ジュラシック・パークIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュラシック・パークIII
Jurassic Park III
監督 ジョー・ジョンストン
脚本 ピーター・バックマン
アレクサンダー・ペイン
ジム・テイラー
原作 マイケル・クライトン
製作 キャスリーン・ケネディ
ラリー・J・フランコ
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
出演者 サム・ニール
音楽 ドン・デイヴィス
撮影 シェリー・ジョンソン
編集 ロバート・ダルヴァ
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 ユニバーサル/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年7月18日
日本の旗 2001年8月4日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 9000万USドル[1]
興行収入 $368,780,809[1]
前作 ロスト・ワールド
次作 ジュラシック・ワールド
テンプレートを表示

ジュラシック・パークIII』(Jurassic Park III)は、2001年に公開されたアメリカ映画。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』から続くシリーズの第3作である。ユニヴァーサル映画提供。

概要[編集]

シリーズの前2作が「マイケル・クライトンによるSF小説の映画化」という形をとっていたのに対し、この作品では基本的に映画独自のストーリーが展開されている。また、『自然の畏怖・人間の傲慢』といった哲学的テーマ意識も薄れ、家族向けの娯楽作品となっている。監督も前2作のスティーヴン・スピルバーグからジョー・ジョンストンに変わる。

物語は、原作小説2作の恐竜活躍シーンのうち、映像化されていない部分を継ぎ合わせまとめた形で進行する。原作第1作で執念深く主人公らを追跡するTレックスの役どころは、本作においてはスピノサウルスが担っている。人間が「神の真似事」をすることへの批判精神等は、原作及び先の劇場版第2作から引き続き受け継がれ、主人公は再びアラン・グラント博士となった。

劇場版第一作でグラントの同僚であり、フェミニズム的趣向の強い女性として描かれたサトラー博士は、本作ではエリート官僚の妻に収まっているがグラントとの友情は続いている。

本作に登場する主な恐竜翼竜ティラノサウルススピノサウルスヴェロキラプトルプテラノドン。他にもブラキオサウルスアンキロサウルスコンプソグナトゥスパラサウロロフスコリトサウルスステゴサウルストリケラトプスケラトサウルスが登場する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

文末の()は日本語版吹き替えキャスト

アラン・グラント:サム・ニール小川真司
古生物学者。8年前のジュラシック・パーク事件の当事者の一人。カービー夫妻の依頼でサイトBを訪れる。
ヌブラル島の事件によって注目を浴びているものの、ラプトルが独自の言語を用いて意思疎通を行っているという説で学界から失笑を買っており、研究費に困窮している。ジュラシック・パークの恐竜は、カエルの遺伝子を元に“再現”されたものであって、研究対象には出来ないと考えており、「天変地異が起ころうとも絶対にもう恐竜の島へは行かない」と断言していた。が、カービーが提示した報酬額につられて、着陸しないという条件で、ソルナ島上空のフライトへ同行する。
ジュラシック・パーク事件と前後して恐竜に対する考えが変わっているらしく、著書の内容も変化したという。本人曰く「事件前は私も恐竜が好きだったが、喰われかける前と後では違う」とのこと。そのため1作目の様に、恐竜に積極的に好奇心を見せるような描写は少ない。しかし造られた恐竜を憎んでいるわけではなく、施設を作った人間の行動を「神の真似事」と評し嫌悪している。また子供嫌いも治ったらしくエリーの息子に「恐竜おじさん」と慕われている。
前作までサム・ニールの吹き替えを担当していた富山敬が他界したため、本作では代わって小川真司が担当となった。ちなみに小川は、前作『ロスト・ワールド/ジュラシックパーク』の冒頭で、リゾート中幼い娘をコンプソグナトスに襲われる富裕一家の父親役を吹き替えている。
ポール・カービー:ウィリアム・H・メイシー納谷六朗
カービー・エンタープライズの社長と名乗る男。本人曰くアウトドア派で、アランにサイトBのガイドを依頼する。
正体は小さなタイル塗装屋の経営者。アウトドア派というのも嘘で実際はK2の標高すら知らない。行方不明になった息子の捜索を警察に拒否されており、自力で探すために、アラン達を騙して小型飛行機で島を訪れる。しかもアランがサイトBに来たことがあると勘違いしていた。
日本語吹き替えの納谷六朗は、第1作『ジュラシックパーク』のジェナーロ弁護士役、第2作『ロストワールド/ジュラシックパーク』のエディ・カー役に続き、シリーズ3作連続で主要登場人物の声の出演を果たした。
アマンダ・カービー:ティア・レオーニ渡辺美佐
ポールの離婚した元妻。ポールと共に、アランにサイトBのガイドを依頼する。
ビリー・ブレナン:アレッサンドロ・ニヴォラ内田夕夜
アランの助手。アランたちと共にサイトBを訪れる。
研究のためにラプトルの卵を勝手に回収し、一行を危険に晒してしまう。また、その事がアランに知られた時は「ここ(サイトB)を造った連中と何ら変わらない」と糾弾された。中盤、エリックを救うためにプテラノドンの群れの中に飛び込み彼を救うが、自らはプテラノドンに追い立てられながら姿を消すが、終盤で大怪我を負いながらも生存しており、アラン達と共に救出された。パラグライダーが得意で、かつて命を救われた古いバッグをお守りとして大事に持っている。
エリック・カービー:トレヴァー・モーガン北尾亘
カービー夫妻の息子。2ヶ月前、サイトB付近にパラセールに行って消息不明になる。
インジェン社が遺した施設と非常食料を頼りに、一人で2ヶ月もの間生き残っていた。ラプトル達にガス手榴弾を用いてアランを救ったり、小型の肉食竜除けとしてT-レックスの排泄液を回収するなど、逞しい活躍を見せる。アランと気が合う。
エリー・デグラー(旧姓:サトラー):ローラ・ダーン安藤麻吹
アランの友人。古植物学者で、8年前のジュラシック・パーク事件の当事者の一人。現在でもアランとの友情は続いているが、結婚しており、息子がいる。
ユデスキー:マイケル・ジェッター佐々木敏
サイトBに行くために、カービー夫妻が雇った男。飛行機の操縦を担当する。銃は持っているが戦闘は専門外。ヴェロキラプトルに殺害され、死体は生存者をおびき出す為の罠に使われる。
M.B.ナッシュ:ブルース・ヤング辻親八
サイトBに行くために、カービー夫妻が雇った男。飛行機の操縦を担当する黒人系。衛星電話を所持したままスピノサウルスに捕食される。身に着けているドッグタグから、元・米軍の上級曹長だったらしい。
クーパー:ジョン・ディール落合弘治
サイトBに行くために、カービー夫妻が雇った男。銃撃のプロらしい。飛行機で騒動があったときにアランを殴って気絶させる。最初に着陸した際、スピノサウルスの襲撃を受け、密林の中で応戦するが、全く歯が立たないまま捕食され死亡、最初の犠牲者となる。
ベン・ヒルデブランド:マーク・ハレリック内田直哉
2ヶ月前、エリックと共にサイトB付近のパラセーリングをした男。アマンダの新しい恋人。エリックと共に島へ降下し木に引っかかったところまでは、ビデオカメラの映像で生存が確認されていた。しかし、何らかの理由で降りることが出来なかったのか、木からぶら下がったまま死亡し、ミイラのような遺体となって発見された。
マーク・デグラー:テイラー・ニコルズ桐本琢也
エリーの夫。国務省に勤務している。
エンリケ・カルドソ:ジュリオ・オスカー・メチョソ楠見尚己
違法のパラセーリングを行う会社のオーナー。船の操縦も行う。序盤でエリック達をパラセーリングさせている途中、船の上から姿を消す。

