オウラノサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オウラノサウルス
オウラノサウルス
オウラノサウルス想像図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : イグアノドン上科
Iguanodontoidea
: イグアノドン科
Iguanodontidae
: オウラノサウルス属
Ouranosaurus
学名
Ouranosaurus
Taquet1976

オウラノサウルス (Ouranosaurus) は、中生代白亜紀前期のアフリカ大陸北部、現在のニジェールに棲息していたイグアノドン科恐竜属名の意味は「勇敢なトカゲ」。

形態[編集]

全長約7.2メートル。嘴状の口や親指はイグアノドンとほぼ同じだが、眼窩の間に一対の骨質のコブがあり[1]、また脊椎神経棘が伸長している。この突起は肩近辺で長く、背面を下るに連れ短くなる[1]。その用途は威嚇や性的ディスプレイの他、生息地の高温から考えて、棘突起の間には皮膜の帆が張られ、体温調節のラジエターとして機能した可能性もある。同地のやはり背に帆を持つスピノサウルスレッバキサウルス共々、所属グループの一員が環境に応じた進化を遂げたとすれば恐竜の適応力の程の証左と云える。これとは別に、脂肪からなる厚みのある瘤コブがあったとする説もある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『恐竜博物図鑑』 140頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、140頁。ISBN 4-7875-8534-7