ノアサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノアサウルス(Noasaurus)は、白亜紀後期の南米アルゼンチン)に生息していた竜盤目-獣脚亜目-ケラトサウルス下目ノアサウルス科の小型肉食恐竜である。後足の第2指にはドロマエオサウルス科のようなかぎ爪を持っている小型肉食恐竜で、南半球に生息していたノアサウルスは背骨などの骨の構造が南半球の大陸で独自の進化をしたアベリサウルスなどに似ている。ノアサウルスは北半球に生息していた小型獣脚類、ドロマエオサウルス科の姿そっくりに収斂進化した恐竜である。(しかし両者は完全に隔絶して生息していたわけでもない。南米で発掘されたウネンラギアのように南半球にもドロマエオサウルス類が進出していたことが、明らかになってきている)

近年になって、ノアサウルスの大きな鉤爪は実は前足にあり、それほどドロマエオサウルス類に似ていたわけではないという見方も出てきている。

関連項目[編集]