エオカルカリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エオカルカリア
生息年代: 112 Ma
Eocarcharia BW.jpg
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: カルカロドントサウルス科 Carcharodontosauridae
: エオカルカリア属 Eocarcharia
学名
Eocarcharia
Sereno & Brusatte, 2008
下位分類群(
前上顎骨
E. dinopsの生態復元図
ヒトとEocarcharia MNN-GAD2-11の大きさ比較(アクロカントサウルスコンカヴェナトルからの推定)

エオカルカリア(Eocarcharia 「暁のサメ」の意味)は白亜紀前期に生息していたカルカロドントサウルス科獣脚類恐竜の属の一つである。化石は2000年にシカゴ大学ポール・セレノ率いる調査隊によりニジェールエルハス層英語版の1億1200万前の地層から発見された。タイプ種で現在のところ唯一の種はEocarcharia dinopsである[1]。歯は刃のような形状であり、獲物を仕留め、引き裂くのに使用された。眼の上の骨が大きく帯状に張り出し、睨み付けて脅しているようであった[2] (この「獰猛そうな眼」が種小名dinopsの由来となっている)。全長は6-8 mに達したと推定される[1]

古環境[編集]

エルハス層ではエオカルカリア以外の恐竜では獣脚類のクリプトプススコミムス竜脚類ニジェールサウルス鳥脚類オウラノサウルスルルドゥサウルスエルハゾサウルス英語版が発見されている[1]

参照[編集]

外部リンク[編集]