カクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カクル
Kakuru.png
知られている部分の図示
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
: カクル属
KakuruRalph Molnar,Pledge, 1980
  • K. kujami

カクルKakuru)は、白亜紀前期のオーストラリア大陸に生息していた肉食恐竜の一種。 推定全長2メートル程度の小型の恐竜で、化石がオパール化していた事で知られている。

特徴[編集]

1980年にRalph MolnarとPledgeによって南オーストラリアのAndamookaで発見された。発見されたのは脛骨だけだったが、化石がオパール化していたことで有名になった。長い間個人所有になっていたが、2004年、発見された南オーストラリア州アデレードにある南オーストラリア州立博物館(サウス・オーストラリアン・ミュージアム)によって買い取られた。[1]

脛骨の特徴はインゲニアアヴィミムスなどのオヴィラプトル類に似ているとされる。

その他[編集]

オーストラリアのチョコエッグ「ヤウイ(Yowies)」の古生物シリーズ「ロストキングダム」でカクルのチョコエッグが売られている。[2][3]

出典・脚注[編集]