アロサウルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アロサウルス科
Allosauridae
アロサウルス
アロサウルスの模型
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: アロサウルス科 Allosauridae
学名
Allosauridae
Marsh1877
  • Allosaurus模式属
  • Saurofaganax
  •  ?Epanterias

アロサウルス科 Allosauridae は中型から大型の二足歩行動物である新獣脚類アロサウルス上科に属する恐竜タクソンジュラ紀後期に栄えた[1]。アロサウルス科はかなり古くから知られる分類群で、オスニエル・チャールズ・マーシュによって1878年に命名された[2]。その際、アロサウルスエレクトプスサウロファガナクスの3属を内包するとされた[1][3]。その後、アントロデムスエパンテリアス等、多くのタクサがこのグループにぶち込まれた[4][5]。アントロデムスはアロサウルスより前(1870年)に記載されているが、当時から疑問名扱いだったのでアロサウルスが模式属となった[6]。アロサウルス科を構成する属の一つエパンテリアスもアロサウルスの大型種という意見や特大のアロサウルス・フラギリスであるとする説がある[5]。アロサウルス科は、側方への上昇が制限された距骨、外側の関節丘よりも内側中央部、および関節丘の表面を横切る水平溝を特徴とする [7]。アロサウルス科は、一時期は極めて広く放散したグループで南極大陸インドを除くすべての大陸でメンバーが発見されていると思われていたが、獣脚類研究初期においてアロサウルス的なカルノサウルス類がすべてアロサウルス科に分類されていただけに過ぎなかったり、分岐分析に基づく再検討の結果いくつかの近縁属がまとめて独自の科として区別されるなどした為、現在アロサウルス科に残されているのは独自性が疑わしいものを含めてわずか3属(アロサウルス、サウロファガナクス、エパンテリアス)のみであり、北米とヨーロッパのみの分布となっている[8][7]

Allosaurus SDNHM (1).jpg

系統発生[編集]

アロサウルス科はモノロフォサウルス属シンラプトル科ネオヴェナトル科カルカロドントサウルス科などと共にアロサウルス上科を構成する。アロサウルス上科のアロサウルス科以外のメンバーの大半はもともとアロサウルス科に含めれていた。このグループは鳥類ティラノサウルス類を含むコエルロサウルス類の姉妹群である[9]

アロサウルス科と他の獣脚類の系統樹。エディーとクラークの2011年の論文参照[9]

[1][6]

出典[編集]

  1. ^ a b c Carrano, Matthew T.; Benson, Roger B. J.; Sampson, Scott D. (2012-06-01). “The phylogeny of Tetanurae (Dinosauria: Theropoda)”. Journal of Systematic Palaeontology 10 (2): 211–300. doi:10.1080/14772019.2011.630927. ISSN 1477-2019. http://dx.doi.org/10.1080/14772019.2011.630927. 
  2. ^ Marsh, Othniel Charles (1878). "Notice of new dinosaurian reptiles". American Journal of Science and Arts. 15: 241–244.
  3. ^ Mateus, Octavio (1998). “Lourinhanosaurus antunesi, A New Upper Jurassic Allosauroid (Dinosauria: Theropoda) from Lourinhã, Portugal”. Memórias da Academia de Ciências de Lisboa 37: 111–124. http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.547.7558&rep=rep1&type=pdf. 
  4. ^ Leidy, Joseph. Contributions to the extinct vertebrate fauna of the western territories. Vol. 1. US Government Printing Office, 1873.
  5. ^ a b “Geology and Palaeontology”. The American Naturalist 12 (6): 406–408. (1878-06-01). doi:10.1086/272127. ISSN 0003-0147. http://www.journals.uchicago.edu/doi/10.1086/272127. 
  6. ^ a b Rauhut, Oliver W. M. (2011). “Theropod dinosaurs from the Late Jurassic of Tendaguru (Tanzania)”. Special Papers in Palaeontology 86: 195–239. http://s3.amazonaws.com/academia.edu.documents/45774467/THEROPOD_DINOSAURS_FROM_THE_LATE_JURASSI20160519-4931-1cw1pv0.pdf?AWSAccessKeyId=AKIAIWOWYYGZ2Y53UL3A&Expires=1493914148&Signature=jaLqYtB6pwOah5%2B4FWAEHZufD%2BM%3D&response-content-disposition=inline%3B%20filename%3DTheropod_dinosaurs_from_the_Late_Jurassi.pdf. 
  7. ^ a b Molnar, R. E.; Flannery, Timothy F.; Rich, Thomas H. V. (1981-01-01). “An allosaurid theropod dinosaur from the Early Cretaceous of Victoria, Australia”. Alcheringa: An Australasian Journal of Palaeontology 5 (2): 141–146. doi:10.1080/03115518108565427. ISSN 0311-5518. http://dx.doi.org/10.1080/03115518108565427. 
  8. ^ Foster, JOHN R., and DANIEL J. Chure. "Hindlimb allometry in the Late Jurassic theropod dinosaur Allosaurus, with comments on its abundance and distribution." New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin 36 (2006): 119-122.
  9. ^ a b Eddy DR, Clarke JA (2011) New Information on the Cranial Anatomy of Acrocanthosaurus atokensis and Its Implications for the Phylogeny of Allosauroidea (Dinosauria: Theropoda). PLoS ONE 6(3): e17932. doi:10.1371/journal.pone.0017932