沈黙の戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沈黙の戦艦
Under Siege
監督 アンドリュー・デイヴィス
脚本 J・F・ロートン
製作 アーノン・ミルチャン
スティーヴン・セガール
スティーヴン・ルーサー
製作総指揮 J・F・ロートン
ゲイリー・ゴールドスタイン
出演者 スティーヴン・セガール
トミー・リー・ジョーンズ
音楽 ゲイリー・チャン
撮影 フランク・タイディ
編集 デニス・ヴァークラー
デイヴィッド・フィンファー
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年10月9日
日本の旗 1993年5月15日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000
興行収入 $83,563,139[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$156,563,139[1] 世界の旗
次作 暴走特急
テンプレートを表示

沈黙の戦艦』(ちんもくのせんかん : Under Siege)は、1992年製作のアメリカ合衆国アクション映画

概要[編集]

スティーヴン・セガールトミー・リー・ジョーンズが競演したアクション映画。監督はアンドリュー・デイヴィス

邦題『沈黙の戦艦』は、当時ヒットしていた日本の漫画『沈黙の艦隊』に倣ったものである。原題の『Under Siege』は日本語に訳するなら“戒厳令下”の意。本作以降セガールの主演作のほとんどに『沈黙の~』の邦題が付く事となり、各映画の公開時や映像ソフト発売時に「沈黙シリーズ最新作」と謳われるまでになっていった。
なお、日本で本作の続編と謳われた『沈黙の要塞』(原題は『On Deadly Ground』)とは全く無関係の作品で、本作と一部のキャストが共通する正式な続編は『暴走特急(原題:Under Siege 2)』である。

あらすじ[編集]

退役を迎え、ハワイからアメリカ本土サンフランシスコへ向けて最後の航海に出たアメリカ海軍アイオワ級戦艦ミズーリ」。艦長・アダムス大佐のサプライズ誕生日パーティーのために、ミュージシャンやケータリング業者がヘリでこの艦を訪れた。
しかし、彼らの正体は元CIAエージェント・ストラニクス率いるテロリスト一味だった。「ミズーリ」副長・クリル中佐が一味を手引きし、艦内の警備体制をあらかじめ緩めていたのだ。一味はアダムス大佐を殺害、他の乗員たちを船倉や船室に監禁してしまう。彼らの目的は、艦に搭載されている核弾頭搭載トマホーク巡航ミサイルを奪い、ブラックマーケットへ転売することだった。

乗員の中でただ一人難を逃れたのは、クリル中佐とトラブルを起こして保冷倉庫に閉じ込められていたコック長のライバック兵曹。彼の素性は海軍特殊部隊Navy SEALs」対テロ部隊の元指揮官だった。
彼はパナマ侵攻作戦で情報の行き違いから部下を多数死傷させてしまい、当時の情報将校を殴打して降格処分になっていた。それをアダムスが不憫に思い、自分の手元に置いて、前歴を伏せたままコック長という任務に就かせていたのである。
サプライズのためにケーキの中に潜んでいた女性ダンサーのジョーダン・テートや、徐々に救出した同僚と共に、ライバックはテロリスト一味への反撃を始める。

ストラニクスは部下殺害の手際の良さやオーブンを利用した爆弾を見て、「敵」がプロであると察する。一方、クリル中佐はライバックの経歴を調べ上げると、船倉に注水して乗員たちを皆殺しにしようと画策。さらに救出隊のヘリコプターを対空ミサイルで撃墜させた。

しかしライバックも艦内のテロリストを次々に退け、さらには一味の脱出用潜水艦を故障させたうえで「ミズーリ」の主砲で撃沈。そしてストラニクスも1対1の対決の末撃破する。
すでに発射されていたトマホークも空中爆破に成功し、「ミズーリ」はようやく解放されたのだった。

登場人物[編集]

