ジェイク・ロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイク・ロイド
Jake Lloyd
Jake Lloyd
2007年
本名 Jacob Christopher "Jake" Lloyd
生年月日 1989年3月5日(25歳)
出生地 コロラド州フォートコリンズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優、映像作家
ジャンル 映画
活動期間 1995年 -

ジェイク・ロイドJake Lloyd1989年3月5日 - )は、アメリカ合衆国の元俳優、映像作家。

人物[編集]

コロラド州フォート・コリンズで、エンターテインメントエージェントのリサと、救急救命士のビル・ロイドのあいだに生まれた[1][2]。マディソンという妹がいる。

ジングル・オール・ザ・ウェイ』や『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』への出演でよく知られている。ジェイクの最新映画の『プライド・オブ・マディソン/栄光への挑戦』は2001年に撮影されたが、2005年4月まで公開されなかった。またその年、彼は『スター・ウォーズ』以来の初めてとなるインタビューをMTVで受け、仕事を得るためにオーディションを受けていると述べた。しかしアナキン役以降、学校で苛められるようになっており、並行して1日60件ものインタビューをこなしていた事が心労として積み重なっていたという。

2007年、ロイドはインディアナ州カーメルカーメル高校を卒業。現在は俳優を引退し、新進の映像作家としてSF作品のコンベンションなどに顔を出している[3]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jake Lloyd Biography (1989-)
  2. ^ Star Wars: Biography - Jake Lloyd”. StarWars.com. 2008年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月31日閲覧。
  3. ^ http://www.hollywood-ch.com/news/12030613.html?cut_page=1

外部リンク[編集]