バレミアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

バレミアン: Barremian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。1億2940万年前から1億2500万年前にあたる、前期白亜紀の4番目の期である。前の期はオーテリビアン、続く期は前期白亜紀最後の期であるアプチアンである[1]

なお、「バレム」「バレミアン」という名称があるが、これらは時代を示すものではない。「階」は地層に対して当てられる単位(層序名)であり、層序名「バレム、バレミアン」と時代名「バレム、バレミアン」は対を成す関係である。詳しくは「累代」を参照のこと。

気候[編集]

氷成堆積物が確認されていることから、ベリアシアンからバレミアンにかけては冷涼な気候であり、現代のように両極に氷冠が存在したとされる。白亜紀のバレミアン以降の時代では両極に氷河は存在しなかった[2]

出来事[編集]

中央太平洋南部のマニヒキ海台英語版に分布する、バレミアン階からアプチアン階の地層から産出した緑黒色ワックス質火山砕屑岩は、全有機炭素が28.7%に達する。当初この有機炭素の量は海洋循環の弱化によるものと説明されていたが、後に、世界の海洋で酸素極小帯の発達すなわち海洋無酸素事変の結果であると考えられるようになった[2]

日本において[編集]

日本のバレミアン階からはティタノサウルス形類の歯や骨が報告されている。具体的には三重県鳥羽市(バレミアン階含む)から大腿骨や歯が産出しており、歯だけであれば石川県白山市(アプチアン階含む)、徳島県勝浦町(オーテリビアン階とバレミアン階を含む)、群馬県神流町から産出した[3]。また、高知県の高知盆地の長柴層と和田層からは、バレミアン階からアプチアン階にかけてのアンモナイトが多産する。長柴層から産出した2種のアンモナイトは、バレミアンにあたる群馬県山中層群石堂層と徳島県物部川層群羽ノ浦層のアンモナイトと種レベルで一致した[4]

出典[編集]

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年2月25日閲覧。
  2. ^ a b 平野弘道、安藤寿男「白亜紀海洋無酸素事変」『石油技術協会誌』第71巻第3号、石油技術協会、2006年、 305-315頁、 doi:10.3720/japt.71.305
  3. ^ 徳島県立博物館 (2016-08-09). 徳島県勝浦町から発見された恐竜化石について -国内最古級の竜脚類の発見- (Report). http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/discovery_dinosaur_20160809.pdf 2020年2月25日閲覧。. 
  4. ^ 松川正樹「高知盆地のバレミアン-アプチアン期(下部白亜系)のアンモナイト動物群」『東京学芸大学紀要 自然科学系』第69巻、東京学芸大学、2017年9月29日、 197-222頁、 ISSN 1880-4330