キリング・ミー・ソフトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キリング・ミー・ソフトリー
Killing Me Softly
監督 チェン・カイコー
脚本 カラ・リンドストロム
原作 ニッキ・フレンチ
製作 マイケル・チニック
ジョー・メジャック
リンダ・マイルズ
製作総指揮 アイヴァン・ライトマン
ダニエル・ゴールドバーグ
出演者 ヘザー・グラハム
ジョセフ・ファインズ
音楽 パトリック・ドイル
撮影 マイケル・コールター
編集 ジョン・グレゴリー
配給 日本の旗 アミューズピクチャーズ
公開 日本の旗 2002年2月23日
アメリカ合衆国の旗 2002年6月21日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
テンプレートを表示

キリング・ミー・ソフトリー』(Killing Me Softly)は、2002年に制作されたアメリカ映画。『さらば、わが愛/覇王別姫』で知られるチェン・カイコー(陳凱歌)監督のハリウッド進出作品。原作はニッキ・フレンチの『優しく殺して』。

ブギーナイツ』のヘザー・グラハムと『恋におちたシェイクスピア』のジョセフ・ファインズが共演するサスペンス。ポルノ並の激しいセックスシーンもあり、一部ビデオレンタル店では18歳未満貸出禁止作品に指定されている。

ストーリー[編集]

ロンドン在住のアメリカ人のアリスは、ウェブサイト開発を担当するキャリアウーマン。恋人ジェイクとは同棲中で、それなりに幸せな日々を送っていた。しかしある朝、出勤途中の交差点で、見知らぬ男の視線を強く感じる。会社でも男のことが頭から離れず、会社を飛び出し、男のあとを追う。そして、男と再会すると、誘われるままに男の家で、今まで味わったことのない激しいセックスを体験する。今日限り…と自分に言い聞かせるが、アリスの体は再び男の元へと向いてしまう。そしてその日から、アリスの周りで不可解な出来事が起こり始める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
アリス ヘザー・グラハム 清水馨 甲斐田裕子
アダム ジョセフ・ファインズ 小杉十郎太 小山力也
デボラ ナターシャ・マケルホーン 田中敦子 五十嵐麗
ダニエル イアン・ハート 牛山茂 中村秀利
クラウス ウルリク・トムセン 天田益男 楠見尚己
ジェイク ジェイソン・ヒューズ 内田直哉 古澤徹
アデル・ブランチャード 斎藤恵理 渡辺美佐
ミセス・ブランチャード キカ・マーカム 翠準子 野沢由香里
シルヴィー エイミー・ロビンス 竹村叔子 弘中くみ子
ジョアンナ・ノーブル ヤスミン・バナーマン 朴璐美 藤貴子
ミッシェル レベッカ・R・パーマー 幸田夏穂 磯部万沙子
マイク 小形満 金尾哲夫
ルーシー 葛城七穂 小金沢篤子
アンソニー 小野塚貴志 浜田賢二
クローディア 河内麻友子 藤貴子
牧師 小室正幸 宇垣秀成
その他 宗矢樹頼
佐藤晴男
飯島肇
長克巳
福田信昭
演出 佐藤敏夫 向山宏志
翻訳 徐賀世子 芝谷真由美
調整 重光秀樹
効果 リレーション
担当 別府憲治
プロデューサー 中嶋唯雄 久保一郎
渡邉一仁
寺原洋平
配給 東芝
制作 ケイエスエス テレビ東京
HALF H・P STUDIO
初回放送 2004年10月14日
木曜洋画劇場
21:30-23:24

脚注[編集]

  1. ^ Killing Me Softly (2002) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]