各界の重鎮や資産家等もメンバーであり、それとは別の工作員も多数抱えている。
データ
組織の録音データで、リンカーンをハメた証拠となる品。
ダブルK農場
ウエストモアランドが500万ドルを埋めたとされるユタ州トゥエレにある農場。
ゴシキヒワ・ドット・ネット
フォックスリバー刑務所を脱獄後に、マイケルたちが連絡を取り合ったインターネット掲示板
SONA刑務所
シーズン2の終盤に登場し、シーズン3の舞台となるパナマの刑務所で、かつての暴動以来看守がいない真の無法地帯。リーダー格の囚人・麻薬王ルチェロが仕切っている。実在したブラジル・サンパウロカランジル刑務所がモデルとされている。
鳥の本
ウィスラーが持っている鳥の図鑑。何か重要なことを示す暗号が書かれているらしいが・・・。
スキュラ
ファイナル・シーズンにて争奪されるキーアイテム。当初は組織の機密情報だと思われたが・・・。
GATE社
ティーバッグがコール・ファイファーの名を騙り潜入した会社。
デイド刑務所
サラ、グレッチェン、ティーバック、クランツが入れられたマイアミの刑務所。



[編集]

受賞[編集]

ノミネート[編集]

リリース[編集]

DVD[編集]

シーズン1
  • 2006年05月11日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.1 (FOX) 第1話・第2話収録
  • 2006年06月16日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.2~7(DVDコレクターズ・ボックス1) (FOX) 第3話~第13話収録
  • 2006年12月16日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.8~12(DVDコレクターズ・ボックス2) (FOX) 第14話~第22話収録
  • 2007年04月27日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.1~12(DVDコレクターズ・ボックス) (FOX) 第1話~第22話収録
  • 2010年05月28日 プリズン・ブレイク シーズンI(DVDコンパクト・ボックス) (FOX) 全話収録
  • DVDレンタル開始日
    • 2006年05月11日 vol.1~3(第1話~第6話)
    • 2006年06月02日 vol.4~5(第7話~第10話)
    • 2006年06月16日 vol.6~7(第11話~第13話)
    • 2006年12月02日 vol.8~10(第14話~第19話)
    • 2006年12月16日 vol.11~12(第20話~第22話)
シーズン2
  • 2007年6月02日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.1~7(DVDコレクターズ・ボックス1) (FOX) 第1話~第13話収録
  • 2007年9月14日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.8~12(DVDコレクターズ・ボックス2) (FOX) 第14話~第22話収録
  • 2008年7月02日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.1~12(DVDコレクターズ・ボックス) (FOX) 第1話~第22話収録
  • 2010年8月04日 プリズン・ブレイク シーズンII(DVDコンパクト・ボックス) (FOX) 全話収録
  • DVDレンタル開始日
    • 2007年5月02日 vol.1~2(第1話~第4話)
    • 2007年5月19日 vol.3~4(第5話~第8話)
    • 2007年6月02日 vol.5~7(第9話~第13話)
    • 2007年8月04日 vol.8~10(第14話~第17話)
    • 2007年8月25日 vol.11~12(第18話~第22話)
シーズン3
  • 2008年8月13日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol.1~7(DVDコレクターズ・ボックス) (FOX) 第1話~第13話収録
  • 2010年8月04日 プリズン・ブレイク シーズンIII(DVDコンパクト・ボックス) (FOX) 全話収録
  • DVDレンタル開始日
    • 2008年7月02日 vol.1~3(第1話~第6話)
    • 2008年7月16日 vol.4~5(第7話~第10話)
    • 2008年8月13日 vol.6~7(第11話~第13話)
シーズン4(ファイナル・シーズン)
  • 2009年06月3日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol.1~6(DVDコレクターズ・ボックス1) (FOX) 第1話~第11話収録
  • 2009年12月2日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol.7~12(DVDコレクターズ・ボックス2) (FOX) 第12話~第22話収録
  • DVDレンタル開始日
    • 2009年05月2日 vol.1~3(第1話~第6話)
    • 2009年06月3日 vol.4~6(第7話~第11話)
    • 2009年09月2日 vol.7~8(第12話~第15話)
    • 2009年10月2日 vol.9~10(第16話~第19話)
    • 2009年11月6日 vol.11~12(第20話~第22話)
ファイナル・ブレイク
  • 2010年2月3日 プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク (FOX)
  • DVDレンタル開始日
    • 2010年2月3日 ファイナル・ブレイク

