佐藤敏夫 (音響監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤敏夫(さとう としお、1940年1月13日[1] ー )は日本音響監督、吹替演出家である。フリー。

経歴・人物[編集]

1962年東北新社に入社[2]。外画演出部に所属し数々の洋画吹替の演出を担当[3]1997年に退社し、以後フリーの音響監督として活動している[2]。アニメーションの音響監督もいくつか担当している。

外画吹替の創生期から活躍するベテランの一人であり[4]、活動50年以上を迎えた現在でも現役で活躍している。佐藤の演出は業界での評価も非常に高く、その手腕の高さは80年代頃には「佐藤に演出してもらえたら一人前」[5]と言われていたほど。

出演した役者からの信頼も厚く、三ツ矢雄二は「巨匠」と評し[5]坂本真綾は「第2の父」と呼び慕い、「佐藤さんの演出には作品に対する愛、ひとつひとつの役柄に対する愛、役者やスタッフに対する愛がある」と語っている[6]大塚明夫もは相性が良い・仕事がやりやすい演出家として佐藤の名を挙げている[7]

エピソード[編集]

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を演出した際、本国側のスタッフからアナキン・スカイウォーカーの役には演じるジェイク・ロイドと同年代の子役を起用するよう要請があった。佐藤は児童劇団を訪ねまわったものの芝居ができる子役がいなかったため、本国側との交渉の末子役の吹き替え経験が豊富な矢島晶子を起用することに成功したという[8]

後に『スター・ウォーズ クローン大戦』でのアサージ・ヴェントレス配役の際もアメリカ側から原語版(グレイ・デライル、ニカ・フッターマン)と同じ20代女性での配役が要望されていたが、日本では同年代でオリジナルに似たしゃがれた声を出せる声優がおらず磯辺万沙子がキャスティングされた。佐藤はこの時も現地スタッフを納得させるのに苦労したと述べている[8]

主な参加作品[編集]

アニメーション[編集]

1973年

1975年

1978年

2003年

2005年

劇場アニメ[編集]

2004年

OVA[編集]

1997年

ゲーム[編集]

1996年

1998年

2000年

2001年

2002年

2005年

日本語吹替版演出[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シネ通! ダークボの偏愛コラム #69”. 2018年9月4日閲覧。
  2. ^ a b ロゴ - 声優ワークショップ Fourth AVENUE (フォースアベニュー)”. 2017年6月21日閲覧。
  3. ^ 『サウンド・オブ・ミュージック』製作50周年記念吹替版 インタビュー 演出家 佐藤敏夫”. 2017年6月21日閲覧。
  4. ^ NITABOHオフィシャルサイト / メイキング / 声優オーディション”. 2017年6月21日閲覧。
  5. ^ a b 『アマデウス 日本語吹替音声追加収録版ブルーレイ』発売記念 特別試写会 オフィシャルレポート ゲスト:三ツ矢雄二さん”. 2017年6月21日閲覧。
  6. ^ *- 坂本真綾 【I.D.】 12人の優しい人たち -*”. 2017年6月21日閲覧。
  7. ^ ワーナーブラザーズ公式「吹替の力」大塚明夫インタビュー”. ワーナー・ブラザース. 2019-02-29閲覧。
  8. ^ a b 高貴準三「Lode of STAR WARS」『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ、2004年5月1日、 60頁、 雑誌コード:01843-05。

関連項目[編集]