シンラプトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンラプトル
Sinraptor
シンラプトル
S. hepingensis 骨格
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: メトリアカントサウルス科 Metriacanthosauridae
: シンラプトル属 Sinraptor
学名
Sinraptor
Currie & Zhao, 1994

シンラプトルSinraptor 中国の盗賊の意)は中生代ジュラ紀後期のアジアに生息した肉食恐竜竜盤目 - 獣脚亜目 - カルノサウルス類に属し、アロサウルス上科の中でもヤンチュアノサウルスに近縁で、ともにメトリアカントサウルス科に属する。長く、扁平な頭を持つことでヤンチュアノサウルスと区別される。

古生態[編集]

あるシンラプトルの頭骨からは種内闘争をしていた痕跡が発見されている。その頭骨には鼻先に他のシンラプトルによるとみられる噛み傷が残されており[1]、シンラプトルが場合によっては仲間同士で闘争を行っていた事を示している。またその傷跡が致命的なものではなく、治癒痕もあったことから、この戦いが相手を殺すのが目的ではない可能性が指摘されている[2]。また件の頭骨はBBC制作の恐竜番組『プラネット・ダイナソー』において、肉食恐竜の生態の解説に用いられた[1]

その他[編集]

シンラプトルの頭骨は獣脚類として平均的な要素を持ち合わせているため、顎の生体力学や噛み付き能力の進化にあたって研究材料の一つにされた[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b "空飛ぶ恐竜たち". プラネット・ダイナソー. BBC. BBC One. 2011年9月21日放送. 2回,シーズン1.
  2. ^ Matthew T Carrano; Roger B. J. Benson; Scott D. Sampson (2012). “The_phylogeny_of_Tetanurae_Dinosauria_Theropoda”. Journal of Systematic Palaeontology 10 (2): 211-300. doi:10.1080/14772019.2011.630927. 
  3. ^ Manabu Sakamoto (2010-06-02). “Jaw biomechanics and the evolution of biting performance in theropod dinosaurs”. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 277 (1698): 3327-3333. doi:10.1098/rspb.2010.0794. https://doi.org/10.1098/rspb.2010.0794. 

関連項目[編集]