キランタイサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キランタイサウルス
生息年代: 92 Ma
Chilantaisaurus.jpg
C. tashuikouensisの復元図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : テタヌラ類 Tetanurae 
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: ネオヴェナトル科 Neovenatoridae
: キランタイサウルス Chilantaisaurus
学名
Chilantaisaurus
Hu, 1964

キランタイサウルスChilantaisaurus 「吉蘭泰のトカゲ」の意味)は白亜紀後期に現在の北アジアに生息したネオヴェナトル科獣脚類恐竜の属の一つである。化石は中国、内モンゴル自治区にある烏梁素海層英語版の白亜紀後期チューロン期、9200万年前の地層から発見されている。タイプ種C. tashuikouensisは1964年に胡寿永により記載された [1] 大型の獣脚類であり、体重は2.5 t[2]もしくは4 t[3]と推定されている。近年、Brusatte et al. (2010)では大腿骨の長さから600 0kgと推定されている[4]

分類[編集]

キランタイサウルスは最初、胡によりアロサウルスに近縁のカルノサウルス類と考えられた[1]。後続の研究では前肢にスピノサウルス上科Spinosauroidea)に特徴的な大きな鉤爪を持つため、このグループに属し、おそらくその原始的なメンバーである可能性が示唆された[5][6][7]。 他の研究ではアロサウルス上科、スピノサウルス上科、コエルロサウルス類との類似性からテタヌラ類の別の側枝のメンバーであると示唆された[8]。2009年の研究では同じ累層で発見されたカルノサウルス類のシャオキンロングShaochilong)と同じ動物である可能性が排除することは困難であると指摘した。しかし、両者の間にかなりの大きさの違いがある[9]。 Benson、CarranoおよびBrusatteによるその後の研究によれば、シャオキンロングには最初に考えられたほど近縁ではないが、カルノサウルス類(特にネオヴェネトル科)であり、胡が最初に考えたように、アロサウルスに近縁であると分かった[2]

わずかな化石に基づいて他にいくつかの種が記載されている。Chilantaisaurus? sibiricusロシアブリヤート自治ソビエト社会主義共和国にあるTurginskaya Svitaの白亜紀前期(バーレム期-オーテリーヴ期)の地層から発見された単一の第四中足骨に基づいている[10][11]。この記載は情報に乏しく、正確な類縁関係を決定することは出来ない(Chure, 2002)。 "Chilantaisaurus" maortuensisは2009年にShaochilong maortuensisに再分類された[9]。"Chilantaisaurus" zheziangensisとされる化石はテリジノサウルス類のものである可能性があり、実際にはナンシュンゴサウルスホロタイプと同じ個体の化石かもしれない。

参照[編集]

  1. ^ a b Hu, S.-Y. (1964). ""Carnosaurian remains from Alashan, Inner Mongolia."". Vertebrata PalAsiatica (in In Chinese, with English summary) 8: 42–63. 
  2. ^ a b Benson R.B.J., Carrano M.T, Brusatte S.L. (2010). "A new clade of archaic large-bodied predatory dinosaurs (Theropoda: Allosauroidea) that survived to the latest Mesozoic". Naturwissenschaften 97 (1): 71–78. Bibcode:2010NW.....97...71B. doi:10.1007/s00114-009-0614-x. PMID 19826771. 
  3. ^ Paul, G.S. (1988). Predatory Dinosaurs of the World. New York: Simon and Schuster. p. 314. 
  4. ^ Brusatte, S.L.; Chure, D.J.; Benson, R.B.J.; Xu, X. (2010). "The osteology of Shaochilong maortuensis, a carcharodontosaurid (Dinosauria: Theropoda) from the Late Cretaceous of Asia". Zootaxa 2334: 1–46. 
  5. ^ Sereno, P. C., Beck, A. L., Dutheil, D. B., Gado, B., Larsson, C. E., Lyon, G. H., Marcot, J. D., Rauhut, O. W., Sadleir, R. W., Sidor, C. A., Varricchio, D. D., Wilson, G. P. & Wilson, J. A. 1998. A long-snouted predatory dinosaur from Africa and the evolution of spinosaurids. Science, 282,1298-1302.
  6. ^ Chure, 2000. A new species of Allosaurus from the Morrison Formation of Dinosaur National Monument (Utah-Colorado) and a revision of the theropod family Allosauridae. Ph.D. dissertation, Columbia University, 1-964.
  7. ^ Rauhut, 2000. The interrelationships and evolution of basal theropods (Dinosauria, Saurischia). Ph.D. dissertation, Univ. Bristol [U.K.], 1-440.
  8. ^ Benson, R.B.; and Xu, X. (2008). "The anatomy and systematic position of the theropod dinosaur Chilantaisaurus tashuikouensis Hu, 1964 from the Early Cretaceous of Alanshan, People's Republic of China". Geological Magazine. published online (6). doi:10.1017/S0016756808005475. 
  9. ^ a b Brusatte, S., Benson, R., Chure, D., Xu, X., Sullivan, C., and Hone, D. (2009). "The first definitive carcharodontosaurid (Dinosauria: Theropoda) from Asia and the delayed ascent of tyrannosaurids." Naturwissenschaften, doi:10.1007/s00114-009-0565-2
  10. ^ Weishampel, David B; et al. (2004). "Dinosaur distribution (Early Cretaceous, Asia)." In: Weishampel, David B.; Dodson, Peter; and Osmólska, Halszka (eds.): The Dinosauria, 2nd, Berkeley: University of California Press. Pp. 563-570. ISBN 0-520-24209-2.
  11. ^ http://archosaur.us/theropoddatabase/Coelurosauria.htm#Chilantaisaurussibiricus