ケラトサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケラトサウルス
ケラトサウルス
ケラトサウルスの全身骨格
地質時代
ジュラ紀中期 - 後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : ケラトサウルス下目 Ceratosauria
: ケラトサウルス科 Ceratosauridae
: ケラトサウルス属 Ceratosaurus
学名
Ceratosaurus
Marsh1884

ケラトサウルスCeratosaurus)は、中生代ジュラ紀中期から後期にかけての現北アメリカ大陸と現アフリカ大陸に生息していた獣脚類恐竜の一種。竜盤目 - 獣脚亜目 - ケラトサウルス科に属する。属名は「をもつトカゲ」を意味する[1]。nasicornis種は北米で保存状態のよい化石が見つかっている模試種である。 ingns種は東アフリカ産で、dentisulcatus種及びmagnicornis種は共に北米産であり、いずれもnasicornis種よりも大型である。特にingns種は非常に大型だったことが推定されるも、化石が断片的であるため、ケラトサウルス属に含むことを疑問視する学説もある。

形態[編集]

体長約4.5 - 6メートル[1]の中型肉食恐竜である。鼻の上にある角状の骨質の突起、眼窩上部にある状の隆起、背面正中線上に並ぶ骨質の板などが目立つ特徴である。角状の突起を持つ獣脚類はいくつか知られているが、背面に骨板を持つ獣脚類はケラトサウルスのみである[1]

体格に見合わぬ、とても大きな上顎歯を持つ。

前肢には4本の指があり、尾は柔軟な構造で幅広く厚みがある[1]

かつてアロサウルス科とされ、アロサウルスと同一種(異なる点は性差によるもの)と考えられていたこともあったが、異なる点がさまざまあり、近年[いつ?]新たに分類しなおされた。G・ポールによれば、アロサウルスと比較して小柄ではあるものの、歯は薄く切れ味がよく、手足の爪はアロサウルスに比べて鋭かったといわれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン、デイビッド・ノーマン(監修) 『恐竜博物図鑑』 出田興生(訳)、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年ISBN 4-7875-8534-7

関連項目[編集]