ドラゴン怒りの鉄拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴン怒りの鉄拳
タイトル表記
繁体字 精武門
簡体字 精武门
ピン音 Jīng Wǔ Mén
粤語ピン音 Zing1 Mou2 Mun4
英題 Fist of Fury
各種情報
監督 ロー・ウェイ中国語版
脚本 ロー・ウェイ
ニー・クァン(ノンクレジット)
製作 レイモンド・チョウ
出演者 ブルース・リー
ノラ・ミャオ
ティエン・フォン
橋本力
ボブ・ベイカー
音楽 ジョセフ・クー
撮影 チェン・チンチュー
アクション指導 ハン・インチェ
配給 香港の旗 ゴールデン・ハーベスト
日本の旗 東和
公開 香港の旗 1972年3月22日
日本の旗 1974年7月20日
上映時間 102分
製作国 香港の旗 香港
言語 北京語
一部英語
製作費 $100,000
次作 レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳
テンプレートを表示

ドラゴン怒りの鉄拳』(原題:精武門、英題:Fist of Fury)は、1972年制作の香港映画ブルース・リー主演。前作『ドラゴン危機一発』に続く香港GH社により製作された、リー主演第2作目。前作の興奮冷めやらぬ4か月後の1972年3月、香港で封切られるや興行記録を2週間で塗り替え、アジア全域で空前の大ヒットとなる。

リーが演じた主人公・陳真は、この作品で生み出された架空の人物だが、「東亜病夫」、「華人與狗不得進入」など、中国人を侮蔑したような看板を次々と破壊することで中華圏では熱狂的に愛される非常に有名な定番キャラクターとなり、後にブルース・リャン中国語版ジェット・リードニー・イェンなど、多くのカンフー・スターがこの役を演じている。また、監督のロー・ウェイ中国語版は、1976年に当時武術監督やエキストラなどをしていたジャッキー・チェンを主役に抜擢して、本作の続編『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』を製作している[1]

ストーリー[編集]

日清戦争日露戦争大日本帝国が勝利した数年後の1909年、朝末期の上海で、中国武術の大家・霍元甲が謎の死を遂げた。

霍元甲がその年創始した精武館(上海精武体育会の前身である上海精武体操学校がモデル)の愛弟子の陳真(ブルース・リー)は悲しみに暮れながらも師匠の突然の死に疑問を抱く。

時を同じくして始まった日本人柔道場からの執拗な嫌がらせ。ある夜陳真は、精武館に使用人として日本人スパイが紛れ込んでいる事を突き止め、やがて師匠の死の原因が、精武館を脅威だと感じた日本人柔道場主・鈴木寛(橋本力)の陰謀だと知り、陳真はたった一人で復讐の闘いへと向かっていく。

出演[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
チェン(陳真 ブルース・リー 中尾彬 津嘉山正種
ユアン(霍麗児) ノラ・ミャオ 信澤三惠子 岡本茉利
吉田師範 ティエン・フォン 中田浩二 嶋俊介
ファン ジェームズ・ティエン 嶋俊介
チン トニー・リュウ 塩沢兼人 大滝進矢
スー リー・クン 石丸博也 塩屋浩三
イェン マリア・イー
鈴木寛 橋本力 納谷悟朗 森山周一郎
鈴木の用心棒 勝村淳 糸博 大滝進矢
ペトロフ ボブ・ベイカー 細井重之
ウー ウェイ・ピンアオ 仲木隆司 八代駿
フェン ハン・インチェ 田中康郎 藤本譲
ティエン(日本人コック)  ワン・チュン・シン      
警察署長 ロー・ウェイ 宮川洋一 亀井三郎
精武館の門下生 ユニコーン・チャン
ジャッキー・チェン

※「ドラゴン怒りの鉄拳 エクストリーム・エディション」にはテレビ朝日版、TBS版の2種類の吹替を収録。

テレビ朝日で放映した時は、日本人が悪役であることをぼかし、鈴木の名前も「リン」としている。そのため陳真が、吉田の弟が腹巻をしているのを見て、「貴様、日本人か」と詰め寄る場面も台詞が差し替えられていた。

スタッフ[編集]

製作[編集]

この作品からブルース・リーも製作に関わるようになり、リーのアイデアによりトレード・マークともなった怪鳥音とヌンチャクが初めて登場している。リーがキスシーンを演じた唯一の作品でもある。世界中の多くのファンにとってリーの最高傑作として認識されているが、『燃えよドラゴン』上陸時のインパクトや内容の問題により、日本ではそういった扱いをされることは少ない。

ヌンチャクは香港映画に出演していた日本人俳優倉田保昭がリーと話をしている時、リー自身がヌンチャクのことを持ち出し、倉田がプラスチック製のヌンチャクを持っていたのでリーに贈呈したという。これらの話は倉田が語っているだけであり、リー側から明言されたことはない。

