サクラ大戦 桜華絢爛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サクラ大戦 桜華絢爛
OVA
原作 広井王子
監督 石山タカ明
シリーズ構成 あかほりさとる
脚本 川崎ヒロユキ
キャラクターデザイン 松原秀典
アニメーション制作 RADIX
製作 セガ・エンタープライゼス
バンダイビジュアル
アニメイトフィルム
発表期間 1997年12月18日 - 1998年7月25日
話数 全4話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

サクラ大戦 桜華絢爛』(サクラたいせん おうかけんらん)は、セガ・エンタープライゼステレビゲーム作品『サクラ大戦シリーズ』をアニメ化した全4巻のOVA作品。1997年発売。

ゲーム以外のメディアに進出したシリーズ初の映像化作品で約6万本を売り上げた[1]

内容は第一幕から第三幕までが大神入隊以前の帝都花組結成秘話、第四幕がゲーム本編の時間軸でおきたサイドエピソードという設定になっている。

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

第一幕 華の都の花いくさ
霊子甲冑開発、あやめの各国でのスカウト活動、そしてさくらは上京を決意する。
第二幕 桜の花に放てよ神剣
帝国華撃団&歌劇団発足、すみれ加入による不協和音、上京のため奥義を会得するさくら。
第三幕 春は弥生の初戦闘
さくら加入、戦闘訓練がうまく行かないまま実戦へ。
第四幕 真夏の夢の夜
隊員に振り回される日々を送る大神一郎が芝居の指揮を執ることに。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「檄! 帝国華撃団」
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 横山智佐&帝国歌劇団
エンディングテーマ
「わたしの青空」(第一幕 - 第三幕)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 折笠愛
「花咲く乙女」(第四幕)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - 帝国歌劇団
挿入歌
「甲板フラフラ」(第一幕、第二幕)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - 陶山章央
「さくら」(第二幕)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 岸村正実 / 歌 - 横山智佐
「お祭りダンス」(第三幕)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 岸村正実 / 歌 - 横山智佐

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 発売日
第一幕 華の都の花いくさ 川崎ヒロユキ 石山タカ明 山口頼房 吉野真一 1997年12月18日
第二幕 桜の花に放てよ神剣 篠原俊哉 山沢実 1998年2月25日
第三幕 春は弥生の初戦闘 克森甲呑 石原立也 武本康弘 1998年5月25日
第四幕 真夏の夢の夜 石山タカ明 高山秀樹 金子匡邦
大島城次(メカ)
1998年7月25日

脚注[編集]

  1. ^ Mainichi Daily Mail Computing毎日新聞社、1998年3月27日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)

外部リンク[編集]