ケラトサウルス類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケラトサウルス類
ケラトサウルス
ケラトサウルス復元図
地質時代
ジュラ紀中期 - 白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : ケラトサウルス下目
Ceratosauria
学名
CeratosauriaMarsh1884
下位分類

本文参照

ケラトサウルス類あるいはケラトサウルス下目(Ceratosauria)は、鳥よりもケラトサウルスとより最近の共通の祖先を共有するすべての獣脚類として定義された獣脚類恐竜の分類群である。ケラトサウルス類は解剖学的により多様なテタヌラ類ほど派生しておらず、含まれる種やケラトサウルス類の判断基準となる特徴についての一般的な合意が得られていない。最新かつ最も受け入れられた理論によると、ケラトサウルス類にはジュラ紀前期から白亜紀後期の獣脚類であるケラトサウルス、エラフロサウルス、そしてアベリサウルスが含まれ、これは主にジュラ紀には世界的に、白亜紀では南半球を主に発見される。もともとケラトサウルス類には上記の恐竜に加えて三畳紀後期からジュラ紀前期のコエロフィシス上科Coelophysoidea)が含まれていた、これはケラトサウルス類が他の獣脚類からかなり早い時期に分岐していることを示唆していた。しかし、最近の研究ではコエロフィシス科Coelophysidae)とディロフォサウルス科Dilophosauridae)が他のケラトサウルス類と単系統群を形成しないことが示され、このグループから除外されている。グループ内での差異がコエルロサウルス類に匹敵するほど多く、見た目でわかる共通点は少ない。これはケラトサウルス類が多様化に成功したことを示している[1]。ただし数少ない共通点として、大半の種は前腕の退縮がテタヌラ類よりも格段に進んでいた[2]

分布の時間経過[編集]

CretaceousJurassicTriassicLate CretaceousEarly CretaceousLate JurassicMiddle JurassicEarly JurassicLate TriassicMiddle TriassicEarly TriassicMajungasaurusCarnotaurusAucasaurusIlokelesiaKryptopsGenusaurusGenyodectesCamarillasaurusCeratosaurusLimusaurusSpinostropheusEoabelisaurusBerberosaurusCretaceousJurassicTriassicLate CretaceousEarly CretaceousLate JurassicMiddle JurassicEarly JurassicLate TriassicMiddle TriassicEarly Triassic

分類[編集]

分類学[編集]

系統[編集]

初めにケラトサウルスのような種類が登場し、その後ノアサウルス科とアベリサウルス科が登場した[3]

The following cladogram follows an analysis by Diego Pol and Oliver W. M. Rauhut, 2012.[4]

Ceratosauria 

Berberosaurus

Deltadromeus

Spinostropheus

Limusaurus

Elaphrosaurus

 Neoceratosauria 
 Ceratosauridae 

Ceratosaurus

Genyodectes

 Abelisauroidea 
 Noasauridae 

Laevisuchus

Masiakasaurus

Noasaurus

Velocisaurus

 Abelisauridae 

Eoabelisaurus

Indosuchus

Rugops

Abelisaurus

 Carnotaurinae 

Majungasaurus

Indosaurus

en:Rajasaurus:Rajasaurus

 Brachyrostra 

Ilokelesia

Ekrixinatosaurus

Skorpiovenator

 Carnotaurini 

Carnotaurus

Aucasaurus

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Ceratosaur palaeobiology: new insights on evolution and ecology of the southern rulers (Rafael Delcourt:2018)
  2. ^ 「ケラトサウルス類(ノアサウルス科とアベリサウルス科)の前肢」 https://www.researchgate.net/profile/Federico_Agnolin/publication/225424245_The_position_of_the_claws_in_Noasauridae_Dinosauria_Abelisauroidea_and_its_implications_for_abelisauroid_manus_evolution/links/56dedf5208ae2c733f2a4da1/The-position-of-the-claws-in-Noasauridae-Dinosauria-Abelisauroidea-and-its-implications-for-abelisauroid-manus-evolution.pdf
  3. ^ The Phylogeny of Ceratosauria (Dinosauria: Theropoda)(Matthew T Carrano:2008)
  4. ^ Diego Pol & Oliver W. M. Rauhut (2012). “A Middle Jurassic abelisaurid from Patagonia and the early diversification of theropod dinosaurs”. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences (in press). doi:10.1098.2Frspb.2012.0660. http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/early/2012/05/17/rspb.2012.0660.short?rss=1. 

外部リンク[編集]