アレクトロサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクトロサウルス
アレクトロサウルス
アレクトロサウルス
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
上科 : ティラノサウルス上科 Tyrannosauroidea
: ティラノサウルス科 Tyrannosauridae
: アレクトロサウルス属 Alectrosaurus
学名
Alectrosaurus
Gilmore1955

アレクトロサウルス (Alectrosaurus) は、中生代白亜紀後期に現在の内モンゴルに当たる地域に生息していた肉食恐竜である。竜盤目 - 獣脚亜目 - ティラノサウルス科に属する。属名は「一人ぼっちのトカゲ」を意味する。

ティラノサウルス類としては原始的な属のひとつである。また、アジアで最初に発見されたティラノサウルス類としても知られており、模式標本は、アンドリュース探検隊が3度目の遠征の際に発見した右後肢である。ティラノサウルス類では多くの場合、脛骨の方が大腿骨よりも長いが、アレクトロサウルスは脛骨と大腿骨の長さがほぼ等しい。また他の多くのティラノサウルス類と比べて、中足骨が長いが指骨は相対的に短い。全長は5〜6メートルと推定されているが、内モンゴル自治区で発見された獣脚類としては最大級で、生態系に占めるポジションは頂点だったと考えられている。

関連項目[編集]