ケラトサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケラトサウルス
生息年代: 中生代ジュラ紀中期~後期, 153–148 Ma
ケラトサウルス
ケラトサウルスの全身骨格
地質時代
中生代ジュラ紀中期~後期
(約1億5,300万~約1億4,800万年前)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : ケラトサウルス下目 Ceratosauria
: ケラトサウルス科 Ceratosauridae
: ケラトサウルス属 Ceratosaurus
学名
Ceratosaurus
Marsh1884

ケラトサウルスCeratosaurus)は、中生代ジュラ紀中期から後期 (約1億5,300万~約1億4,800万年前) にかけての現在の北アメリカ大陸アフリカ大陸に生息していた獣脚類恐竜の一種。竜盤目 - 獣脚亜目 - ケラトサウルス科に属する。属名は「をもつトカゲ」を意味する[1]。nasicornis種は北米で保存状態のよい化石が見つかっている模試種である。 ingns種は東アフリカ産で、dentisulcatus種及びmagnicornis種は共に北米産であり、いずれもnasicornis種よりも大型である。特にingns種は非常に大型だったことが推定されるも、化石が断片的であるため、ケラトサウルス属に含むことを疑問視する学説もある。

概要[編集]

体長約4.5~6メートル[1]の中型肉食恐竜である。鼻の上にある角状の骨質の突起、眼窩上部にある状の隆起、背面正中線上に並ぶ骨質の板などが目立つ特徴である。角状の突起を持つ獣脚類はいくつか知られているが、背面に骨板を持つ獣脚類はケラトサウルスのみである[1]

ケラトサウルスと言えば真っ先に思い浮かぶのが、学名の由来にもなった頭頂部の(ケラト)である。しかし角という名称に反し、その厚みは薄くむしろ鶏冠に近い代物であった。こうした貧弱な“角”は、もっぱらライバルや異性へのディスプレイに使われた可能性が高い[2][3]。こうした見掛け倒しの飾りは多くの獣脚類に見られたものの、ケラトサウルスの子孫筋であるアベリサウルス科は、実戦に耐えうる頑丈な角を獲得していた。

こうした貧弱な角よりも本種の特徴を際立たせているのが、体格に見合わぬほどに発達したサーベル状の上顎歯である。この歯は自身より巨大なアロサウルスよりも長く[2]、類縁関係のあるアベリサウルス科よりも遠縁のカルカロドントサウルス科に酷似しており、獲物へ致命的な裂傷を与えることが出来た。そのためケラトサウルスは中型(全長6〜7m)ながら、やや大きめの竜脚類などを獲物を標的としていた可能性もある[4][5]。これらを踏まえると、ケラトサウルスはアパトサウルスの子供や亜成体を集中的に狙っていたのかもしれない[6]

前肢には4本の指があるものの、爪が生えていたのは3本目までで、第四指は痕跡程度しかなかったと考えられている。尾は柔軟な構造で幅広く厚みがあった[1]。この尾は後のテタヌラ下目よりも柔軟性に優れていたため、古生物学者のロバート・バッカーは、「ケラトサウルスが半水棲だったのではないか?」と指摘している。が、これには異論も多い[2]

かつてカルノサウルス類とされ、アロサウルスと同一種(異なる点は性差によるもの)と考えられていたこともあったが、異なる点がさまざまあり、近年[いつ?]新たに分類しなおされた。G・ポールによれば、アロサウルスと比較して小柄ではあるものの、歯は薄く切れ味がよく、手足の爪はアロサウルスに比べて鋭かったといわれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d リチャードソン 2005, p. 60.
  2. ^ a b c Comments on the ecology of Jurassic theropod dinosaur Ceratosaurus (Dinosauria: Theropoda) with critical reevaluation for supposed semiaquatic lifestyle
  3. ^ The evolution of animal weapons (Douglas J Emlen:2008)
  4. ^ Brontosaur killers: Late Jurassic allosaurids as sabre-tooth cat analogues(Robert T. Bakker:2000)
  5. ^ 狙うは大物!ケラトサウルス (2006年7月7日)https://gamp.ameblo.jp/oldworld/entry-10014412430.html
  6. ^ ジュニア自然図鑑 恐竜と古代生物 ジュラ紀〜ケラトサウルスの項

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン、デイビッド・ノーマン(監修)『恐竜博物図鑑』出田興生(訳)、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年。ISBN 4-7875-8534-7

関連項目[編集]