イリタトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イリタトル

イリタトル(またはイリテーターIrritator)は白亜紀前期に南アメリカ(ブラジル)に生息していた大型の肉食恐竜の一種。頭骨しか見つかっていない為不明な点が多いが、頭骨の特徴から恐らくスピノサウルスに近縁の恐竜だと考えられている。

スピノサウルス類に特徴的な長い吻と円錐形の歯を持つ一方で、鼻筋がすらりとしているところは他種に見られない特徴だとされる。また、頭骨の後部には大きく突出したトサカ状の骨が見られ、首の筋肉を繋ぎ止める役割を果たしたか、若しくは視覚的なディスプレイだった可能性もある。

学名は「苛立たせる存在」くらいの意味。化石が研究者の手に渡った際、化石商人の手により実際より吻が長いように捏造された事に研究者が苛立たせられた逸話に因む命名だと言う。

関連項目[編集]