Blu-ray[編集]

シーズン1
  • 2008年07月02日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.1~6 (Blu-ray BOX) (FOX) 第1話~第22話収録
シーズン2
  • 2009年12月18日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.1~6 (Blu-ray BOX) (FOX) 第1話~第22話収録
シーズン3
  • 2009年12月18日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol.1~4 (Blu-ray BOX) (FOX) 第1話~第13話収録
シーズン4(ファイナル・シーズン)
  • 2009年12月18日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol.1~6 (Blu-ray BOX) (FOX) 第1話~第22話収録
ファイナル・ブレイク
  • 2010年02月03日 ファイナル・ブレイク (FOX)

CD[編集]

  • 2007年10月13日 プリズン・ブレイク オリジナル・TV・サウンドトラック

ノベライズ[編集]

いずれも小島由記子訳。本編と比較すると時系列や脇役の名前などが異なっていることがある。

シーズン1
  • 2006年05月11日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.1(竹書房
  • 2006年06月08日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.2(竹書房)
  • 2006年12月02日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.3(竹書房)
  • 2006年12月12日 プリズン・ブレイク シーズンI vol.4(竹書房)
シーズン2
  • 2007年04月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.1(竹書房)
  • 2007年05月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.2(竹書房)
  • 2007年06月26日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.3(竹書房)
  • 2007年07月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol.4(竹書房)
シーズン3
  • 2008年06月19日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol.1(竹書房)
  • 2008年07月10日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol.2(竹書房)
  • 2008年07月30日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol.3(竹書房)
シーズン4(ファイナル・シーズン)
  • 2009年04月23日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol.1(竹書房)
  • 2009年05月28日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol.2(竹書房)
  • 2009年08月27日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol.3(竹書房)
  • 2009年09月30日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol.4(竹書房)

公式ガイドブック[編集]

  • 2007年06月26日 プリズン・ブレイクFBI捜査ファイル(竹書房)
  • 2009年12月02日 PRISON BREAK 舞台裏の真実 (AC Books)

脚注[編集]