怪鳥音はリハーサルの時にリーが偶然声を出したのをローが注目し映画で見るような独特の叫びとなった。


撮影終了後、リーとローの関係がますます悪化した。リーはローが監督する『冷面虎』に主演を要請されながらも脚本にクレームをつけて相手にしなかった。結局、日本ロケのスケジュールの都合により、リーの主演は見送られることとなった。

舞台[編集]

本作の舞台は上海となっているが、撮影は全て香港で、前作『ドラゴン危機一発』のタイ・ロケとは一転して、ほとんどがスタジオ・セットで撮影されている。

配役[編集]

屈強な外国人空手家として登場するボブ・ベイカーはリーのアメリカ時代の友人で、リーの要請で出演が実現した。ファーストネームが同じ事から『ドラゴンへの道』等に出演したボブ・ウォール英語版と混同されるが、全くの別人。

橋本力(日本人・鈴木役)と勝村淳は共に当時勝プロに所属していた日本人俳優で、橋本は『大魔神』シリーズの大魔神役で知られる。勝村は殺陣師であり、『座頭市』シリーズなどで勝のスタントも務めた。勝村は最近、インタビューに答えて当時のいきさつを語っている。それによればブルース・リー自身が来日し、勝新太郎の事務所を訪ねて来たという。まだリーが、日本では全く無名の頃である。勝村によれば、リーは、勝に面会して出演を要請。勝もリーの熱意に打たれて、「自分の弟子を出演させる」と応じたという。橋本も何度かインタビューを受けているが、それによれば、いきなり勝プロで「香港に行ってくれ」と言われて、前知識なしの渡航だった。リーとの一騎打ちの場面は、勝村が指導したという。ただし脚本も渡されず、ストーリー自体は全く分からなかったと語っている。

元は俳優であったローが、警察署長役で出演。1976年に続編との趣旨で製作した『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』でも再び警察署長役で出演している。

スタント[編集]

ラストで、鈴木が陳真の飛び蹴りを受けて障子を突き破るシーンを、スタントマン時代のジャッキー・チェンが演じている。トランポリンワイヤーを使い、ハイスピードで撮影された難易度の高いスタントは初公開当時から予告編のラストカットに使われるなど本作の見せ場の一つとして扱い、スタントマンとしてのジャッキーの出世作となる。リーはこの若きスタントマンに最大級の賛辞を贈ったと云われ、リーとの関係を語る際、欠かすことの出来ないエピソードである。また、リーが宙返りするシーンをスタントするのは、日本領事館でリーに絡み殴られる日本人役も演じるユン・ワーである。

演出[編集]

劇中、リーが人力車を一人で持ち上げるシーンは監督であるロー・ウェイの考案だが、このシーンの撮影に対してリーは「人が乗った人力車をあのように持ち上げるのは不可能で非現実的」と当初は拒んでいた。最終的にリーが折れる形で撮影し、収録されている。このシーンで支木はリーの背中にあったが、投げるシーンでは前になっている。

登場する日本人役の半分くらいは、を前後反対にはいている。これに関して橋本は監督のローに指摘したが、「この方がカッコよく見える」と言い、そのまま撮影が行われた[2]。しかし、橋本が登場するシーンのみ全員普通にはいている。

音楽[編集]

メインテーマ曲は『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲にも酷似している[3]

