アニクソサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アニクソサウルス
生息年代: 後期白亜紀,96–91 Ma
アニクソサウルス
右大腿骨 (MDT-PV 1/3) と右脛骨 (MDT-PV 1/48)
地質時代
後期白亜紀
(約9600万 ~ 9100万年前)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜下綱 Archosauria
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
階級なし : メガラプトラ ?Megaraptora
: アニクソサウルス属 Aniksosaurus
学名
Aniksosaurus
Martínez & Novas, 2006

アニクソサウルス学名Aniksosaurus)はアルゼンチンから知られるコエルロサウルス類

概要[編集]

ホロタイプMDT-PV 1/48は、右後肢の関連する骨で構成される。その他約50の骨がパラタイプに指定されている。アニクソサウルス属で最長の大腿骨は247mmであり、最長の脛骨は 270mmである。脛骨は大腿骨より平均約13%長く、アニクソサウルスの走行の習慣と関係していると思われる[1]

MartínezとNovasは全長2m、体高70cm、体重65kgと推定した[2]。 2013年、IbiricuとMartínezは全長2〜3m、体重35〜45kgと見積もった[3]

分類[編集]

MartínezとNovasは後肢の解剖学的特徴に基づきコエルロサウルス類であるとした[4]

2010年、Choiniereらはコンプソグナトゥス科 に近いことを発見した[5]

Naish と Cau による 2022 年の研究では、アニクソサウルスはティラノサウルス上科内に置かれたメガラプトル類に配置されている[6]

ティラノサウルス上科

ジュラティラント Juravenator by Tom Parker.png

ストケソサウルス Stokesosaurus by Tom Parker.png

コエルルス科
Coelurus figure 47.JPG
プロケラトサウルス科
Kileskus.png

ユウティラヌス Yutyrannus huali.png

エオティラヌス
Eotyrannus 2 NT.jpg

シオングアンロン Xiongguanlong 6007.JPG

メガラプトル類
シアッツ
Siats reconstruction.png

アニクソサウルス

キランタイサウルス
Chilantaisaurus.jpg

フクイラプトル

メガラプトル科
アエロステオン
Aerosteon BW.jpg

アウストラロヴェナトル Australovenator.jpg

メガラプトル
MegaraptorNV.jpg

オルコラプトル Orkoraptor drawing.jpg

ドリプトサウルス Dryptosaurus by Durbed.jpg

アパラチオサウルス
Appalachiosaurus montgomeriensis.jpg

ビスタヒエヴェルソル

テラトフォネウス
Teratophoneus curriei by PaleoGeek.png

ティラノサウルス科 Tyrannosaurus rex mmartyniuk.png

純古生物学[編集]

ボーンベッドはアニクソサウルスが群れを成していたことを示唆しており、群れ行動は古環境における競合相手に対しての有利性となった[7]

脚注[編集]

  1. ^ Coombs, W. P. Jr (1978). “Theoretical aspects of cursorial adaptations in dinosaurs”. The Quarterly Review of Biology 53 (4): 393–418. doi:10.1086/410790. 
  2. ^ Martínez, R.D., and Novas, F.E. (2006). "Aniksosaurus darwini gen. et sp. nov., a new coelurosaurian theropod from the early Late Cretaceous of central Patagonia, Argentina." Revista del Museo Argentino de Ciencias Naturales, n.s.
  3. ^ Ibiricu, L. M.; Martínez, R. N. D.; Casal, G. A.; Cerda, I. A. (2013). Butler, Richard J. ed. “The Behavioral Implications of a Multi-Individual Bonebed of a Small Theropod Dinosaur”. PLOS ONE 8 (5): e64253. Bibcode2013PLoSO...864253I. doi:10.1371/journal.pone.0064253. PMC 3655058. PMID 23691183. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3655058/. 
  4. ^ Martínez, R.D., and Novas, F.E. (2006). "Aniksosaurus darwini gen. et sp. nov., a new coelurosaurian theropod from the early Late Cretaceous of central Patagonia, Argentina." Revista del Museo Argentino de Ciencias Naturales, n.s.
  5. ^ Choiniere, J. N.; Clark, J. M.; Forster, C. A.; Xu, X. (2010). “A basal coelurosaur (Dinosauria: Theropoda) from the Late Jurassic (Oxfordian) of the Shishugou Formation in Wucaiwan, People's Republic of China”. Journal of Vertebrate Paleontology 30 (6): 1773–1796. doi:10.1080/02724634.2010.520779. 
  6. ^ Darren Naish 1,Andrea Cau (2022). “The osteology and affinities of Eotyrannus lengi, a tyrannosauroid theropod from the Wealden Supergroup of southern England”. PeerJ. 
  7. ^ Ibiricu, L. M.; Martínez, R. N. D.; Casal, G. A.; Cerda, I. A. (2013). Butler, Richard J. ed. “The Behavioral Implications of a Multi-Individual Bonebed of a Small Theropod Dinosaur”. PLOS ONE 8 (5): e64253. Bibcode2013PLoSO...864253I. doi:10.1371/journal.pone.0064253. PMC 3655058. PMID 23691183. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3655058/.