アウストラロヴェナトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウストラロヴェナトル
生息年代: 95 Ma
Banjo Australovenator.jpg
オーストラリア、ウィントンのAge of Dinosaur Museumで展示される復元骨格
地質時代
白亜紀前期[1]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : メガラプトラ Megaraptora
: アウストラロヴェナトル Australovenator
学名
Australovenator
Hocknul et al.2009

アウストラロヴェナトルAustralovenator 「南の狩人」の意味)は白亜紀前期(アルブ期、9500万年前)に現在のオーストラリアに生息していたアロサウルス上科あるいはティラノサウルス上科獣脚類恐竜の属の一つである[1]。首から後の骨格のみが発見されており、2009年にScott Hocknullらによって記載、命名された。

特徴と研究史[編集]

現在発見されている部分
生態復元図

アウストラロヴェナトルはホロタイプの部分骨格AODL 604 (バンジョー・パターソンにちなんで"Banjo"という愛称が付いている[2]) に基づいて命名されていて、この標本には左の歯骨、歯、前肢および後肢、部分的な右の腸骨肋骨腹肋骨英語版が含まれている。2009年に古生物学者スコット・ホックナル英語版クイーンズランド博物館英語版のメンバーにより記載された。タイプ種A. wintonensis はクイーンズランド州、ウィントン英語版近郊で発見されたことにちなんで命名された。系統解析の結果アウストラロヴェナトルはフクイラプトルカルカロドントサウルス科と近縁で、アロサウルス上科カルノサウルス類に分類された。最初の解析ではカルカロドントサウルス科と姉妹群であると示された[3]。より詳細な研究の結果、ネオヴェナトル科Neovenatoridae)などのいくつかの他のカルカロドントサウルス科と似たアロサウルス類とクレードを作ることが分かった[4]

アウストラロヴェナトルとフクイラプトルの距骨はかつてAllosaurus sp.と同定された NMVP 150070として知られるオーストラリアで見つかった距骨とよく似ており、この骨はアウストラロヴェナトルもしくは近縁種のものである可能性があるとされる[3][5]。 あるいは、アベリサウルス類のものである可能性もある[6]

2012年にホロタイプの追加の腕部要素が記載された[7]

生態[編集]

ディアマンティナサウルスを食べるアウストラロヴェナトルの生態復元図

AODL 604はウィントンの北60 kmにあるElderslie Stationで発見された。この場所はウィントン層英語版の上部で年代はアルブ期の最後期にあたる。AODL 604は砂岩の層の中にあり、三日月湖あるいわビラボンの堆積物であると考えられている。この場所では竜脚類のディアマンティナサウルス(Diamantinasaurus)のタイプ標本や二枚貝、魚類、カメ、ワニ、植物の化石も発見されている。ウィントン層の動物相には二枚貝、巻貝、昆虫、ハイギョメタケラトドゥスMetaceratodus)、カメ、ワニ目イシスフォルディアIsisfordia)、翼竜、ディアマンティナサウルスやウィントノティタンWintonotitan)といった竜脚類や未命名の曲竜類ヒプシロフォドン科hypsilophodontae)などの恐竜が含まれている。植物ではシダ類イチョウ類裸子植物被子植物が発見されている[3]

アウストラロヴェナトルは中型のアロサウルス類である[3]。ホックナルによれば体高2 m、体長 6m、体重約500-1000 kgと推定される。軽量な捕食者であり、当時の「チーターのような存在」だったようだ[8] 。他のカルノサウルス類と同様に、アウストラロヴェナトルは二足歩行肉食動物であったようだ[9]。最近の系統解析では他のメガラプトラMegaraptora)ともどもティラノサウルス上科に属していることが示唆された[10]

参照[編集]

  1. ^ a b White, M. A.; Falkingham, P. L.; Cook, A. G.; Hocknull, S. A.; Elliott, D. A. (2013). "Morphological comparisons of metacarpal I forAustralovenator wintonensisandRapator ornitholestoides: Implications for their taxonomic relationships". Alcheringa: an Australasian Journal of Palaeontology: 1. doi:10.1080/03115518.2013.770221. 
  2. ^ Australovenator on prehistoric-wildlife.com
  3. ^ a b c d Hocknull, Scott A.; White, Matt A.; Tischler, Travis R.; Cook, Alex G.; Calleja, Naomi D.; Sloan, Trish; and Elliott, David A. (2009). "New Mid-Cretaceous (Latest Albian) Dinosaurs from Winton, Queensland, Australia". In Sereno, Paul. PLoS ONE 4 (7): e6190. Bibcode:2009PLoSO...4.6190H. doi:10.1371/journal.pone.0006190. PMC 2703565. PMID 19584929. 
  4. ^ Benson, R.B.J.; Carrano, M.T; Brusatte, S.L. (2010). "A new clade of archaic large-bodied predatory dinosaurs (Theropoda: Allosauroidea) that survived to the latest Mesozoic". Naturwissenschaften 97 (1): 71–78. Bibcode:2010NW.....97...71B. doi:10.1007/s00114-009-0614-x. PMID 19826771. 
  5. ^ Molnar, Ralph E.; Flannery, Timothy F.; and Rich, Thomas H.V. (1981). "An allosaurid theropod dinosaur from the Early Cretaceous of Victoria, Australia". Alcheringa 5 (2): 141–146. doi:10.1080/03115518108565427. 
  6. ^ Agnolin, F. L.; Ezcurra, M. D.; Pais, D. F.; and Salisbury, S. W. (2010). "A reappraisal of the Cretaceous non-avian dinosaur faunas from Australia and New Zealand: Evidence for their Gondwanan affinities". Journal of Systematic Palaeontology 8 (2): 257–300. doi:10.1080/14772011003594870. 
  7. ^ White, M. A.; Cook, A. G.; Hocknull, S. A.; Sloan, T.; Sinapius, G. H. K.; Elliott, D. A. (2012). "New Forearm Elements Discovered of Holotype Specimen Australovenator wintonensis from Winton, Queensland, Australia". In Dodson, Peter. PLoS ONE 7 (6): e39364. doi:10.1371/journal.pone.0039364. 
  8. ^ Scientists discover 3 new Aussie dinosaurs. ABC News. July 3, 2009
  9. ^ Holtz, Thomas R., Jr.; Molnar, Ralph E.; and Currie, Philip J. (2004). Weishampel, David B.; Dodson, Peter; and Osmólska, Halszka (eds.). ed. The Dinosauria (2nd ed.). Berkeley: University of California Press. pp. 71–110. ISBN 0-520-24209-2. 
  10. ^ F. E. Novas, F. L. Agnolín, M. D. Ezcurra, J. I. Canale, J. D. Porfiri (2012). "Megaraptorans as members of an unexpected evolutionary radiation of tyrant-reptiles in Gondwana". Ameghiniana 49 (Suppl.): R33.