事件記者コルチャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

事件記者コルチャック』(じけんきしゃコルチャック、原題: Kolchak: The Night Stalker)は、1974年から1975年にかけてアメリカABCで製作され、1976年4月4日から日本テレビ系で全20話が放送された特撮ホラー番組。

ストーリー[編集]

シカゴの新聞社インディペンデント通信社(Independent News Service,INS)の、冴えない中年事件記者コルチャックは、編集長のヴィンセントに怒鳴られながら取材に走り回るが、彼の関わる事件はなぜか怪物心霊現象のからんだものばかり。切り裂きジャック亡霊狼男ゾンビ吸血鬼、果ては宇宙生物までが、次から次へと登場する。コルチャックは果敢な行動で事件の真相をつきとめ、随時テープレコーダーに吹き込んだ取材経過を、タイプライターで記事に起こすのだが、あまりにも常識の範囲を超えた内容のため、いつもボツにされてしまうのだった。

解説[編集]

1972年、ジェフ・ライス(ジェフリー・グラント・ライス)の未出版原作を元に、ホラー作家のリチャード・マシスンが脚本を書いて、90分枠のテレビ映画『魔界記者コルチャック/ラス・ベガスの吸血鬼』(The Night Stalker)が制作された。これが評判となり、翌1973年シアトルを舞台とした続編『魔界記者コルチャック/脳髄液を盗む男』(The Night Strangler)が作られた。この2本をパイロット版として、1974年に60分枠のシリーズ化がなされたのが、『事件記者コルチャック』である。

特撮技術は、当時の水準から見ても決して高いとは言えなかったが、内容の徹底ぶりから人気は高かった。だが、原案のジェフ・ライスが、シリーズ化は許可していないと訴えたため、わずか20本で制作は打ち切りとなってしまった。

しかし、その制作本数の少なさが、かえって放送終了後もカルトな人気を呼ぶこととなった。ドラマ『Xファイル』も、この『事件記者コルチャック』の影響を色濃く受けて制作されたといわれている。

また、2005年には、同じABCから新キャストでリメイクされた『ナイトストーカー』が放送されている。

なお、2本のパイロット版は、当初日本では未放映で、1989年に『ラス・ベガスの吸血鬼』がビデオ化されたものの、『脳髄液を盗む男』の方は、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の影響で、発売が中止になったといういきさつがある。1997年に、『事件記者コルチャック/ナイト・ストーカー』および『事件記者コルチャック/ナイト・ストラングラー』とタイトルを改めて、ようやく両者そろって販売されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • カール・コルチャック:ダーレン・マクギャヴィン(日本語吹替え:大塚周夫):INSの事件記者。「鳥の巣」と揶揄されるくたびれたカンカン帽がトレードマーク。足で稼ぐ記者らしく、常時スニーカーで、ポケットカメラ、口述筆記兼インタビュー録音用の小型テレコを常備している。警察無線を傍受して現場に先回りしたり、窓ガラスを割って侵入するなど強引な取材行動も多く、警察にも目をつけられているが、真実を追究する姿勢だけは一目置かれている。なお、自己紹介時に「INS、Weekly News」と名乗った事があるため、週刊新聞の模様。
  • トニー・ヴィンセント:サイモン・オークランド(日本語吹替え:木村幌、追加収録:池田勝):コルチャックの上司。トラブルメーカーであるコルチャックには手を焼いているが、記者としては信頼している。コルチャックの強引な調査が警察の捜査妨害にあたるなどして、拘留された時には、ビンセント本人が身元引受人となる。ため息交じりながら、最終的にはコルチャックに協力する、良き理解者。パイロット版ではビンチェンゾとなっている。
  • ロン・アップダイク:ジャック・グリンナージ(日本語吹替え:富山敬、追加収録:坂東尚樹):コルチャックのすました同僚。作中に経済面の担当らしい事が伺えるシーンがある。コルチャックを見下したような言動と嫌味が多いが、記者としての評価は、コルチャックの方が高いらしい(ロンの記事は、退屈で当たり障りが無いと評される)。コルチャックとは対照的に、清潔な白いスーツに革靴と言う出で立ちが多い。
  • エミリー・カウルズ:ルース・マックデヴィッド(日本語吹替え:高村章子):職場の花。通称エミリーおばあちゃん。記者なのか事務員なのかは不明。読者の投稿を処理したり、悩み相談のコーナーを持っているようだ(エミリーが旅行中に、その仕事の代理をコルチャックが命じられるシーンがある)。穏やかな性格で、殺伐としがちなオフィスの清涼剤。パイロット版では、名前だけが登場する。

放送リスト[編集]

  1. 炎に浮ぶ怨霊の影 (FIRE FALL)
  2. 恐怖の切り裂きジャック (THE RIPPER)
  3. 満月に出る狼男の恐怖 (THE WEREWOLF)
  4. 悪魔に魂を売った男 (THE DEVIL'S PLATFORM)
  5. マネキンにのり移った悪霊 (THE TREVI COLLECTION)
  6. 悪夢が生んだ植物魔人 (THE SPANISH MOSS MURDERS)
  7. 生き返った死体ゾンビー (THE ZONBIE)
  8. よみがえった地底の怪神 (THE ENERGY EATER)
  9. 闇に牙をむく女吸血鬼 (THE VAMPIRE)
  10. 地獄をさまよう悪霊ラクシャサ (HORROR IN THE HEIGHTS)
  11. 永遠の宝石を創る魔術師 (BAD MEDICINE)
  12. 凍結細胞から生まれた北極原人 (PRIMAL SCREAM)
  13. 心臓を抉るアステカのミイラ (LEGACY OF TERROR)
  14. 闇に舞う爆走首なしライダー (CHOPPER)
  15. 地獄の底からはい上がる女悪魔 (DEMON IN LACE)
  16. 地底怪獣ワニトカゲの影 (THE SENTRY)
  17. 情念に燃える殺人ロボット (MR. R.I.N.G.)
  18. 虐殺の血に飢える亡霊騎士 (THE KNIGHTLY MURDERS)
  19. 若さを奪うギリシャの妖女 (THE YOUTH KILLER)
  20. 骨髄を吸い取る宇宙の怪物体 (THEY HAVE BEEN THEY ARE THEY WILL BE...)

書籍[編集]

  • 事件記者コルチャック - ジェフ・ライス著  尾之上浩司、 真崎義博訳 ハヤカワ文庫NV - TVムーヴィー版1作目の原作小説「ラスヴェガスの吸血鬼」と、リチャード・マシスンがオリジナル脚本を執筆したTVムーヴィー2作目の「脳髄液を盗む男」を原作者のジェフ・ライス自身が小説化した「シアトルの絞殺魔」の2篇を収録。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜22時30分枠
前番組 番組名 次番組
遠くへ行きたい
(22:30 - 23:00)
YTV制作、日曜10:30へ移動】
陽気なカップル
(23:00 - 23:30)
事件記者コルチャック
【当番組より海外ドラマ枠