ケーシー・ライバック
主人公。「ミズーリ」のコック長で、階級は兵曹。アダムス艦長の専属コックも務める。
前歴は海軍特殊部隊「Navy SEALs」の対テロ部隊の元指揮官。パナマ侵攻までは華々しい経歴を持っていた英雄だったが、情報将校との諍いで左遷されてしまった過去を持つ。
火器を使った戦闘は勿論、ナイフや徒手による格闘技においても無類の強さを持つ戦士。食材や日用品を応用して即席の仕掛け爆弾を作る、テロリストに勘づかれないように艦内を移動するなど、工作技能、洞察力、判断力にも恵まれている。
コックとしての料理の腕前も非常に良く、艦長が気に入る料理を作れるのは自分だけだと自負している。ラミレスら厨房の同僚を始め、乗組員との仲はおおむね良好だが、制服の着用に頓着せず、上官に対して「サー」付けをするよう注意されても拒否するため士官たちからは睨まれている。また副長であるクリル中佐との対立・諍いが絶えず、彼による嫌がらせにも辟易していた。
自身がアダムス艦長のサプライズパーティーのために作っていたブイヤベースの鍋にクリル中佐が痰を吐いたことに激怒。彼を殴打したため生鮮品の保冷倉庫に閉じ込められたが、これが結果的にストラニクス一味のテロから逃れるきっかけになる。
ストラニクスの手下の襲撃を一蹴し、キッチンを脱出した後、誰もいなくなったパーティー会場で何も知らないミス・ジュライことジョーダン・テートと出会う。次いで他の仲間達も救出し、一味に反撃を開始する。
ウィリアム・ストラニクス
元・CIA工作員。今回のテロの首謀者であり、アダムス艦長の誕生日を祝うサプライズパーティーを名目に、部下たちと共にヘリで「ミズーリ」に飛来した。ロック・ミュージシャンに変装し乗組員の注意を引いて油断させ、戦艦を一気に制圧する。
性格は冷酷にして残忍。乗組員達を閉じ込めるための船室へ連行する途中、逆らって射殺された乗組員の後ろを歩いていただけの別の乗組員までも射殺して乗組員全員への脅しとするなど、狂気的な面が強い。CIA時代にもその存在を危険視したトム・ブレーカーによって暗殺されかけたが、派遣されたエージェント2人を返り討ちにした上で2人の指を切断し郵便で送るという凶行で応じた。一方で指揮官としては常に冷静で、ライバックの脅威を知ってからは部下たちに対して仲間と共に行動するよう喚起するなど、警戒を怠らない。
強いストレス下で行われるCIAの工作活動そのものや、世間で大物と目されている連中の引き起こした不始末の尻拭いに駆り出されて命を懸ける事に嫌気が差し、今回のテロ行為を実行に移した。かつて自身が撃沈を命じられたはずの北朝鮮潜水艦に「ミズーリ」艦内のミサイルを積み込んで輸送し、それらをブラックマーケットに転売することが最終目的。
ライバックらに潜水艦を撃沈された事で自棄を起こし、ホノルルへ向けてトマホークミサイルを発射。CICルームに現れたライバックに銃を突きつけ、ミサイルの爆発の瞬間を見物させようとするが、一瞬の隙を突かれて格闘戦に持ち込まれる。最後は右目を潰され、とどめに頭部をナイフで刺されて死亡した。
クリル中佐
戦艦「ミズーリ」の副長。海軍中佐。裏でストラニクスと内通しており、共に「ミズーリ」の乗っ取りを企む。ストラニクス一味が乗るヘリを「ミズーリ」に乗艦させるように手引きしたのも彼。
陰湿かつ粗暴な性格で部下への暴力・暴言が絶えず、そのあまりのひどさにアダムス艦長の勤務評価では「精神鑑定の実施を勧告する」と警告されるほどだった。ライバックの反撃に対抗するために、船倉へ閉じ込めた大勢の乗組員を水責めで溺死させようと画策するなど、残忍さはストラニクス以上である。
艦乗っ取り作戦遂行のために厨房のコック全員に食堂へ行くよう命令するが、ライバックが反抗的な態度を見せたため、腹いせに艦長用のブイヤベースに痰を吐いた。しかしそれでライバックを怒らせてしまい、彼に殴打される。これを口実に彼を営倉に放り込もうとしたが、艦長の許可がないと営倉に入れられないため、厨房の保冷倉庫に監禁した。パーティー会場では女装した姿で乗組員の警戒心を解き、アダムス艦長の自室に入った後、会場の銃声を合図に艦長を射殺する。
