スゼチュアノサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スゼチュアノサウルス (Szechuanosaurus) は中生代ジュラ紀中期の中国四川省に生息していた獣脚類恐竜

概要[編集]

カルノサウルス類。全長6メートルの肉食恐竜。下顎の一部や脊椎骨、四肢骨、腰骨などが発見されている。頸椎骨の椎体の後面が凹形であること、座骨の先端が前方に向いていることなどから、基盤的なテタヌラ類であったと考えられる。約40年前に発見された「歯」により"スゼチュアノサウルス"と言う属名がつけられたが、近年ではその記載が十分でないことから、この名前が認められていない場合もある。

関連項目[編集]