本作の音楽担当はジョセフ・クーであるが、彼が作曲した曲に加え、ライブラリー音楽や多くの既成曲が追加音楽として使用されている。以下は曲名が判明している使用楽曲。

  • 「ホワイト・ノイズによるプロジェクション・エセムプラスティック」Projection Esemplastic for White Noise 作曲:湯浅譲二/オムニバスLP『日本の電子音楽』Experimental Music of Japan (1967)他に収録 ※音源はNHKのラジオ番組「現代の音楽」で1964年に放送されたスタジオ・ライブの録音
  • 「Here Comes the Hawk」作曲:ロイ・バッド/映画『小さな冒険者』Flight of the Doves (1971)サントラに収録
  • 「ウエスタン・テーマ」Western Generique 作曲:フランシス・レイ/映画『あの愛をふたたび』Un Homme Qui Me Plait (1970)サントラに収録
  • 「The Crushout」作曲:エディ・サウター/映画『Mickey One』(1965,日本未公開)サントラに収録
  • 「Shy Ann」作曲:White Lightin'/映画『ウェスタン・ロック/ザカライヤ』Zachariah (1971)サントラに収録
  • 「ソーラン節」北海道民謡(演奏者、使用音源は不明)
  • 「Diamond Robbery」作曲:ジョニー・キーティング/映画『大列車強盗団』Robbery (1967)サントラに収録
  • 「Family Man」作曲:クインシー・ジョーンズ/映画『続夜の大走査線』They Call Me Mr. Tibbs! (1972)サントラに収録
  • 「Knife Fight on the Hill」作曲:シド・ラミン/映画『USAブルース』Stiletto (1969)サントラに収録
  • 「アトモスフェール(無限の宇宙)」Atmospheres 作曲:ジョルジ・リゲッティ/映画『2001年宇宙の旅』2001: a space odyssey (1968)サントラ他に収録
  • 「フォー・ムーズ」Four Moods 作曲:ポール・バックマスター/映画『フレンズ~ポールとミシェル』Friends (1970)サントラ他に収録
  • 「Spell of the Unknown」作曲:ロジャー・ロジャー/業務用ライブラリー音楽集LP『Major Productions Music 59』(1960年頃)他に収録 ※元々はフランス国営放送RTFのライブラリー音楽用に作られた曲
  • 「A Drop O' the Irish (Smuggler's in the Cemetery)」作曲:ロイ・バッド/映画『小さな冒険者』Flight of the Doves (1971)サントラに収録

なお香港初公開時の劇場予告編では、本編にも使用された「ウエスタン・テーマ」とR・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」(『2001年宇宙の旅』サントラから)の2曲が使用されている。

主題歌[編集]

日本公開版の英語主題歌は、近年まで日本人歌手が歌ったものとされていたが、これを歌っていたマイク・レメディオスとは中国人歌手であり、本作ヒロインのノラ・ミャオや、リーの実弟ロバート・リーとは、香港ラサール高校時代の同級生であることが知られた。そこから、彼ら3人を招いてトークショーも実現した。

タイトル[編集]

オリジナル北京語版とそれに対応する英語字幕を比較すれば、分かることだが、「Fist of Fury」とは精武門の奥義、迷踪拳のことを意味したものであり、必ずしも「怒りの鉄拳」を訳したものではない。単純に「怒りの鉄拳」を英訳する場合、複数形の「Fists of Fury」のほうが正しい。

アメリカでは『The Chinese Connection』として知られているが、これは本来なら麻薬組織との対決を描いた『ドラゴン危機一発』(米公開名:Fists of Fury)につけられるはずの題名の間違いであった。Connectionとはルート(麻薬の)を指し、当時ヒットした米映画『The French Connection(邦題:フレンチ・コネクション)』のもじり。

現在、本作はアメリカを含む英語圏では『Fist of Fury』、『ドラゴン危機一発』も『The Big Boss』として認識されている。

ラストシーン[編集]

ラストシーンで、ローは陳真を逃したいと考えていたが、リーが「何人も殺している人間を生かすことはできない」と主張したため、映画のラストは主人公が抹殺されることになったという。また別の説では、もともと陳真の死でラストとなる予定だったが、リーが「英雄が殺されるのはおかしい」とクレームをつけてきたため、最終的には死の直前でストップモーションになるラストシーンになったともいう。 なお中国語版では、ラスト近くに陳真と署長が会話をする場面で、署長が「私を信じてくれ。君と志を同じくする人間だ」と語りかける。ラスト近く、一同が道場から出ると、門の外では日本の憲兵、列強の外国人が銃を構えて陳真を殺そうと待ち構えている。だがよく見るとその背後に、陳真の名前を大声で呼ぶ民衆の姿がある。列強に支配されていた中国人の怒りと悲しみが伝わる屈指の名場面となっている。『死亡遊戯』の中で、主人公のビリー・ローはこのシーンの撮影の際に暗殺されかけたという設定になっている(死亡遊戯#ストーリーを参照)。

公開[編集]

日本では日本人が悪役で登場して最後はリーに退治されるというストーリーから、当初は公開が危ぶまれたが、『燃えよドラゴン』『ドラゴン危機一発』と連続で大ヒットしブルース・リー人気が高まる中、リーの一周忌にあたる1974年7月20日に公開。

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 監督はロー・ウェイで出演者もノラ・ミャオなど共通しており、公式な続編とする文献も多いが、前作を出資配給し実質的な著作権を持つゴールデン・ハーベスト社の了解を得ずロー・ウェイが台湾に設立した独自の会社で制作している為、公式とは言い難い。作中に出てくるブルース・リーの写真も許可を得ていない。
  2. ^ 橋本は、ローが花魁の太鼓帯をイメージしたのかもしれないと推察している。
  3. ^ 日本では『テレビ3面記事 ウィークエンダー』内で使用されたことで有名な曲。アイアンサイドの第1シーズン「殺しのパズル」のエピソードで無名時代のリーが、空手道場の師範役で顔を見せていることが、当時香港で話題になった。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]