ライバックをただのコックだと軽く見ていたが、艦長の部屋にあった隠しファイルで彼の素性を知り驚愕。最後はストラニクスらと別れ先に潜水艦で逃げようとしたが、「ミズーリ」の主砲で潜水艦ごと吹き飛ばされた。
ジョーダン・テート
アダムス艦長の誕生日を祝うサプライズパーティーのスペシャルゲストとして、ストラニクスたちと共に「ミズーリ」へ乗艦した女優。「ミス・ジュライ」の愛称で親しまれる(演じるエリカ・エレニアックは実際にプレイメイトで、1989年度のミス・ジュライでもある)。ストラニクスたちの本性には気付いていなかった。
乗り物に弱く、クリル中佐から渡された鎮静剤を飲み過ぎて眠ってしまい、誰もいなくなったパーティー会場で作り物のケーキから飛び出したところをライバックに発見される。最初はわけもわからず泣いてばかりだったが、死線を潜る中で場慣れしていき、ライバックに協力的になる。ライバックの戦闘能力の高さを間近で見たためか、「彼の近くが一番安全」として、戦闘中はなるべく彼から離れないようにしている。
「ミュージシャンとデートしない」「人を殺さない」というルールを持っていたが、後者は危機に陥ったライバックを助けるために自ら破った。
ドーマー
ケータリング業者のウェイターに変装して、ストラニクスらと共に「ミズーリ」へ乗艦した。クリル中佐と共にアダムス艦長に近づき、とどめの銃弾を撃ち込んだ。艦内の技術的な部門はほぼ彼が掌握している。
CICルームにシャンパンを持ち込んで嗜むなど、余裕に溢れた態度で部下に指示を与えるが、ライバックの素性を知らされて驚きを露わにしたり、怒りに任せてライバックの抹殺に向かおうとするなど血気盛んな一面もある。
負傷したライバックを追い詰めて撃ち殺そうとするが、テートに背後から射殺された。
アダムス大佐
戦艦「ミズーリ」の艦長。海軍大佐。SEALsの指揮官としての立場を追われたライバックを不憫に思い、自身の戦艦の専属コックとして配属させた。
ライバックの作る料理を気に入っており、人としてもかなり信頼を置いているようで、「大統領に紹介したい」と語るほどだった。クリル中佐に関しては、前回の勤務評価の腹いせに乗組員に対して粗暴に振る舞っている事を見抜いており、新たな勤務評価では彼の事を「精神鑑定の実施を勧告する」とまで酷評、「ミズーリ」が帰港するのと同時に副艦長の職を更迭する意向を固めている。
艦長である自身の許可なくヘリを着艦させたクリル中佐を問い詰めるが、「ベイツ提督がサプライズパーティーを思い付いた」という言葉でまんまと騙されてしまい、ストラニクスとクリル中佐の計画によって戦艦を制圧された後、異変に気付くもクリル中佐に射殺されてしまう。
遺体は事件解決後に回収され、葬儀の下ライバックを含めた多数の「ミズーリ」乗組員たちより敬礼を受けた。
ベイツ提督
アメリカ海軍大将。ストラニクスらによる戦艦「ミズーリ」のハイジャックを受けて、国防総省にCIAのトム・ブレーカーを呼び寄せ、事情を聞き出した。ストラニクス自身による犯行声明を聞き、彼が何者なのかを知った上で、CIAの人物管理の杜撰さを厳しく非難した。
SEALsによる「ミズーリ」襲撃作戦が失敗した場合は、乗組員ごと「ミズーリ」を撃沈するという苦渋の選択を下す事を明言する。
ガーザ大佐
アメリカ海軍大佐。国防総省に集まった高官の中では唯一SEALs時代のライバックを知る人物であり、彼に対してSEALsの中で最優秀と太鼓判を押している。劇中において、ライバックがSEALs隊長からコックに降格した経緯も彼の口から説明される。
ライバックに対しては相当の信頼を寄せているようで、万が一ライバックがストラニクスの仲間だったらという疑問が投げかけられた時も、「人物は私が保証する」と断言した。
SEALsによる「ミズーリ」襲撃作戦を実行するに当たり、SEALsの中でも最精鋭の部隊を選んだと国防総省に集まったメンバーに説明した。
トム・ブレーカー
CIAの職員。CIA時代のストラニクスを知る人物であり、狂気的な性格のストラニクスが今後アメリカ合衆国の脅威になると考え、「クレオパトラ作戦」を急遽中止して彼の抹殺を謀ったが失敗。今回の「ミズーリ」乗っ取りを受けて、高官に対して説明に追われる羽目になる。
