ジョセフ・クー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョセフ・クー
出生名 Joseph Koo
顧嘉煇
生誕 1933年1月1日
出身地 広州
ジャンル 映画音楽歌謡曲
職業 作曲家編曲家
活動期間 1962年 - 2015年

ジョセフ・クー (中国語: 顧嘉煇; 英語: Joseph Koo, 1933年1月1日 - ) は、香港映画音楽作曲家、編曲家。

略歴[編集]

子供の頃に一家で広州から香港九龍に移住したが、大変貧しく、音楽を独学で習得する。

懐かしの映画の主題歌をレパートリーとするナイトクラブの歌手兼演奏者をしていたところ、ショウ・ブラザーズの社長であったランラン・ショウに見出されて、彼の援助によりアメリカマサチューセッツ州ボストンバークリー音楽大学に留学することが出来、1962年に同校を首席で卒業している。

留学中、彼はジャズやミュージカルや映画などの音楽を徹底的に研究し、また、演奏者たちとセッションを繰り返して、それらのエッセンスと空気を吸収したという。

帰国後、同社の作品と、同僚だったレイモンド・チョウらが独立して設立したゴールデンハーベストのサウンドトラックや、テレビ局TVBのドラマ主題歌などを数多く手がけ、若くして、華流映画音楽の売れっ子となる。

一方、1980年代にアジア圏内を巻き込んだ広東ポップブームの際は、数多くのヒット曲を手掛け、様々な人気歌手に曲を提供し、その一方自らも唄いヒットを飛ばすなどして「広東ポップのゴッドファーザー」と呼ばれた。

中でも作詞を手掛けたジェームズ・ウォン (作詞家)とのコンビ作は映画などを通じて良く知られている。

後にカナダに移住し、現在もバンクーバーに住んでいる。

尚、ジャズピアニストの上原ひろみ(バークリー音楽大学の後輩にあたる)は、彼の作品群に影響を受けて「偉大な先輩に捧げる意味を込めて『カンフーワールドチャンピオン』を作曲した」と語っている[1]

音楽作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2004年頃の『スウィング・ジャーナル』のインタビューより