他(こおろぎさとみ沢海陽子滝沢ロコ湯屋敦子朴璐美宗矢樹頼

登場する恐竜・翼竜[編集]

以下のリストには映像として現れる恐竜・翼竜だけでなく、台詞・表示などで存在のみが確認できる恐竜・翼竜も含めた。

また、劇中で種小名が出ているものは属名と中黒(・)で繋ぎそれも記した。原則として劇中での登場順に並べてある。

新登場した恐竜[編集]

  • 大型獣脚類スピノサウルスが新たに登場。前作までの「王」であるティラノサウルスを凌駕する戦闘力をもつとされ、両者の格闘が描かれる。但し、実際のスピノサウルスは劇中のような生態は疑問視されている[2]
  • ヴェロキラプトルの化石から羽毛状の痕跡が発見されたため、今作のヴェロキラプトルでは頭に毛が生えているという変化が見られる。またメスしか飼育されなかったジュラシックパークと異なり、サイトBでは恐竜は自然繁殖していることから、今作のラプトルでは雌雄の性差もカラーリングやデザインによって表現されている。

フィギュア[編集]

公開当時、海洋堂が製作したフィギュアが「ジュラシック・パークIIIキャンペーン」としてローソン限定でコカ・コーラ社製品のペットボトルにおまけとして付された。

  • スピノサウルス
  • ティラノサウルス
  • ヴェロキラプトル
  • プテラノドン
  • プテラノドン
  • トリケラトプス
  • パキケファロサウルス
  • ブラキオサウルス
  • パラサウロロフス
  • コンプソグナトゥス
  • ステゴサウルス

脚注[編集]

  1. ^ a b Jurassic Park III (2001)”. Box Office Mojo. 2009年11月6日閲覧。
  2. ^ スピノサウルスは魚食と推定されており、そもそも映画のような獰猛な性質は疑問視されている。これはシリーズを通して学術的な立場から助言をしている古生物学者のジャック・ホーナーが、ティラノサウルスを戦闘能力の低い腐肉食性の動物と考えているためである。実際にはホーナーの言うように体の大きさだけがその動物の強さを単純に示すわけではない。スタッフやキャストは「スピノサウルスは腕が大きく、鋭い爪を持っているのでT-レックスよりも強い」とコメントしているが、実際のスピノサウルスの腕は映画ほど大きくはない。本作の日本版パンフレットで『ロストワールド』に引き続き、恐竜について解説している金子隆一は「実際はティラノの圧勝」と書いている。『ドラえもん のび太の恐竜2006』でも同様の対決が見られるが、ここでは金子の主張どおりの結果に終わった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]