  1. ^ 「プリズン・ブレイク」がついに完結!ウェントワース・ミラーが語る”. 映画.com (2009年5月1日). 2016年3月27日閲覧。
  2. ^ “『プリズン・ブレイク4』は最終回じゃなかった! もうひとつのエピソードが存在”. ガジェット通信. (2009年9月22日). http://getnews.jp/archives/30118 2016年3月27日閲覧。 
  3. ^ 『プリズン・ブレイク』新シリーズ、初予告編が解禁! マイケルの脱獄劇再び”. クランクイン! (2016年5月17日). 2016年5月19日閲覧。
  4. ^ New2016~17年の新作ドラマをチラ見せ!<vol.1> ついにマイケル登場!『プリズン・ブレイク』復活版”. 海外ドラマNAVI (2016年5月18日). 2016年5月19日閲覧。
  5. ^ 『24』、『LOST』、『HEROES』 —3大海外ドラマ、最後の視聴率で勝ったのはどれ?HotTrash.com 映画ニュース 2011年1月6日
  6. ^ 「プリズン・ブレイク」シーズン4が製作決定!ウェントワース・ミラーも続投”. 映画.com (2008年3月26日). 2016年3月27日閲覧。
  7. ^ 「プリズン・ブレイク」の終了が正式決定!”. 映画.com (2009年1月15日). 2016年3月27日閲覧。
  8. ^ サラ・ウェイン・キャリーズ、『プリズン・ブレイク』復活版に出演決定!”. 海外ドラマNAVI (2016年3月14日). 2016年3月27日閲覧。
  9. ^ 「プリズン・ブレイク」新作にサラ・タンクレディ再登場!シリーズ最大の脱出計画に”. シネマトゥデイ (2016年3月16日). 2016年3月27日閲覧。
  10. ^ 「プリズン・ブレイク」続編にサラ・ウェイン・キャリーズがカムバック!”. 映画.com (2016年3月22日). 2016年3月27日閲覧。
  11. ^ 『プリズン・ブレイク』復活版、スクレの復帰も決定!”. 海外ドラマNAVI (2016年3月17日). 2016年3月27日閲覧。
  12. ^ a b c 「プリズン・ブレイク」新作にティーバッグ&スクレ&シーノートがカムバック!”. シネマトゥデイ (2016年3月23日). 2016年3月27日閲覧。
  13. ^ a b 『プリズン・ブレイク』の復活版、ティーバッグとシーノートも出演決定!”. 海外ドラマNAVI (2016年3月19日). 2016年3月27日閲覧。
  14. ^ ロバート・ネッパー  通称“ティーバッグ”  (2008年6月27日). 「プリズン・ブレイク」の不気味な囚人“ティーバッグ”にインタビュー. (インタビュー). 映画.com.. http://eiga.com/news/20080627/8/ 2016年3月27日閲覧。 
  15. ^ 『プリズン・ブレイク』復活版、あの捜査官も復帰!”. 海外ドラマNAVI (2016年3月24日). 2016年3月27日閲覧。
  16. ^ a b Shows A-Z - prison break on fox”. The Futon Critic. 2017年3月7日閲覧。
  17. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年9月7日). 2010年1月26日閲覧。
  18. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年9月13日). 2010年1月26日閲覧。
  19. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年9月20日). 2010年1月26日閲覧。
  20. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年9月27日). 2010年1月26日閲覧。
  21. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年10月4日). 2010年1月26日閲覧。
  22. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年10月11日). 2010年1月26日閲覧。
  23. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年11月1日). 2010年1月26日閲覧。
  24. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年11月8日). 2010年1月26日閲覧。
  25. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年11月15日). 2010年1月26日閲覧。
  26. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年11月22日). 2010年1月26日閲覧。
  27. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年11月29日). 2010年1月26日閲覧。
  28. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2005年12月6日). 2010年1月26日閲覧。
  29. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年3月28日). 2010年1月26日閲覧。
  30. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年4月4日). 2010年1月26日閲覧。
  31. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年4月11日). 2010年1月26日閲覧。
  32. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年4月18日). 2010年1月26日閲覧。
  33. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年4月25日). 2010年1月26日閲覧。
  34. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年5月2日). 2010年1月26日閲覧。
  35. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年5月9日). 2010年1月26日閲覧。
  36. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年5月16日). 2010年1月26日閲覧。
  37. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年5月23日). 2010年1月26日閲覧。
  38. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年8月29日). 2010年1月26日閲覧。
  39. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年9月6日). 2010年1月26日閲覧。
  40. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年9月12日). 2010年1月26日閲覧。
  41. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年9月19日). 2010年1月26日閲覧。
  42. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年9月26日). 2010年1月26日閲覧。
  43. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年10月3日). 2010年1月26日閲覧。
  44. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年10月10日). 2010年1月26日閲覧。
  45. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年10月31日). 2010年1月26日閲覧。
  46. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年11月7日). 2010年1月26日閲覧。
  47. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年11月14日). 2010年1月26日閲覧。
  48. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年11月21日). 2010年1月26日閲覧。
  49. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年11月28日). 2010年1月26日閲覧。
  50. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2006年12月5日). 2010年1月26日閲覧。
  51. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年1月30日). 2010年1月26日閲覧。
  52. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年2月6日). 2010年1月26日閲覧。
  53. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年2月13日). 2010年1月26日閲覧。
  54. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年2月27日). 2010年1月26日閲覧。
  55. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年3月6日). 2010年1月26日閲覧。
  56. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年3月13日). 2010年1月26日閲覧。
  57. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年3月27日). 2010年1月26日閲覧。
  58. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年4月3日). 2010年1月26日閲覧。
  59. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年4月10日). 2010年1月26日閲覧。
