カルノサウルス類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルノサウルス類
Allosaurus SDNHM.jpg
アロサウルスの骨格
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
下目 : カルノサウルス下目
Carnosauria

von Huene 1920 
下位分類群

本文参照

カルノサウルス類は大型の肉食恐竜のグループであり、ジュラ紀および白亜紀に生息していた。カルノ(carno)ラテン語食肉サウルス(saurus/ギリシア語: σαυρος)ギリシャ語トカゲを意味し、肉食恐竜類とも訳された。もともとはあまり相互に関係のない大型獣脚類を含んでいたが、現在ではアロサウルスおよびそれに直近の属のみを包含するものとなっている。近年、ギガノトサウルスティラノティタンTyrannotitan)といったカルカロドントサウルス科に属する非常に巨大なカルノサウルス類が発見されている、これらは現在知られている肉食恐竜の中では最大の部類に入る。カルノサウルス類の独特の特徴としては大きな目、長く狭い頭骨および大腿骨脛骨より長いことなど脚部と骨盤の変化があげられる。

系統学[編集]

現代の分岐学的解析による定義ではカルノサウルス類は鳥類よりアロサウルスにより近縁な最新の祖先をもつ恐竜とされている。[1]

分類学[編集]

カルノサウルス類は伝統的にはすべての大型肉食恐竜を入れておく集積場のような分類群とされてきたが、1980年代から1990年代にかけての解析の結果、この分類群には体のサイズ以外の共通する特徴が非常にわずかしかないことがわかった。かつてのカルノサウルス類の大部分はより原始的な獣脚類に再分類された。また他方でティラノサウルス類のようにより鳥類に近縁であるものはコエルロサウルス類に分類された。前者にはメガロサウルス科、スピノサウルス科ケラトサウルスが含まれる。中にはラウイスクス類(Rauisuchia)のテラトサウルスのように恐竜でないとされたものもある。

”カルノサウルス”[編集]

カルノサウルス(Carnosaurus)は非公式の属名である。1929年フリードリヒ・フォン・ヒューネに起因し、しばしば恐竜のリストに見られるがおそらくは誤植によるものである。フォン・ヒューネは分類を行い不確定の残りをカルノサウルス類の所属不明(incertae sedis)にあてるつもりであった。しかし、それが出版におけるある時点でヒューネが新しい属名”カルノサウルス”を創設したように改訂されてしまった(1999年投稿のDinosaur Mailinng List でのジョージ・オルシェフスキーen:George Olshevsky)の記述より)。この名は学名記載されておらず厳密には用いられない。

参考(英語版)[編集]