コリトサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリトサウルス
コリトサウルス
コリトサウルス想像図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidea
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : ランベオサウルス亜科
Lambeosaurinae
: コリトサウルス属
Corythosaurus
学名
Corythosaurus
Brown1914

コリトサウルスCorythosaurus)は、中生代白亜紀後期、北アメリカ大陸に生息した大型の鳥脚類。その頭部の形態が古代ギリシアの一部族コリント族ヘルメットにある頭飾りに似ているため、「コリント式の(ヘルメットを持った)爬虫類」を意味する属名を与えられている[1]

形態[編集]

体長10 - 13メートル。パラサウロロフスランベオサウルスのように頭骨に空洞の骨突起を持つ。コリトサウルスの場合、学名の由来ともなった半円状の突起が頭頂部に突き出している。この突起は性差が見られ、雄の方が大きかったと推定されている。この突起は鼻骨が拡張したものであり、鼻道が入り組んでいるため、外観と違って内部の構造は相当複雑となっている。この突起は嗅覚の発達や鳴き声の増大などに寄与したと考えられている。模型による実験では、霧笛に似た轟く様な音を発した[1]

頭部を支える首はS字状。脊椎は棘突起が伸長しており背面に稜を形成していた[1]。尾椎は胸胴椎から続く骨質の結合組織に固められ、可動性は乏しかった[2]

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、142 - 143頁。ISBN 4-7875-8534-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『恐竜博物図鑑』 142頁
  2. ^ 『恐竜博物図鑑』 143頁

関連項目[編集]