いい加減かつ楽観的な性格で、ストラニクスに命じた北朝鮮の潜水艦撃沈も完遂されたものだと考え、その潜水艦が今回のテロに利用されているとは思いもしなかった。また、ある高官が「万が一の時にはライバックに責任を押しつけよう」と提案した際、無責任にもこっそりと同意する態度を見せる。
最後はホノルルへの核攻撃が阻止され、沸き立つ高官たちの中でばつが悪そうにタバコをふかしていた。
テイラー少尉
クリル中佐の命令に忠実に従う士官。素直に命令に従わないライバックやラミレスたちを快く思っていない。なお、彼はクリル中佐に従っているだけであり、今回の「ミズーリ」乗っ取りには関与していない模様である。
シャドウ
H&K MP5で武装する黒人。ストラニクス直属の部下の一人で、時折ストラニクスらに報告をしていた。「ミズーリ」の乗組員を移動させている最中に反乱を起こそうと抵抗した兵士を容赦なく射殺した。
ピット
ストラニクスに雇われたエンジニア。戦艦「ミズーリ」の射撃管制装置の制御を行った。
アジア系のコマンド隊員
ピットと共にシステムの制御を行う。
ラミレス
厨房で料理を作るコックの一員。キュー・ボールと共に音楽に乗って踊るなど陽気な性格。ムードメーカー的存在で、和気藹々とした空気を作るのに一役買っている。
ライバックと特に親しい人物の一人でもあり、ライバックが保冷倉庫に閉じ込められたとも知らずに、パーティー会場に現れない彼を心配していた。ストラニクスらによる乗っ取りの後はタックマン、グレンジャー、フリッカー、ジョンソン、キャラウェイらと共に船室に閉じ込められていたが、ライバックとテートに救出され共と戦うことになる。
タックマン
ライバックの顔馴染みの洗濯屋。戦闘員ではないので武器の扱い方は知らない。臆病な性格で、ライバックと合流してからはテートと共に部屋に残って隠れていると申し出たが、誰にも賛同されないまま仕方なく戦いに身を投じる羽目になる。最後には自身が怯えていた事も忘れ、逃げようとするクリル中佐の潜水艦を見て悔しがる姿を見せた。
フリッカー
ライバックの顔馴染みの士官。ライバックが反撃を開始する際、通路の明かりを消して銃撃戦に備えた。
グレンジャー
ライバックの顔馴染みの士官。ライバックがクリル中佐による脅しの声明にも屈さず、反撃に出る姿勢を見せた時、いち早く賛同し銃を取った。
ジョンソン
ライバックの顔馴染みの士官。テイラー少尉からアダムス艦長の誕生日を祝うサプライズパーティーの事と、テートがスペシャルゲストとして登場する事を直接知らされる。
ライバックに救出された後、敵との銃撃戦で被弾してしまい、仲間の必死の手当も空しく息絶える。
キャラウェイ
「ミズーリ」最後の航海に同乗していた、老齢の退役軍人たちの一人。かつては同艦の砲手を務めていた。ライバックが救出したメンバーで唯一初対面の人物。
クリル中佐が乗る潜水艦を撃沈するため、ライバックに頼まれて主砲の操作法を仲間たちに教授する。
グリーン中佐
作戦担当の海軍中佐。艦内ではアダムス艦長、クリル中佐に次ぐ地位にある。
「ミズーリ」の偽装パーティーでストラニクスの「ここで一番位の高い者は誰だ」という問いに名乗り出たため、頭を撃ち抜かれる。これが「ミズーリ」乗っ取り開始の合図となった。
ハリス中佐
海軍中佐。黒人。「ミズーリ」の航海中、アダムス艦長に状況報告を直に行っていた。
エンジンルーム当直士官
非番ではないためパーティー中もエンジンルームにいた。ウェイターに変装したテロリストに脚を撃たれる。
スマート大尉
アダムス艦長に出航準備完了を伝えた。
バラード大尉
クリル中佐が艦長に無断でヘリを着艦させ、警備体制を緩めようとする事に難色を示していたが、逆らえずやむなく同意する。せめてもの抵抗として「日誌には『自身は頑なに反対した』と明記する」と宣言。
キュー・ボール
ライバックの顔馴染みの乗組員。ダンスが得意。
ナッシュ二等兵
ハワイから戦艦「ミズーリ」に乗艦した新米の海兵隊員。クリル中佐から保冷倉庫に閉じ込めたライバックの見張りを命じられる。異変に気付いたライバックの呼び掛けを取り合わず真面目に聞こうとしなかったが、再三に渡り聞こえた銃声に反応して、ライバックの説得もあり電話で状況確認を行おうとする。
しかし経験不足のため、電話に出たクリル中佐に言いくるめられてしまい、交代の者が来ると信じて待っていたが、ライバック抹殺のために現れたケイツとジグスに射殺されてしまう。
