オスニエル・チャールズ・マーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスニエル・チャールズ・マーシュ
人物情報
生誕 1831年10月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
死没 1899年3月18日(満67歳没)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 イェール大学
学問
研究分野 古生物学
研究機関 イェール大学
テンプレートを表示

オスニエル・チャールズ・マーシュ(Othniel Charles Marsh、1831年10月29日 - 1899年3月18日)は19世紀アメリカ合衆国における傑出した古生物学者であり、アメリカ西部で数々の化石の発見、命名を行った。

経歴[編集]

1831年ニューヨーク州ロックポートに生まれる。1860年イェール大学を卒業し、コネチカット州ニューヘイブンのシェフィールド・サイエンス・スクールで地質学鉱物学を学んだ。その後ドイツに渡りベルリンハイデルベルクブレスローで古生物学と解剖学を学んだ。1866年帰国し、イェール大学の古脊椎動物学の教授に就任する。著名な銀行家の叔父ジョージ・ピーボディを説得し、イェール大学にピーボディー自然史博物館を設立させた。彼が教授に就任できたのもこのことが大きい。

1871年アメリカで初めて空飛ぶ爬虫類である翼竜の化石を発見する。また初期のウマの化石も発見している。白亜紀の歯を持つ鳥類イクチオルニスヘスペロルニス)、翼竜、アパトサウルスアロサウルスを含むジュラ紀白亜紀恐竜についての記載を行った。

19世紀後半にエドワード・ドリンカー・コープとの間で繰り広げられた、Bone Warsとして知られる古生物学闘争で有名である。二人の化石発見闘争は熾烈を極め、この闘争を通じて120を超える恐竜の新種が発見、記載された。

遺骨はニューヘイブンのGrove Street Cemeteryに葬られている。


関連項目[編集]