巌窟王〜モンテ・クリスト伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巌窟王〜モンテ・クリスト伯
Le Comte de Monte-Cristo
ジャンル サスペンス
スリラー
ドラマ
放送時間 60分/340分
放送期間 フランスの旗 フランス1998年9月4日(4回)
放送国 フランスの旗 フランスTF1
日本の旗 日本NHK-BS
他多数
制作局 フランスの旗 フランスTF1
監督 ジョゼ・ダヤン
原作 アレクサンドル・デュマ・ペール
出演者 ジェラール・ドパルデュー
オルネラ・ムーティ
ジャン・ロシュフォール
ピエール・アルディティ
テンプレートを表示

巌窟王〜モンテ・クリスト伯 』(がんくつおう モンテ・クリストはく、: Le Comte de Monte-Cristo)は、フランスTF1で1998年に制作されたテレビドラマのシリーズである。アレクサンドル・デュマ・ペールの『モンテ・クリスト伯』のドラマ化作品で、主演はジェラール・ドパルデュー

日本ではNHKにおいて日本語版が製作され、1998年NHK-BSで初放送された。後にDVD化された際には「巌窟王」のメインタイトルが廃され、「モンテ・クリスト伯」のタイトルとなっている。

概要[編集]

フランスで総製作費20億円を投入して制作された。原作に比較的に忠実に制作されているが、原作のエデの設定が大きく異なり、ラストも原作から変えられている。

あらすじ[編集]

無実の罪でシャトー・ディフに20年間監禁されたエドモン・ダンテスは、壁の隙間から現れた囚人のファリア神父と出会う。過去に自分が逮捕されたいきさつをファリアに語っていくうちにダンテスは、ヴィルフォール検事をはじめフェルナン、ダングラール、カドッルスと自分の友人たちに騙されて投獄されたことを知る。やがてファリアは死に際に、かつて自分が見つけたモンテクリスト島の財宝の話をして息を引き取る。

ダンテスはファリアの遺体と自分をすり替えて脱獄に成功し、マルセイユの家に戻る。しかし、20年の間に父は亡くなり、婚約者のメルセデスはフェルナンに嫁いでいったことを知る。船乗りを利用してモンテクリスト島にたどり着き、財宝を手に入れたダンテスは、モンテクリスト伯、ブゾーリ神父、ウィルモア卿と3人の人物へと姿を変え、かつて自分を裏切った相手への復讐へと動き出す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エドモン・ダンテス
モンテ・クリスト伯
ブゾーニ神父
ウィルモア卿
エドモン・ダンテスの父
ジェラール・ドパルデュー 村井國夫
メルセデス オルネラ・ムーティ 山像かおり
フェルナン・モルセール ジャン・ロシュフォール 西沢利明
ジェラール・ド・ヴィルフォール ピエール・アルディティ 橋本功
ダングラール ミシェル・オーモン 佐々木勝彦
ファリア神父 ジョルジュ・ムスタキ 佐々木敏
ベルトゥッチオ セルジオ・ルビーニ 佐古正人
マクシミリアン・モレル クリストファー・トンプソン 家中宏
カドッルス ロラン・ブランシェ 麦人
モレル伯爵 ジャン=クロード・ブリアリ 内藤武敏
エルミーヌ・デ・ラ・リシャルデ フローレンス・ダレル 一柳みる
ヴァランティーヌ・ド・ヴィルフォール ジュリー・ドパルデュー
エデ イネス・サストレ
アルベール スタニスラス・メラール
ルイジ・ヴァンパ マッティア・スブラジア 有本欽隆
シモネッティ裁判官 セルジオ・フィオレンティーニ 大木民夫
ボーシャン パトリック・ブシテー 牛山茂
若き日のエドモン・ダンテス ギヨーム・ドパルデュー
通信局の老人 辻村真人
配役不明 青山穣

原作との違い[編集]

  • 原作ではダンテスは最終的に復讐を忘れ、エデと新たな生活を始めることを示唆して締めくくられるが、本作ではエデとの恋愛描写はない。代わりに原作にない未亡人のエルミーヌと恋愛関係になるが、最終的にはメルセデスと復縁することを示唆して物語は終焉する。
  • 原作ではベルトゥッチオはヴィルフォールを殺傷してお尋ね者となったが、本作ではヴィルフォールとベルトゥッチオには因縁がない。またベルトゥッチオの罪状もはっきりと語られていない。
  • ベネデットの登場が大幅に削られている。原作ではベルトゥッチオによって救い出されて育てられるが、本作ではモンテ・クリスト邸へと押し入った強盗へとなり、性格も手癖の悪い小悪党へとなっている。

外部リンク[編集]