デヴィッド・トレントン国家安全保障問題担当補佐官
国防総省に集まった高官の一人。用心深く疑り深い性格で、様々な可能性を想定して発言する。万が一ライバックがストラニクスの仲間だった場合を考慮して、SEALsによる襲撃作戦については伝えないでおくよう提案した。
ケイツ、ジグス
ストラニクス直属の部下で、殺しのプロ。ストラニクス曰く「20人の海兵でも軽く殺せる。コックなら100人だ」とのこと。ライバックの反撃に遭いあえなく死亡。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVDBD テレビ朝日
ケーシー・ライバック兵曹 スティーヴン・セガール 玄田哲章 大塚明夫
ウィリアム・ストラニクス トミー・リー・ジョーンズ 菅生隆之 池田勝
クリル中佐 ゲイリー・ビジー 樋浦勉 金尾哲夫
ジョーダン・テート エリカ・エレニアック 伊藤美紀 松本梨香
ドーマー コルム・ミーニイ 秋元羊介 納谷六朗
アダムス艦長 パトリック・オニール 丸山詠二 大木民夫
ベイツ提督 アンディ・ロマーノ 田中信夫 阪脩
トム・ブレーカー ニック・マンキューソ 神谷和夫 若本規夫
ガーザ大佐 デイル・ダイ 丸山詠二 仁内建之
タックマン ダミアン・チャパ 中多和宏 平田広明
シャドウ エディー・ボー・スミスJr. 小関一 宝亀克寿
テイラー少尉 グレン・モーシャワー 高宮俊介 神谷和夫
ピット リチャード・ジョーンズ 伊藤和晃 小島敏彦
アジア系のコマンド隊員 ジョージ・チェン 仲野裕 田原アルノ
ラミレス レイモンド・クルス 桜井敏治 鳥畑洋人
グレンジャー トロイ・エヴァンズ 星野充昭 石波義人
フリッカー デヴィッド・マクナイト 中博史 小山武宏
ジョンソン デュアン・デイヴィス 小山武宏 田中正彦
キャラウェイ サンディ・ウォード 幹本雄之 藤本譲
ハリス中佐 バーニー・ケイシー 星野充昭 沢木郁也
グリーン少佐 ジョン・レトガー 安井邦彦
エンジン・ルーム当直士官 ジョセフ・F・コサラ 幹本雄之 峰恵研
ナッシュ二等兵 トム・ウッド 成田剣 真殿光昭
キュー・ボール リー・ヒントン
バラード大尉 マイケル・ウェルデン 仲野裕 松本大
スマート大尉 レオ・アレキサンダー 小関一 若本規夫
デヴィッド・トレントン
国家安全保障問題担当補佐官
デニス・リプスコム 宝亀克寿 岩田安生
スペルマン大佐 ドルー・アン・カールソン 野沢由香里
ケイツ トム・ミュジラ 桜井敏治 沢木郁也
ジグス ジョン・ラフリン 星野光昭 田中正彦
ダミアーニ マイケル・デス・バレス 大川透
提督の補佐官 ラルフ・ウェズリー・ケリー 篠原大作
本人(アーカイブ出演) ジョージ・H・W・ブッシュ 宮田光
ウェイヴ トム・レイノルズ 津田英三
役不明又はその他 林一夫
中村雄一
鈴木勝美
坪井智浩
荒川太朗
島香裕
翻訳 中島多恵子 平田勝茂
演出 蕨南勝之 佐藤敏夫
調整 山下裕康 兼子芳博
効果 リレーション
音響制作 相原正之
中西真澄
プロデューサー 小川政弘
貴島久祐子
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
東北新社
解説 淀川長治
初回放送 1995年10月1日
日曜洋画劇場
(約92分)

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント発売の「吹替の力」シリーズ『沈黙の戦艦 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ』にはVHS・DVD・BD版に加え、初回放送時にカットされたシーンを追加録音したテレビ朝日版の吹き替え版が収録。また、初回放送当時の淀川長治による解説を収録した特典映像DVDが付属している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b Under Siege (1993)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]