エリザベス:ゴールデン・エイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリザベス:ゴールデン・エイジ
Elizabeth: The Golden Age
監督 シェカール・カプール
脚本 ウィリアム・ニコルソン
マイケル・ハースト
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ジョナサン・カヴェン・ディッシュ
製作総指揮 マイケル・ハースト
デブラ・ヘイワード
ライザ・チェイシン
出演者 ケイト・ブランシェット
ジェフリー・ラッシュ
音楽 クレイグ・アームストロング
A.R.ラフマーン
撮影 レミ・アデファラシン
編集 ジル・ビルコック
製作会社 スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 2007年10月23日
日本の旗 2008年2月16日
上映時間 114分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
スペイン語
フランス語
興行収入 $74,237,563[1]
前作 エリザベス
テンプレートを表示

エリザベス:ゴールデン・エイジ』(Elizabeth: The Golden Age)は、2007年イギリス映画

1998年の『エリザベス』のその後のエリザベス1世を、同じスタッフとキャストで描く。

第80回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞。

あらすじ[編集]

カトリックだった異母姉メアリー女王のあとに、プロテスタントのイングランド女王として即位したエリザベス。だが、腹心ウォルシンガムの弟や、寵愛する侍女ベスの従兄弟もカトリックであるなど、カトリック教徒も多い国内はプロテスタントの女王に対する不満もあり、不安定だった。国外のカトリック列強国やバチカンも、エリザベスを私生児と見做して王として認めようとせず、絶えず圧力をかけてきた。特にカトリック大国スペインの国王フェリペ2世はイングランド制圧そのものを狙っていた。さらにイングランド王家の血を引くスコットランド女王メアリー・スチュアートはカトリックということもあって、イングランドの王位を巡ってエリザベスの周りには様々な思惑が渦巻いていた。

そんな権謀の只中にあるエリザベスの前に、新大陸や世界の海を旅してきたウォルター・ローリーという男が現れる。エリザベスはローリーの自由な生活と魂に惹かれていく。しかしエリザベスは、王位への陰謀が露見したメアリー・スチュアートの処遇に苦悩し、遂にきたスペインとの形勢不利な戦い(アルマダの海戦)に、果敢に身を投じていくのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エリザベス1世 ケイト・ブランシェット 高畑淳子
フランシス・ウォルシンガム ジェフリー・ラッシュ 勝部演之
ウォルター・ローリー クライヴ・オーウェン 大塚明夫
エリザベス・スロックモートン(ベス) アビー・コーニッシュ 甲斐田裕子
メアリー・スチュワート サマンサ・モートン 土井美加
ロバート・レストン リス・エヴァンス 木下浩之
フェリペ2世 ジョルディ・モリャ
アミアス・ポーレット トム・ホランダー
トーマス・バビントン エディ・レッドメイン
Dr. ジョン・ディー(ワイズマン) デヴィッド・スレルフォール

参考文献[編集]

  1. ^ Elizabeth: The Golden Age”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]