  60. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年9月25日). 2010年1月26日閲覧。
  61. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年10月2日). 2010年1月26日閲覧。
  62. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年10月9日). 2010年1月26日閲覧。
  63. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年10月16日). 2010年1月26日閲覧。
  64. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年10月30日). 2010年1月26日閲覧。
  65. ^ a b Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年11月13日). 2010年1月26日閲覧。
  66. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2007年11月20日). 2010年1月26日閲覧。
  67. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2008年1月23日). 2010年1月26日閲覧。
  68. ^ Seidman, Robert (2008年1月22日). “Overnight Results for Monday, January 21”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  69. ^ Seidman, Robert (2008年2月6日). “Nielsen Ratings Mon, Feb 4: NBC Press Release”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  70. ^ Weekly Program Rankings”. ABC Medianet (2008年2月20日). 2010年1月26日閲覧。
  71. ^ Seidman, Robert (2008年2月19日). “Nielsen Ratings for Mon Feb 18: More Monday Domination for NBC”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  72. ^ Gorman, Bill (2008年9月10日). “Top Fox Primetime Shows, September 1–7”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  73. ^ Gorman, Bill (2008年9月17日). “Top Fox Primetime Shows, September 8–14”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  74. ^ Gorman, Bill (2008年9月23日). “Top Fox Primetime Shows, September 15–21”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  75. ^ Gorman, Bill (2008年9月30日). “Top Fox Primetime Shows, September 22–28”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  76. ^ Gorman, Bill (2008年10月7日). “Top Fox Primetime Shows, September 29 – October 5”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  77. ^ Gorman, Bill (2008年10月14日). “Top Fox Primetime Shows, October 6–12”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  78. ^ Seidman, Robert (2008年10月29日). “Top Fox Primetime Shows, October 20–26”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  79. ^ Seidman, Robert (2008年11月11日). “Top Fox Primetime Shows, November 3–9”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  80. ^ Seidman, Robert (2008年11月18日). “Top Fox Primetime Shows, November 10–16”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  81. ^ Seidman, Robert (2008年11月25日). “Top Fox Primetime Shows, November 17–23”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  82. ^ Seidman, Robert (2008年12月3日). “Top Fox Primetime Shows, November 24–30”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  83. ^ Seidman, Robert (2008年12月9日). “Top Fox Primetime Shows, December 1–7”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  84. ^ Seidman, Robert (2008年12月16日). “Top Fox Primetime Shows, December 8–14”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  85. ^ Seidman, Robert (2008年12月23日). “Top Fox Primetime Shows, December 15–21”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  86. ^ Seidman, Robert (2008年12月30日). “Top Fox Primetime Shows, December 22–28”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  87. ^ Seidman, Robert (2009年4月21日). “Top Fox Primetime Shows, April 13–19”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  88. ^ Seidman, Robert (2009年4月28日). “Top Fox Primetime Shows, April 20–26”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  89. ^ Seidman, Robert (2009年5月6日). “Top Fox Primetime Shows, April 27-May 3”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  90. ^ Seidman, Robert (2009年5月12日). “Top Fox Primetime Shows, May 4–10”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  91. ^ Seidman, Robert (2009年5月19日). “Top Fox Primetime Shows, May 11–17”. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。
  92. ^ Porter, Rick (2017年4月5日). “'NCIS' and 'The Middle' adjust up: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年4月5日閲覧。
  93. ^ Porter, Rick (2017年4月12日). “‘The Middle’ adjusts up: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年4月12日閲覧。
  94. ^ Porter, Rick (2017年4月19日). “‘The Middle’ adjusts up: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年4月19日閲覧。
  95. ^ Porter, Rick (2017年4月26日). “‘The Mick’ and ‘Agents of SHIELD’ adjust up, ‘iZombie’ adjusts down: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年4月26日閲覧。
  96. ^ Porter, Rick (2017年5月3日). “‘NCIS’ and ‘The Middle’ adjust up, ‘Prison Break’ adjusts down: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月3日閲覧。
  97. ^ Porter, Rick (2017年5月10日). “‘The Voice’ adjusts up, ‘iZombie’ adjusts down: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月10日閲覧。
  98. ^ Porter, Rick (2017年5月17日). “‘NCIS’ finale and ‘Bull’ adjust up, ‘The Middle’ adjusts down: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月17日閲覧。
  99. ^ (PB-508) "Progeny"”. The Futon Critic. 2017年5月3日閲覧。
  100. ^ (PB-509) "Behind the Eyes"”. The Futon Critic. 2017年5月10日閲覧。

関連[編集]

外部リンク[編集]